わくわくサロン

2015年12月20日 (日)

クリスマス会・終わりました

夫の元職場を改装したフリースペース

この場所を利用して月1回のサロンを開いている。

30人に足りない参加者の99%が、地域のシニア主婦。

いつもは、季節の唱歌を歌い、CDで音楽鑑賞のあと私が作るケーキでティータイム・・・勿論おしゃべりタイムでもある。

014_520x640
12月はクリスマス会xmas  特別の会だから準備から力が要る

指導下さる方(男性、クリスチャン)はとても繊細な感性の持ち主で、打ち合わせも細部に至るまでこだわりがある。

020_640x480
楽しむだけの会ではない。 セレモニーの雰囲気ではじまる。

教会の鐘の音(勿論CDだが)が流れるなか、開会の言葉があり、キャンドル点灯・・・

クリスマスの歌(讃美歌)を歌う

018_640x459
昨年は「賢者の贈り物」の朗読だったが、今年は朗読の方が欠席。

先生の3分講話となった「靴屋と3人の訪問者」

その後、ケーキタイム (写真は撮れなかったが、市販のロールケーキに果物添えて、 紅茶と)

ケーキの準備が整ったところで、チョッとしたプレゼントを・・・

021_640x480
ミニレター  可愛いクリスマス模様の便箋を使いたくて思いつき、

↑の写真のようにして、配るのではなく好きなのを取って貰う。

手書きで、内容が少しずつ違い、便箋の模様も違う。

すると、参加者の方から、「何人かに読んでもらったら?」 との声があり、5人に読んでもらった。 

022_640x505
ティータイムの後、じゃんけんゲームをしたり、プレゼント交換もあり、楽しい時間がながれた。

皆さんの笑顔が嬉しく感じた午後のひとときだった。

私は夕食を終えると、疲れがど~っと襲ってきて、早々にベッドへもぐり込んだのでした。

2015年10月10日 (土)

10月のサロンはパンプキンのケーキ

ブログの記事が追いついて行きませんsweat01

・・・が、取りあえず今日のことを書いておきます。

今月はハロウィン(31日)なんですねぇ~  どうも未だ馴染めない私ですが、

保育園なんかでは、ちゃんと行事としてあるんですってsweat01

ハロウィンイ=南瓜? 単純ですから・・・サロンのお菓子は南瓜で、タルトにしてみました。

 001_640x480
南瓜を1個半使って・・・電子レンジで柔らかくして皮をむく。

裏漉しは省いて、適当に混ぜておき、砂糖、卵黄、生クリーム、シナモンなどを加える。レシピ本には鍋で火にかけ水分を飛ばす、とあったが、何分、量が多いので天板に広げてオーブンで代用。

型に敷きこんだタルト生地に広げて照りの卵黄を塗り、オーブンで20~30分焼くのだけれど、、、りんごも美味しいかな~ と、りんごをさいの目に切り、少量の砂糖と電子レンジにかけた物も加えてみた。

南瓜の皮も少しだけ飾りとしたら、素朴なケーキとなりました。

「美味しい!」の一言が嬉しいです!

 今日の音楽鑑賞・・・マーラーの交響曲第5番より第4楽章

  これはヴェニスに死すで使われた曲とのことです。

          音のラブレターとも言われるそうで、メロディーというより、

          風が通り抜ける感じ?

         波が寄せたり引いたり・・・

          心が静まるような感じの曲でした。

マーラーというだけで、難しそう! って、敬遠していましたが、そうなんだ!

こういう曲もあるんだ・・・どんな心境の時に、この曲が出来たのかしら? そんな事を思いました。

    検索  ユーチューブ マーラー で 聴けますよ。

2015年1月26日 (月)

偶然・・・新年のお茶会で

我が家で月1回開いている○○サロン、1月はお茶会と名付けて、今年が2度目のお茶会だった。 名前だけ聞けば ワァ~shine と、想像を膨らませる方が居るかもしれないが、いつも通り唱歌や季節の歌を歌ったり、鑑賞をした後に、お抹茶と和菓子をいただく 。それだけのことだから、私としてはケーキなどのお菓子を手作りしなくてよく、楽だとも言える。

20人余りの参加者で、2週間ほど前にそのお茶会も終ったのだが、不思議な偶然があった。      

Img004_640x588我が家のお抹茶茶碗を総動員し、息子の所からも幾つか借りて、やっと数が揃った。
皆さん、お茶をいただいて済んだかなあ~ っと思う頃に、Mさん(初めて参加された方)がご自分に届けられたお茶碗(飲んだあとの)を持って、私に尋ねるのだ。

「この茶碗は誰の作のものでしょう?」と。

いや~~sweat01  困ったあ~

実は2年ほど前に、箱に入れたままだと場所をとるし、いちいち面倒で、使う頻度が落ちるから・・・  木箱のほとんどを処分した。

このお茶碗は知人の快気祝いとして頂いたものだったが・・・・ 作者は良く解らなかったし(多分)・・・

Mさんの言葉が続いた。

「父の作ったものだと思うのです。サインが父のもののようで、、、」

Mさんの旧姓も教えて貰ったが、元々私はその方面の知識が足りないし、思い当たらない。

それにしても、お父様の作らしいお茶碗がMさんのお隣とか、向かいの人にいったのじゃなく、Mさんのところへ当ったというのが、凄い偶然。

Mさんにとっては鳥肌もののように感じられたのだと思う。

そんな偶然から2週間・・・

昨日のオープンデーにも来て下さった。

これは、やはりあのお茶碗の力だと思うし、Mさんにも知りたい!との気持ちがまだまだあって、

「箱に吉井川なんとか~とか、、、書いてませんでしたか? 」と問う。

あ~~あ・・・ そう書かれた木箱・・・ あったような気がする!

こんなことがあるなどと、思いもつかなかったから・・・

箱を捨ててしまってごめんなさい。 

でも、きっとこの茶碗はMさんのお父様の作ですね。

忘れないようにとスケッチブックへ残しておくことにした。

2014年9月18日 (木)

サロンのギターコンサート

001_480x640先日の日曜日、ギターコンサートを開催しました。

月1度続けているサロン、それに参加して下さる人達が主だった聴衆ですが、、、その方達が友人を誘って下さって、今回は60人ほどのお客さまで、狭い会場が一杯になりました。

演奏して下さったのは、ポーランド出身のイケメン、ダミアンさんです。

馴染の曲が沢山あり、ヨーロッパの方へと夢の翼で飛んで行ったかと思えば、日本の曲では、やっぱり良いなあ~ なんて、改めて感じられたり、、、

ギターの甘いやさしい音も新鮮に聴こえました。

002_640x480  ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

 今回、コメント欄は閉じさせていただいています。

2014年3月 2日 (日)

フルートコンサートでした

019_458x640

明日は3月3日、雛まつりですね~  お雛様出してないので、古い絵手紙で雰囲気づくりで~す!

010_600x800

note  note 

話しはかわって、今日は、わくわくサロン主催のコンサート。

およそ1年ぶりで、今回はフルートです。

2ヶ月ほど前から準備をはじめました。

私に任された仕事の、チラシと、チケット作りが急がれました。

メールで送られてきた、奏者のプロフィールや写真、演奏曲目などを入れながら、体裁良く、A4に収めなくてはいけません。 結構気をつかいます。

014_640x480

チケット作りはPC操作が下手で、前回まではとても苦労をしましたが、今回は家電店でチケット作成用の用紙を見付けたおかげで楽にできて、ご満悦のわたしhappy01

コンサートの日が近づくほどに気懸りなのは、チケットの売れ行きですが、今回は 60枚超えで嬉しい悲鳴の反面、今度は椅子を自宅からかき集めてやっと間に合わせた次第です。   chair

017_800x600

フルート曲として名高い、ドップラーのハンガリー田園幻想曲をリクエストしたら取り上げて下さいました(ありがとうございます)最近はあまり流行らなくなったそうですsweat01  でも私の好きな曲に違いはありませんけど・・・

松任谷由美さんの 「春よ、来い」も久しぶりに良いなあ~って聴かせてもらいました。

驚いたことに、ピアノ伴奏の方、とてもお若いのですが、私たち年代の者にとっては当然、誰もがよ~く知っている(と、思われる)月の砂漠コンドルは飛んで行く、をご存知ない!

けぇえええ~  って、返す言葉が見つからない感じ!

その上に、コンドルってなあに?  って来たからおったまげっちゃうでしょ!

でも、コンサートは、皆さんに感動をあたえ、無事終了となりました。

アンコールとして用意して下さったのは「花は咲く」でした。

歌詞のプリントを配り、みんなで合唱

3.11が直ぐ其処に近づいてきましたね。忘れることなく思いを新たにいたしましょう!

  あっ! 会場の花は我が家の ミモザ、椿、水仙を主にして、ランを1本だけ買い足しました。 ミモザはぜ~んぶ、お辞儀してしまうので苦労しました~~~。

で、夕方、ほっとしたら、疲れがどど~~っ! って、湧いてくるように全身を包んでしまいました。夕飯を作るなんてとてもできない! スーパーで助六寿司を買い、インスタントのお清汁ですませました。

ボランティア、ボランティアって、夫と声掛け合いながらやらせて頂いていますが、さてさて後どの位できるものかと案じもします~~~

2013年12月22日 (日)

クリスマス会が終わりました

001_640x480_2昨日の土曜日、サロンのクリスマス会でした。

Ⅰ部は蝋燭点灯に始まり、聖書朗読、

聖歌を3曲歌いました。私にとっては1年に1度だけの讃美歌(聖歌)を歌えることが喜びです。

2部は皆さん、子供に返ってクイズやゲームを楽しみました。じゃんけん一つにも大盛り上がりで大笑いしたり、無邪気な子供心をとりもどした気分です。ささやかな賞品が貰えることも嬉しいですね。008_640x480

手をつないだり、肩につかまったり、チョッとしたスキンシップがあることでその人との距離が少し狭まるかんじもありました。                      

013_640x480

xmas                        

bell 

サンタさんからの贈り物、幾つになっても嬉しいですheart02

3部でお待ちかねのティータイムとなりました。

015_640x480_2 016_640x480 

ロールケーキ…ブラウンシュガーを使ったスポンジ

          カスタードクリームと、生クリームを合わせて

          栗の渋皮煮(既製品)洋梨のシロップ漬け(手作り)柿

添えのフルーツ・・・苺、柿、ぶどうを添え、全体に粉砂糖をふりました。

今年で5回目のクリスマス会だと思うのですが、1年ごとに気力が低下していると感じます。四方の壁に貼った絵は、昨年のクリスマス会に向けて、必死で描いた絵本の挿絵ですが、今考えると「よくやったなあ~」って、、今年はとてもとても、そう云う気力がありませんでした。

 

2012年12月16日 (日)

クリスマス会が終わりました

016_640x480昨日(12月15日)サロンのクリスマス会が終わった。

準備に取り掛かったのが、すこし遅かったし、

その間に東京への小旅行を挟んだりしたこともあって

2週間ほどは、食事の支度もろくにしない日々が続いた。

    xmas    xmas    bell    xmas   xmas

005_640x522004_640x205

昔々、松ぼっくりをひろってきて、ツリーに仕立てたものや、

プレゼントしてもらったり、海外で記念に買ったものなどで

会場を飾り付けた。

ボランティア先で教えてもらった折り紙のサンタクロースをたくさん折り、遊びに来ていた

3歳の孫に目をかいてもらったものは紐に繋げ、これは会の終了の時に皆さんへのプレゼントにした。008_480x640

             今年の一番の特徴は

        絵本のまわし読み(朗読)をしたこと。

これをするには、聞いている時に絵がないと、つまらない。

           そこで一念発起!?   

本の絵をなるべく忠実に、だけど手のかからない方法を考えながら、もぞう紙に手描きで拡大し、紙芝居のようにしたことだった。

012_640x480 013_640x480_2

014_640x480 015_480x640

もぞう紙の全紙を使ったものと、半分にしたものと合わせて18枚。

結構、作業に手間取って、他のことが何もできない感じになったsweat01

最後の3日間は、ティータイムに出すケーキなどの準備。

一番簡単に作れて、サービスしやすいもの・・・ロールケーキにしてみた。

 018_480x640_2

 006_640x480
 

     cafe

  bell

    birthday    
       wine

盛り付けた様子は、大急ぎで写したので

綺麗な感じじゃないですね~ down

苺の横の絞り出しクリームは、前もって絞って冷凍しておいたものscissors

       そうそう! 忘れるところだったけど、絵本の中で

009_480x640生きたモミの木の匂いがツンツンする、

と云うような文があって、

何とか生のモミの木を見たいなあ~、

見てもらいたいなあ~ って思っていた。

             xmas

たまたまネットショッピング(普段はほとんど利用しないが)を覗いてみたら

生のモミの木を使ったリースを見つけ、

これを注文した。(第一園芸)

 過去にクリスマスマーケットを巡る旅に   011_480x640_2

2度行ったことがあり(ヨーロッパ)     

マーケットで、生のモミの木がサイズも種類も

豊富に売られていたのを目にしたし、

どこの家の前にも準備されていたのを思い出す。

教会の広場には、大きいモミの木のツリーがあったことなど懐かしい。

我が家にもホントにささやかではあったが

モミの木のツンとした匂いのリースが届いた。

            shine

会が終り、粗方の片付けがすむと、もう疲れて

夕食も食べたのか食べなかったのか・・・? 何かをつまんだだけ。

   お風呂さえも大儀~~ down  

               xmas

皆さんの楽しそうな笑い声や、「おいしい!」「ありがとう!」の言葉を

          思い出しながら・・・

これが、私達への一番のプレゼントだったのかもしれないと感じるshine

中心になってくださるK先生をまきこんで、私達夫婦のささやかなボランティア。

永年、この地で無事に仕事をさせていただけた、お礼の気持ちです。

   さあ~~  

これから年賀状をはじめ、年末の仕事にかからないといけませんが

今朝はまだ、体がだる~~っ! coldsweats01

003_640x480