日記・コラム・つぶやき

2018年5月16日 (水)

熊山英国庭園へ

娘が6日間ほど帰省中です(今までは仕事の関係で1泊しか出来なかった)

天気も良いし、バラの季節だから丁度良い!

車で30分余り、熊山英国庭園→こちらへ行ってみました。

バラは少し早い?  パーゴラに絡まったツルバラはほとんど蕾でした。

001_480x640002_640x480

でもね、ここはバラだけでなく、庭園として多種の草花があるので散策が楽しいんです!  

娘いわく、「広過ぎないのがいいね!」 

ほんと、そうなんです!  疲れない。 カフェもあるので途中で一服も可能。

003_640x480大好きなところです。 でも訪れるのは、年に1回位のものですが・・・

睡蓮が澄んだ空気の中、朝の光を受けて、綺麗です。

あっ!  あのバラは・・・アンネのバラのようだ!

005_496x640表にまわってみると・・・やはりそうです!

私の朝のウォーキングで通り過ぎる教会の庭に、ちょうど今咲いている花です。

004_640x468バラも多種多様な苗が売られていますが、

私の心の中で、いいなあ~ と思っているバラの一つですhappy01

バックヤードで、花の苗を売っていて、バラは買えなかったけれど、ニューカラ―という、赤茶色のマリーゴールドやラベンダーとか花の苗をいくつか買って帰りました。

2018年5月 7日 (月)

コクリコ・・・ひなげし

ある人々にとっては、長い長~い 大型連休が昨日で終わった。

毎日サンデーの私達は、その間 息をひそめる様な思いで過ごした。

畑仕事に多くの時間と体力を使い、家に帰れば帰ったで、庭仕事も切りが無い。 嫌いではないし、どちらかと云えば 好き! 

でも体力の衰えを 嫌というほど実感した時でもある。

Img003_450x640 ~~~~~~~~~

絵が描けなくなった。 時間がない? のではなく

描きたい気持ちがゼロになったわけでもなく、

一度スケッチブックを広げて、描きはじめてみたが、

集中力が欠けたのかな? 元々 技術が無いのは分かり切ったことなんだけど、楽しみに少し・・・描いていたのがさっぱり駄目になってしまった。

ボランティアで患者さんと一緒に描く葉書絵なら、描けるので、一番小さいスケッチブックに今朝、久しぶりに描いたのがこれ。

先日来、コクリコという言葉が心に引っかかっていて、描いてみたかったから。

繁殖力旺盛で、庭で見つけたら1本残さず抜く花だけど、花は可愛いね~

ひなげし とか、ポピーと云うのが一般的だけど、

与謝野晶子がパリに着き、愛しい与謝野鉄幹に会って詠んだのがこれだという。

「ああ皐月 仏蘭西の野は火の色す 君のコクリコ われもコクリコ」

フランスの野一面がコクリコで真っ赤に燃えるようだったらしい。それを自分と夫の燃える思いに重ねたのですね。

*コクリコは難しい漢字で、出てこないのでカタカナで失礼します。

朝から雨です。畑仕事も庭仕事も、今日はしません。

2018年4月29日 (日)

プレゼント!

庭仕事をしていると、郵便屋さんが

「こんにちは!」と声をかけて来た。 

・・・と云うことはサインか印鑑が必要なんだな

胸からボールペンを抜き取って渡してくれた

家に入らずに用が済んで助かった

見れば、ブログ友のSさんからだ。

・・・えっ!  何だろう? この時期に・・・

取りあえず玄関に置き、庭仕事を一段落させる

改まって封を切ると

手紙と、手編みのストールが出てきた!

昨年、岡山でお会いした時のお礼らしい。

このところ、暑い日もあるが、ひんやりと肌寒い日もあり

1842_611x640早速、それを巻いて写真をとった。

普段着の服装のままで恥かしいが、

Sさんへのお礼状に同封しようと思って。。。

Sさん、ありがとうございました。

満開のモッコウバラの前で。

2018年4月27日 (金)

移りゆく春を楽しむのも忙しい

気温の変化がめまぐるしいなか、花達が次から次へとバトンタッチしながら

楽しませてくれます。 そんな中、おもてなし上手のKさんから電話。

「ツツジが見頃になりましたのでどうぞ観にお越し下さい」と。

Kさんのお宅は車で5分余りの近さです。

作りたいと思っていた春の散らし寿司をつくってお持ちしました。

Kさんの奥様は、とてもお料理上手で何度ももてなしを受けている。

私の料理は自信がなくて、どうかなあ~?  味よりも心・・・かな?

と、開き直りも良いところですが、我が家の筍、蕗、エンドウなどを使ったお寿司を手土産にお邪魔しました。 ご主人さまが庭に水を打って用意万端、待っていて下さいました。

新緑のなかにツツジが映えますねぇ~!

005_640x480楽しい幸せな時間を過ごしました。 お庭に植えてあるタラの芽を幾つか頂いて帰り、我が家のネギ坊主と共に天ぷらです。ネギ坊主の天ぷらは初めてで、少し不安。

坊主の下5センチくらいをつけたまま(写真のように)天ぷらの衣をくぐらせて揚げます。 抵抗なく、美味しく食べられましたよ。坊主の薄皮が弾けた位がよいのだと聞きました。

散らし寿司、今回は多めに作って、あの方や、この方や、、、差し上げたい方が頭に浮かびます。前日に準備出来るものは準備をしておきました。 緊張していたのか4時前に目が覚め、早くから取り掛かり、早く出来あがりました。 お招きを受けたKさんには勿論、ご近所の80代のご夫婦(以前は車であちこちへ連れて行って頂きました)。とてもお世話になった先輩(故人)の奥様、ちょうど訊ねて来ることが分かっていた後輩にも。

出来栄えに自信の持てないお寿司でしたが、いわば押し付け。

でもね、食べた後に、「とっても美味しかった!」と電話を下さったりしてね、それが嬉しいったらないですよね!  また 作りたいな! なんて思えたりしてね。

006_480x640 ~~~~~~~~~~~~

我が家のシンボルツリーのナンジャモンジャが見頃になってきました。雪がうっすらと積もったような雰囲気です。

007_480x640009_480x640明日から大型連休のはじまりですが、我々には変わりない時間が流れることでしょう。 

間違っても遠出をしようなんて思わないことですね。

2018年4月19日 (木)

竹藪を荒らしたのは?

この前のブログ記事の続きになります。

コメントを頂き、竹藪を荒らして、筍を無断でとった(ドロボー)がイノシシであっても、はたまた頭の黒い・・・であっても、鉢合せの危険を避けるために、鈴をつけて行くか、ラジオを鳴らしながら行くのが良い。とアドバイスを頂いたので、ラジオを持って行きました。

竹藪は山道を5分かそこら登ったところにあります。

いよいよ、山道にかかるところに軽トラが停まってる! 朝、6時過ぎのこと。

夫「ラジオを消して!」と言い残し、どんどん早足で行きました。

私、少し遅れ気味。

あっ!

我が家の竹藪の直ぐ前の道で、夫と、同年輩の男性が!

その男性  「○○」と名乗り、「昔はこの辺りに住んでいたし、この上の方にも我が家の藪がある」

       こちらも名乗ったものの、そんな家はしらんなあ~ という雰囲気。

手には、鍬と、肥料を入れる様な大きいビニール袋。その袋には半分くらい筍が入っている感じ。

あちらさんは、強気のもの云いながら、一刻も早くこの場を立ち去りたい雰囲気に溢れている。

普段、厳しいものの言い方をする夫にしては、何だか大人しいもの言いだったが。。。

イノシシだとお手上げだけど、頭の黒い方で・・・良かったのかなあ~~?

いずれにしても、同じ時間帯にはもう来ないんじゃないかと・・・夫。

今年は筍は不作かな?  

山に入って筍掘り(先日)。 今朝は畑で、蕗を収穫して・・・キャラブキにでもしようか? と。

ところが、朝食の頃から体がだるい。

手足に違和感あり。  寒い。

熱がでてきて、大半をベッドでウトウトして過ごしてしまった。

何だかこんなこと、久しぶりだが、疲れが出たみたい。

今、夕方5時過ぎだけど、かなり、体はしゃんとして来て、よかった!

先日、茹で筍を差し上げたKさんが、筍ご飯にして今日のお昼に持ってきてくれたので、今夜はこれと、あり合わせの物で夕飯にしようと思ってる。

021_800x600006_800x600640x480

Kさんのお庭、すごく広いですよ。 ブルーベリーの花

2018年4月13日 (金)

季節が進みますね

002_640x480このところ良い天候が続いています。

ニュースで「○○では□の花が見頃を迎えています」と、連日のように新しい花だよりを伝えているものだから、毎日サンデーの身には嬉しかったり忙しかったり・・・ちょこっと手軽に出掛けることが続いています。

昨日は我が家から車で30分ほど、 日本のエーゲ海 とも云われている牛窓(うしまど)にある牛窓神社へ行ってきました。 コバノミツバツツジ が満開でした。

006_640x480小高い山の上にあるので、眼下に牛窓の街並と、その向こうに多島美を誇る瀬戸内海が見えています。

ニュースで流れただけあって、大勢の見物客でした。

帰り道にある小さいながら、私の好きな美術館にも。

一旦、家に戻り、今度はたけのこがどんな具合か、取りあえず一度見に行こう! というので、出直して行ってみたのですが・・・

何だか登り道が随分荒れた感じです。

夫 「トラクターが入ったみたいじゃなあ~」と。

私 「そだね~」

我が家の竹やぶに着くと、まあ!  なんと荒れ放題だこと!!

仕方ないなあ~  年に2~3回、筍を掘りに来て、その時に倒れた竹を崖に寄せるだけしかしないんですもの。それも私のか弱い力で出来ることはしれてますからね。

そうは思ってみても、荒れ方がいつもとは違う~~

そこらじゅうを、トラクターで踏みつけたようなと云うのか・・・

あっ! 掘ったあとがある!!  誰か入った?

それにしても、大きな穴が開いて・・・変だなあ~

   ・・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・

真相はまだ解らないけれど、猪が来たんじゃないかって・・・夫。

筍は未だ早かったのか?手のひらサイズのごく小さいのが3本あっただけでした。

明日、明後日が雨の予報だから、雨上がりにもう一度出直してみることにしていますが・・・

何だか嫌だなあ~~ 竹やぶは棚田のように段々になっているんだけれど、猪が縦横無尽に歩き回ったためか(どうか、分からないが)段が崩れて元の地形が解らなくなりそうなほどです。

人の手が入らなくなって来ている山や、畑はこうして荒れ地になっていくしかないのかなあ~  気が重いですわ。

2018年2月21日 (水)

気持ち良い一言を 掛けてもらいました

少しずつ春の足音が聞えはじめたと感じています。

ウォーキングを兼ねて、片道20分の畑に行き、芽が伸びはじめたバイモ(貝母)を2株、3株掘り、帰り道にある知人のお宅へお届けしました。

我が家に帰りつく手前のところで、後ろから自転車のリンがひと鳴りし、同時に「すみませ~ん」との声も聞えたので、一足右に寄った私の横を「ありがとう~」の声をのこして、女性が追い越していきました。

たった一言・・・しかし、私ははじめての経験だったかもしれない。ちょっと意外な感じの一言でした。  前から向かってくる場合だと、ありがとうの代わりに会釈をしながらすれ違う人はあるけれど、顔の見えない相手に後ろから声をかけるって、いがいに掛けにくいと思う。

でも、この一声で、私の心がぱあ~っと明るくなったのは確かでした。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして午後はお菓子づくり

来週のサロンで出したいな! っと思っている和菓子の試作です。

002_640x480この前に作ってから、5年以上たっていると思うなあ~

お雛まつりの日だから、【雛の袖】という名前のお菓子を作りたいと思っています。

くるっと折り返した[ういろう]の固さが、問題で、前の時は少し柔001_640x480らかかった。 今日のは少し固すぎるかなあ~?

餡は白あんに茹で卵の黄身を混ぜた[黄身あん]です。

前日に作ろうと思うから、1日置いて、明日がどんな感じになるか、みようと思っています。
和菓子と、雛あられ(買ったもの)を出す予定。

2018年2月 4日 (日)

ミニ講習会・クッキーと折紙

先日の朝げの会で出したルシアンクッキー(白い雪玉の様な)の作り方教えてもらえない? 

友人の申し出を受けて先日、5人と私、我が家で教室よろしく集いました。

001_640x480←これから粉糖をまぶすところです

クッキーを焼いている時間には

折紙の上手なHさんの指導のもと犬の折り方を教えてもら

002_640x459いながら、高年者の リハビリ タイム?

やさしいよ! っと言われても、何分、紙が小さくて、若い時のように指先が利きませんdown

004_640x480_2まるで101匹ワンちゃんの親子です

共同で作業するって、一人一人の性格が見え、学ぶことが色々ありますね。

私が簡単に準備したランチ(否、軽食を)食べながら、おしゃべりは続きました。

歳をとると、出掛けることが大事。今日することがあるのが大事と聞いています。でも、私は出掛けるのがスーパー苦手です。 これは良くないことだと知ってはいても、この性格はおいそれとは変わりません。

でも、こうして、あちらから出向いてきて下さるのは大歓迎です。

家の中も少し、きれいになるし・・・coldsweats01

この日に集った内の4人はサロンにも来て下さっているので、私の悩みを少し聞いてもらいました。

それは、サロンを始めた時に私の希望したことなのですが、

同じ地域に住んでいる者とはいえ、それまでは お顔も知らなければ、お名前は勿論、ただの他人様だった人達。 

そういう方達が、ここで出会い、顔見知りになる。

やがて名前も、人柄もわかって、、、

いつか助けが欲しい時に力になってあげたり、貰えたり。 

そんな風になれたら。。。 それが私の願いでした 

サロンを始めて10年になろうとしている先日のことです。

友人が(ボランティアの仲間で、サロンには来てない)  さんとしておきましょう

 「ところでtomokoさん、サロンで○○さんや△△さんの片方がお休みだった時に、もう一人の人は話しの出来る友達、できたのかしら?」

to 「それがねぇ~ ありきたりの話ならされると思うけど・・・」

  「残念ながら、サロンでは友達は出来そうにないんだわdown

  「ほとんどの人が友達と一緒に来るから、いつもその友達と隣りに座ってて、話しが広がらないみたい」

 「それじゃぁ~ はじめにtoさんが思ってたようにはなってないわけねぇ~」

to 「そうなのよね~~」

  っと、こんな話をしたところだったので、そのことを話題にだしてみたのです。
こんな意見が貰えました。

○ もう少し、自由におしゃべりできる時間があるといいかなあ~

○ ティータイムの時に、友人同士が隣りじゃなくて、

  バラバラに座るのがいいんじゃなあい?

○作業を一緒にすれば自然に口もきくわねぇ~

この2日後(2月3日)が今月のサロンです

 *今これを書いているのはサロンが終った翌日の4日です

少しだけ、新しい試みを取り入れてみました。

それは、後日 書こうと思います

2018年1月29日 (月)

マスクして、頑張っています

日本中が大寒波の缶詰に閉じ込められた感じ。

私の歳のせいだけではなさそうだが、この寒さの中、

毎日がサンデーの人達は、どのように過ごしているのだろうか

Img_2198_640x480この寒さの中でスノードロップが咲きはじめました

夜明けは、僅かながらも確実に早くなってきているというのに 起きだす時間は返って遅くなっている私。

だらしなく時間を過ごし、誰かに見られていたら恥かしい限り。

そんな中で、唯一ウォーキングだけは頑張っている。

1日に8千歩~1万歩をめざしているが、この歩数を出そうと思ったら

1回では無理。 午前、午後と2回に分けて歩く。

Img_2201_480x640スノードロップを覗きこむと

可愛いハートマークが!

着こんで、着こんで、、、帽子 マスク は勿論、耳あてが欠かせない。

手袋の中でホカロンを握っていることもある。

あっ~ 私、眼鏡をかけているので、曇らないマスクを。

上部(鼻にあたるところ)内側にスポンジが付いている物を使用。

今やマスクは風邪予防というより、寒さよけの気がする。

だから、ウォーキングをしている人も、近所へ買い物に行く人もほとんどの人が、マスクをしている。

日本人は99%の人が 白いマスクで、東南アジアの人は柄ものや色のついたマスクをしているのが面白い。

だから、こんなに寒くても、白い息を吐きながら・・・

歩いている人の姿を見ることが、、、ないなあ~~

2018年1月16日 (火)

心に焼き付いて離れない写真

この年明け早々(3日)、新聞に掲載されていた1枚の写真。

ぐさっと、心に 突き刺さった 

まるで 大きな大きな棘 ?

いいえ、 棘よりも もっと太い 杭 のように。

直ぐにも ブログに 書きたい と思ったが

新年を迎えたばかりの 華やいだ気分 に

墨を塗るような 思いも あって

 躊躇していた

今朝、ボランティアへと向かう車の中で

ラジオを FM から NHK に変えたとたん

聞えて来たのだ 

   ローマ法王が

この写真を カードにして 広めるように 指示 したことを

ニュース(?)が 伝えているではないか

    あっ!  

  書かなきゃ!

Img002_449x640
     「焼き場に立つ少年」 は

     原爆投下後の長崎で撮影されたもの

法王は  「戦争が生み出したもの」 との 

 言葉を付けて広めるよう指示し、 

  平和を 訴えたそうだ

亡くなった弟を背負った少年が

  火葬場で

順番を待っているところ と 説明がある

「かみしめて 血の にじんだ唇に

より 悲しみが 表現されている」

とも書いてある

凛とした 少年の 姿勢の良さ に

返って 強い 悲しみが 感じられるではないか?

より以前の記事一覧