植物

2020年1月 5日 (日)

あこがれの青いケシ

前回の記事では、私のうっかりでご迷惑をおかけしたことを

まず、お詫びします。

 ・・・ で、今回も同じ 大阪の「咲くやこの花館」より

永遠の憧れのような 青いケシ(メコノプシス)です。

Photo_20200105001001

これは案内札もカメラに収めていましたので間違いありません(笑)

Photo_20200105001003

ヒマラヤの高地に自生しているというこの花を目の当たりにできる幸せ

Photo_20200105001004

岡山の植物園にもあると知って随分以前に行ってみましたが

申し訳程度に2本あったかなぁ~ あの時はがっかりでした。

それから、四国、石鎚山麓の風穴の所へも見に行ったことがあります。

風穴からの冷たい風があたる場所を掘り下げて、鉢を置いていたかと思いますが、上から覗き込むようにしか見ることが出来なかった。

それらに比べると、ここ 咲くやこの花館 では目近でじっくり見られて良かったです。

種類も3種くらいあったみたいです。

Photo_20200105001002

 

2020年1月 2日 (木)

令和2年 今年もよろしくお願いします。

遅ればせながら

明けましておめでとうございます。

つたないブログですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Photo_20200102154201

昨年12月に、咲くやこの花館(大阪)で出会った胡椒の花(この時は

余りにも意外な美しさに感動してたんですが・・・ ↓ )

 

* 訂正 (1月3日)

胡椒のことをもう少し調べてみようとしたところ、

この写真のような植物ではないような??

立札を見間違えたのかもしれないです。

削除すべきところですが、もう少しこのままにして

調べてみます。 申し訳ありません。

    (1月4日)

検索を重ねても、胡椒の花とは違う!

立札を見た時の、あの感動は一体なんだったの?

極楽鳥(ストレリチア)の種類だろうという思いが一層強くなっています。

この花の周りには数種類の植物があったけど、

立札は「胡椒」というのしか無く、

色のある花も、これしかなかったから、てっきり

これが胡椒の花なんだと思い込んだ私の軽率さを反省しつつも、

そう思わせるような展示だったことに、腹がたつ私。

新年早々、何とも後味の悪い記事でごめんなさい。

 

世が世なら・・・胡椒の値段って金銀と比べられる程で

宝石のように高価な物だったようですよ。

Photo_20200102154202

2018年11月15日 (木)

皇帝ダリアが咲いた

真っ青な空に向かって、我が家の皇帝ダリアが咲きはじめました。

008_640x480
今年の花、特別な感慨があるんですよ。

大型台風が通過した時に上から30~40cmのところで幹がポッキリ折れてしまったんです

それと、根があらわに見えるほど全体が斜めに倒れて・・・

この様子を見た時には、もう駄目だな! って思いましたけど、

駄目もと・・・そんな気持ちで木を真直ぐに立てなおして根元をしっかり踏み固めておきました。 その時には先が折れていることにはまだ気付いても無かったけど。

の右のが折れています。 褐色になったところが辛うじてつながっている部分です。はじめは、皮1枚でやっと離れずにいるという様子だったのが、時が経つうちに皮が肥厚したみたいです。

010_640x480

暫らく経って折れていること、その先が垂れ下がっていることなどに気付いたけれど、手も届かない上の方だし、折れた先がまだ緑色をしていたから、そのままにしておきました。

そして今朝、今年の1番花が咲いていたんです!

この前のブログでは楷の木の元気になった姿を紹介しましたが、今日は我が家の皇帝ダリアの強い生命力を紹介させていただきました。

皇帝ダリア・・・つくづく不思議な植物だなあ~と感じます。

このところ、真っ青な秋空や小春日和の陽の光が、キラキラ キラキラと庭の木々を通して、それはそれは綺麗です。

今日の一日を大切に過ごしたいなあ~ と、その輝く様を見ながら思います。

2018年8月14日 (火)

猛暑の庭で・・・アオギリの実

立秋を過ぎ、お盆を迎え・・・なんて静かなお盆だろう・・・

それでも今日も猛暑日。

命を守る行動をとって下さいと、テレビでは毎日のように告げていたこの夏。

今年が異常なのかもしれないが、私には(何の根拠もないが)この暑さは

異常としても、これからの夏はこんな異常といわれる暑い夏になってゆくのではないだろうか?  と、その様に思えて仕方ない。 恐いことだが・・・

だから庭の植物への水やり、欠かさずやってはいるものの、来年もその次も・・

又その次も・・・変わらずに毎日大量の水遣りを続けることは不可能だろう。

ならば、枯れるものは枯れてもいいや。 と思いつつ、今年はまだ水遣りを続けている私。

空の色にか? 朝晩の少し涼しさを感じさせる微風にか? 季節の移ろいが感じられるこの頃、夏の間何も世話をしなかった庭の手入れを短時間しはじめた。

ふと、見上げたアオギリ・・・自然に生え、育ったものだが、

面白い形をした実が幾つもついている。

Img003_640x513観察記録としてスケッチで残しておく。

4枚から5枚の莢が、ひと固まりの実になっている。

その莢の長さはおよそ10cm。

そして、エンドウの莢を筋に沿って開いた時に

実が互い違いに莢の筋にくっついているのと同じように、アオギリの莢にもグリーンのエンドウ程の実が付いている。

莢はウエーブのかかった船型をしていて、種を飛ばす?(莢ごと風にのって飛ぶのか?)そんな役目を持っているらしい。 

なかなかユニークだ。

そして、10年以上、庭にあったと思うアオギリの木(自然に生えた)を、私はずっと桐の木だと思いこんでいた。

ここに来て、この実のことをもっと知りたいと検索してみると、

なんと!  所謂、桐ダンスにする桐とアオギリは仲間ではない! ということが分かった。

ずんずん成長する木なので、そろそろ処分してもいいかなぁ~ と思う。

老人の体力や手入れをする時の危険度を考え・・・そして、庭も少し整理した方がいいなぁとも思うから。

2018年6月23日 (土)

本格的に 梅雨 だわ!

006_527x640今朝ウォーキングの途中から雨となった。

傘は持っていたので慌てることもなく、ゆっくり畑の見回りなどもして帰宅したのだが、梅雨らしいしとしと雨。

←はボランティア先の緩和ケア病棟の壁面飾り。

先輩ボランティア手作りのパッチワークを土台に

色画用紙を切って作ったツバメ(私が作ったもの)を飛ばし、ナイロン紐で雨を降らせ・・・ 蛙が下の方で合唱してる感じ。
        ~~~~~~~~

008_480x640007_640x480

玄関先に私の好きな 洋種やまごぼう が大きくなりはじめました。 
小さな花も下部から開いてきています。可愛いでしょ?

アジサイは大半が終りになりましたが、まだ幾らかは見られる状態のもありますね~

009_480x640010_480x640黄色いのは

ナスタチューム、赤っぽいオレンジの花もあります。好きな花の一つで、毎年苗を買ってきて咲かせています。これ、食べられる花(葉も)ですが、食べることはありません。

そうそう、食べられると云えば、つい先日「タキイ通販」を見ていると、ナルコユリやアマドコロ、ギボウシなどの若い芽が食べられるような説明があった。

え~~っ! 食べられるの~? 我が家にもそのどれもが生えている。

食べるなんてことは、聞いたこともないし、考えたこともなかった。

同年代の人が集まった時の話で「子供の頃は食べるものがなかったから、学校の帰りにカッポを取って、よく食べたなあ~」*夫の云うカッポとはスイバとかギシギシの種類で酸っぱい味のするもの

こんな話しを一人が云いだしたものなら、あの人もこの人も、あれも食べた、こんなのも食べたなあ~ と、たちどころに話に花が咲くのだが、最後には「今の人は食べるものが沢山あるけぇ、食べたこともないじゃろうなあ~。食べれるいうことも知らんじゃろう」ということでその話しに一区切りがつく。

そんな話をしていた自分も、その前の方に云わせてみれば、今頃の若いもんだったのかもしれない。

食べられると知っても、その知識がネットなどで見て知っただけの知識だと、直ぐ様食べてみる行動には繋がらない。今度、誰かに話してみようかな?

多くの人から「食べられるよ、美味しいよ!」と聞いているツワブキでさえ、未だに食べようとはしないのだから。。。

今日は、何だか話しがふらふらと、拡散してしまいましたね。お許しを!

2017年5月30日 (火)

植物に心躍らせて

朝のウォーキング開始時間をどんどん早くしないと、日差しが、紫外線が、恐いです。白内障の手術後、やっと2週間ですので、今朝もサングラスを用意して出掛けました。もっと早い時間に出掛けたいのに、5時起きで、玄関を出たのが25分、もうしっかり明るいですが、西に向かうので行きはサングラスはかけず、帰り道だけ装着しました。

このところのお気に入りコースは、百間川、西土手を南下するコースです。

北上のコースより人が少ないので、人目をほとんど気にしないのが良い。

土手の草が伸びやかで好いなあ~ っと感じていたのに、草刈りが進んでいます。でも、まだ残っているのが嬉しくて。 草達の競演です。

私が子供の頃、つばなと言っていた草があちらこちらに群れて、たけた穂の白さがまるで銀色の波のようです。それにしても つばなって、こんなに背が高いものだったかと、私は目を見張ります。穂の色も白の他に小豆色をしたものもあるのですよ。

オオマツヨイグサは折り紙と見間違えるほど。そのペッタリとした黄色と折り線がはっきりしている所など、折り紙そっくりです。

名前の分からない茅の種類は涼やかな穂を、朝の風に揺らせています。

そして何度見ても面白いと思うのがこれ。

Img030_438x640
ヘラオオバコです。絵にしたら背丈が短くなってしまいましたが、実物はす~っと伸びています。葉の形がヘラに似ているところから、この名前が付いたようですよ。

私が、この草と出会ったのは・・・そうですねぇ~ 10年かそこらじゃないかしら? そんなに古い話じゃありません。 その時は、花びらが散ってしまったケシ位に思ったものでした。

しかし、それ以来、何処で見つけても花びらが付いてないのばかり。おかしいなあ~

やっと分かりました。穂みたいなものの周りにある細い蕊のようなのが花なんですね。それが穂の下から上へと咲き上がっていくのです。

今朝目にしたものなどはもう、頂上まで行ってました。

そういえば、子供の頃オオバコでひっぱりっこして遊びました。二人でね。

あれってなんて云いましたっけ? お相撲? 喧嘩? 力くらべ?

遠い昔の思い出ですが、言葉をすっかり忘れています。

そして、今日の夕方庭を一巡して、そろそろ家に入ろうかと思っている時に目に飛び込んできた小花があったのですよ!

001_480x640何かに紛れて我が家にやってきて、もう随分長くなりますが、花を目にしたのは初めてで、興奮してしまいました。

何だと思います?

ノビルです。小さくて私のコンデジでは上手く写りませんが・・・

何時だったか、天皇様が皇居のお庭で美智子様とノビルを採ってらした映像を思い出します。

天皇様の好物だそうです。

ラッキョの小型みたいなもので、酢味噌をつけて食べる・・・こんな知識しかありませんが、我が夫            

003_480x640は好まないので、食べません。

厄介な雑草といったところです。

2017年4月10日 (月)

タンポポやクローバーで遊んでいます

私は人ごみの中に出掛けるのが もともと苦手ですが、

歳を重ねるごとに、苦手度がUPしてきます。

友達とのおしゃべりは楽しいですが、 一人で静かに過ごす時間が結構好き。

ウォーキング途中で四葉のクローバーを見つけ・・・

069_640x480
娘の誕生日の ささやかなプレゼントにしました

(写真は友人にもプレゼントした残りです)

070_640x480
左 西洋タンポポ        右 日本タンポポ

071_640x480
西洋タンポポの萼は、下に反り返っています

072_640x480
日本タンポポのほうは、反り返っていない

私も詳しい知識は持ち合わせていませんが、取りあえず萼の違いで見分けています。

二つを見比べてみると、花も違いますねぇ~

日本タンポポの花は楚々とした感じに思います。

日ごとに草花の様子が変化するこの頃です。 庭の花を世話するのも楽しいですし、道端の草花からも、楽しみをもらっています。

桜の花は満開を迎え、今日あたり ハラハラ と花びらが舞い始めました。

日本人の好きな情景が、広がっていますね!

願わくば・・・バックに青空を!!

2016年8月22日 (月)

好きな花が咲いていました・・野の花

朝のウォーキングを私なりに頑張っていますが 最近は日の出が遅くなってきたこともあって、 朝歩く距離と時間を少し短くし、ウォーキングの流れでついでに畑の草取りをすることもあります。 何分、畑は夏野菜が終了になってきて、いま元気なのは 茄子 ばかり。 あとは一面の草ですから・・・

 

それで、夏の間楽しんだ 土手のウォーキングの距離を短縮。 途中から畑へと方角を変えて歩いてみます。 

 

すると、土手道とは違った楽しみがありました!

012_600x800
ノアズキ の 黄色い花が今年も咲いていました。 近ずけなくて、花の様子がよく解りませんね

松江の花図鑑 より 写真をお借りしました

013_687x800

センニンソウ です。 蔓性植物で他の植物に覆いかぶさって上から垂れてきています。 鼻を近ずけると香りがあります。

花の直径は2~3センチ。  花の後 雌蕊の周囲に白い毛が生え これを仙人の髭や白髪に例えて名が付いたようですよ。

クレマチス等ととても似ていると思います。

008_600x800

ジュズダマ ノアズキと共存していました。

これでお手玉などした思い出を持つ方もいらっしゃることでしょう。

今の子供たちにとって、そういう遊びの経験ってあるのでしょうか?

日本列島の東半分には次から次へと台風が押し寄せてきますね。

どうか被害が小さくて済みますようにと祈る気持ちです。

進路にあたっている地方の方々、気を付けてくださいね。

 

2016年4月27日 (水)

野老さん

オリンピックのエンブレムが決定し、あれに決まった! というのも意外だったけれど、デザインされた方のお名前にも驚きました。

野老と書いて⇒トコロ  っと読む。 へえぇ~~~ でしたが

私が時々訪問させて頂く オラケタルさんのブログで、トコロ とは植物の名前と知り、これも またまた 驚きでした。

そして、検索してみましたら色々出てくるようですが、そんなに詳しくなくてもこの辺りで納得できるかな?  

よろしければクリックしてご覧ください、こちら

最近は珍しいお名前の方が、次々出ていらして、驚くことが多いです。

ごくごく最近、アナウンサーの方でしたか・・・壬生川○○さんという方がテレビに映っていました。  どう発音するのかは分からなかったのですが・・・

ミブガワ とでもお読みするのでしょうか?

JR予讃線の壬生川駅近くに私の実家があります。 これはニュウガワと読むのですが。。。。

2015年11月10日 (火)

秋が深まりました・マイガーデン

バタバタしている内に、すっかり秋が深まっています

001_640x427
    ↑ これの名前は忘れてしまいましたが、サンルームで2冬を越しました

 秋には何処のお庭でもよく見かける植物ですが、これは随分大きくなりました

004_640x427知り合いの方の畑から頂きました。 綿 ですよ!

002_640x427
水も入れていない鉢の中で、咲いた花 白いですね! 

003_640x427
これは、多分 昨日咲いたものでしょう、うっすらとピンクになっています

005_640x427
こちらは つぼみです。 しっかりしていますよ

006_640x427
庭で自然にこんなになりました。  倒れたままに放置しておいたのが、

もしかして、良かったのかな?

でも、もう見苦しくなったので、抜いてしまいました

石の上で、もう暫く楽しみます。

           六人展や、ワクワクサロンが一段落しました

      ちょっと息抜き?   1泊で東京へ行ってきます

           年に1度ほど・・・・行きたくなるんです。