日記・コラム・つぶやき

2018年8月11日 (土)

そろそろ復活しなきゃ!

この夏の猛暑に体も頭もとろけてしまってましたsweat01

でも特別に体調を崩したりはしてなかったのですけど・・・

どの部屋もエアコンを入れないとじっとしてられない暑さで、PCのある部屋に入る気がしなかった。

ここにきてやっと、気温も35℃を下回る日もあり、少し元気を取り戻して来ました。

Img001_472x640_2

休んでいた間も畑の野菜が、特に胡瓜だけど、毎日バケツ1杯位収穫できて、それを消費するのが大変だった。

胡瓜のビール漬けを友人から貰って、これがポりポリと食べやすく、自分でも作って・・・レシピと胡瓜のセットであちこちへと配りまくりました。

ジプロック(Lサイズ)を使うと便利です。

よろしければ、超簡単なので是非どうぞ!

そうそう、8月4日に我が家で毎月しているサロンの10周年記念の集いを開きました。 いつもは歌と、ティータイムの内容だけど、ご飯を一緒に食べるっていうの、出来ないかな~~ って、あれこれ考えてみたんだけど、主に私一人で出来ることって・・・ないかなあ~~ 

あるとき、ふっと閃いた!  そうだ、カレーライスなら一人でそれも前もって出来るんじゃないか? って。

その前の8月1日は1泊で出掛ける予定があったので、準備はほぼ全てその前にしておく必要があった。

・・・で、ドライカレーを40人分つくって冷凍。 野菜の甘酢漬けも出掛ける前に作る。デザートの杏仁豆腐は寒天パパを利用して、会の前日作る。

コーヒータイムに出すクッキーはずっと早くに絞りだしクッキーを焼いた。

コーヒーは出来あいのアイスコーヒーを買って冷蔵庫へ。

・・・こんな感じで、動き方と、それぞれに必要な物も書き出し、テーブルリーダーを決めたり・・・準備は大変だったけど、そんなことをしている時がとても楽しくもあった。

ランチだけじゃつまらないから、ランチの前にピアノ演奏をお願いした。

普通ではない・・・特別の時間という雰囲気があり、皆様から感謝の言葉と花束まで頂き、そして、「とても楽しかった!」という言葉ももらって、良い記念の日となった。

これからは、いつまで出来るか解らないけれど、一期一会の精神で出来る限り続けたいと思えた日でした。

2018年7月 9日 (月)

びっくり! 緊急避難指示

梅雨、台風、そこへ持ってきて線状降水帯がいすわり、

晴れの国岡山、イコール災害の少ない土地柄で通っていた我が岡山県に、思いもかけない大きな被害が出ている。

ブログ友さんも心配してメールを頂いたりしましたので、無事であることをお伝えし、少し様子を記しておきたいと思います。

中国地方に限らず、あちらこちらで大きな被害が出ていますが、取りあえず私の近場の事だけ・・・

長雨が続いていることに加えてテレビの報道で水害が気になりはじめたのが先週の木曜日(7月5日)ごろ。

私が生まれ育った愛媛県は台風の通り道的な感じが(記憶の中で)あり、台風が来そうだと云うと、先ず食べ物を準備。おにぎりと缶詰位だったかもしれないが(子ども心にはその程度しか記憶にない)母が主になってしていたと思う。

その記憶があるので、私は今でも大型台風が来そうな時など、食料の事が頭に浮かび、今回も そうだ、炊き込みご飯をしよう! っと思った。

俄かに思いついたものだから、材料が整わないが、金曜日朝から作る。

人参、生姜、あげ、鳥ミンチを入れただけの炊き込みご飯となった。

一人暮らしのMさん(86歳?)の事が気になる。

岡山にMさんのご親戚の方はいないし、こう雨が降っては毎日の買い物も不自由だろう。

Mさんに炊き上がったご飯3食分位と、畑で収穫したきゅうり、茄子を届けた。

その夜、11時携帯がいつもと違った音で鳴る

岡山市全域に避難指示(緊急)・・・とある。寝ている夫に知らせ・・・

指示だから・・・避難しなくちゃ!  パジャマ姿じゃまずいなぁ~

この時、こういう事態の時に着る適当な物を持っていないことに気付く

取りあえず、パジャマの下にブ○○○ーをつけ、タンクトップを着る。

他に、何を持って避難する?

この頃、雨は凄く降っていたが、風はない。

夜11時。  当然真っ暗。 避難場所は、地図的にはすぐ裏の小学校。

でも、フェンスに遮られているので、数百メーターある。

次第に冷静になってきた。 家の2階に居る方が安全だろうと

ラジオをつけておく

そんな事をしていた時だった。

  ドォン!  という音と振動

夫と、えっ 今のは何?!

雷?  音がチョッと違うよね

トラック?  それにしては 音も振動の感じも違う・・・

車がぶつかった?  窓の外を見る・・・が、車は流れている。

何だったんだろうね~~??

  これが金曜の夜中11:30位の事でした。

さて、土曜日は 月1度のサロンの日

無事に朝を迎えたが、、、色々気懸り

行ってはいけないと、言われているが、畑の様子そして近くの川を見に行きました。

010_640x480畑。右は用水で、

橋に見えるのは赤穂線の線路

用水から水が溢れている

011_640x480013_640x480畑の北側の道路。その道路と並んで流れる倉安川が、所どころ溢れている。

田植えの終った稲は頭まで完全に水没、大丈夫だろうか?

百間川も砂川も初めて見るほどの水量で、その流れを見ると怖さを感じた。

サロンは取り止めに!  っと、2人ともそれがいい、そうしようと一度は言ったのだが、あれやこれやを考えると、来る、来ないは自己責任ということで

少人数でも来る人がいれば開くことにした。 20人集まった。

その時に、誰からともなく、「凄い音がしたね!」 と、あの不思議な音の事が話題にのぼった。

するとK先生が、総社のアルミ工場の爆発した音だと教えてくれたのだが、そんな30㌔?位離れた場所の音がぁ・・ぁ~  ホント?  信じられないけど?

でも時間的にはあっている。 その後新聞で見ると、岡山市内でも音や振動を感じたと出ていたから、やっぱりそうだったのかぁ~

近所だったら、どれほど大きな爆発音や爆風だっただろうかと思った。

アルミ工場に水が流れ込んで、化学反応が起ったという。

救助を待っている人が未だ残っているらしい。一刻も早い救助を願わずにはおれない。

緊急避難指示をうけて、服装、持ち物等々考えなければいけないことが見えてきた。 2年程前に、こういう時の為にと買ってあった長靴を初めて履いて畑に行ったのだが、ゴムが劣化していたらしく、水がじわ~っと、染みて来た。

直射日光に当てたことはないのに、夏の暑さなどで劣化したのだろうか?新しいのを買わなきゃ! 

2018年6月28日 (木)

しれとこ100平方運動

Img001_468x640暫らく前のことになりましたが今年も左の写真の

しれとこの森通信」が届きました。

森通信の大きな文字の下に、ごく小さな文字で「しれとこ100平方メートル運動40周年特別号」と書いてあります。

もう、そんなに長い時間が流れたのかと感慨深いものがあります。

又、下の方には森トラストの文字も。

40年近く前、トラストという未知の言葉に出合って、一体どういうことか解らなかった私でしたが、英国を発端とするナショナルトラスト運動なるものがおこり、市民がお金を出し合って土地を買い、自然を守ろう! と。

ごく簡単にいえば、こういう運動です。

日本では40年前に元朝日新聞論説委員の辰濃和男(たつのかずお)氏が、天声人語に初めて100平方メートル運動を紹介したそうです。

1977年(昭和52年)町長の提唱で「しれとこで夢を買いませんか」という運動が始まる。一口8千円で夢を買ってもらう。これによって土地が確保された

1997年からは「しれとこで夢を育てませんか」の運動がはじまり、これは今後もずっと続く運動で、一口5千円の寄金をあおいでいる。これによって 確保した運動地を原生林に戻すという仕事を進めている

我が家にこの小冊子が毎年届くのは、昭和52年末っ子(3人目)が生れたあと、さて、どのくらい経ってから? 今となっては すぐには思い出せないのだが、家族5人、全員の名前でしれとこに夢を買ったからです。

知床の近く、網走市には夫の大学の同級生がいて、訪ねて行ったり、岡山へ来られたり・・・年に何度か互いの地の産物を贈り合ったりさせてもらっています。

・・・が、トラスト運動の地には行ったことがありません。

ところが面白いことに 知り合いの方が

知床にいったら、○○さんの名前があったわよ!」 と、教えてくれました。

へえ・え~ 寄付をした人の名前が彫ってあるのか、書いてあるのか詳しくは分からないけれども、  今までに2人から聞いたことがある。

大勢の名前が書いてあるのだろうが、そういう時に 人は多分、自分と同じ県の所を見るのだろうなあ~ 自分達もそうするだろうと思うから。

例えに出すのはどうかと思うけれど、沖縄の平和のいしじを見た時に、私もそうした覚えがある。

2007年、エゾシカの個体数調整も止む無しと、方針変更に伴いようやく本来の森づくりのスタート地点に立ち戻った感があるとか、この冊子に書いてあった。

地道な作業だろうと、苦労の多いことは容易に想像がつきます。

私達の夢をのせて、一歩一歩より自然な姿へと変化していくことは何と楽しみなことでしょう!

2018年6月23日 (土)

沖縄慰霊の日 ・平和の詩「命よ響け」

今日は午前にブログ更新したけれど、

お昼にテレビをつけていたら「沖縄慰霊の日」で、式典の様子が流れていた。

平和の詩・・・沖縄県浦添市立港川中学校3年生の

        相良倫子さんの「生きる」を夫と二人で聞き、凄いね!! と感動。

ネットでも直ぐ見ることが出来たので、多くの方に見て頂ければと思う。

 こちら→毎日新聞 活字です。 

  *夜、再度見てみると、動画も見られるようになっていました。

原稿を読むのではなく、一人一人に語りかけるように話したことが、聞いている人にも感動を与えたようで、目をぬぐう姿があちらこちらで見受けられました。

2018年6月 8日 (金)

簡単、手間いらずの朝食

002_480x640小雨降るなか、畑の見周りを兼ね、少々収穫もしてきました。

ズッキーニの(写真には写ってないが)取り忘れで巨大なのがあった

← 朝食の用意ですが、いつものようにこの場に立ってから

「さ~て 今朝は何をたべよう?」

全く計画性も何もなく、だらしない私です。

取りあえず、サラダだ!

001_640x480ミックスリーフ(1つの袋に数種類のサラダ菜系種子が入っている)が沢山育ったので冷蔵庫に常備してある。

今朝収穫の胡瓜のぶつ切りに塩少々まぶしたもの

二十日大根の酢漬け(全体がピンク色になってしまってる)

スライスオニオン(新玉葱を薄くスライス、氷水に放った後水気を切って冷蔵庫保存で数日OK)

青じそ(今朝、数枚取って帰っていたので)

ズッキーニの花(初めて食べてみることにした)

  *昨日BSで、モナコ公国のテレビを見た。アルベール2世大公(グレースケリーの息子)に仕える総料理長(珍しい食材を求めて奔走している様子)がこれを使っていた。

珍しい食材と言えるかどうか?だが(南瓜の花と同じにみえる)・・・ 手近にあったので。

以上を器に盛る。  さて、ドレッシングをどうする?

生憎、美味しいドレッシングを切らしていたので、即席で↓のようなのを作ってみた。

ヨーグルト(自家製)にカッテージチーズスライスオニオンの甘酢漬け甘酢も少々入れる)二十日大根を漬けている甘酢 、、、これらを混ぜてドレッシングとした。

まろやかで、案外美味しかった。

後は太いソーセージ(福留ハム)を茹でたのと、昨日焼いた全粒粉入り食パン

などで、簡単な朝食となった。

今日のお昼は、友人と(主人も一緒)チョッと良い感じのカレー屋さんに行く。

だから、朝はこれくらいでいいかな?

冷蔵庫に直ぐ食べられる状態に洗った野菜や、数種類の甘酢漬け、じゃが芋と人参(皮付き)とかを蒸したもの、塩もみした千切りキャベツなど、数日保存の効く物や、甘酢漬けの様に長く保存の効くものなどが、あれば、それほど慌てることなく、食事の支度ができる。

こういうことは、訪問させて頂いている、何人かのブログ友さん達から学ばせて頂いた知恵です。 凄く有り難いと思っています。

2018年5月16日 (水)

熊山英国庭園へ

娘が6日間ほど帰省中です(今までは仕事の関係で1泊しか出来なかった)

天気も良いし、バラの季節だから丁度良い!

車で30分余り、熊山英国庭園→こちらへ行ってみました。

バラは少し早い?  パーゴラに絡まったツルバラはほとんど蕾でした。

001_480x640002_640x480

でもね、ここはバラだけでなく、庭園として多種の草花があるので散策が楽しいんです!  

娘いわく、「広過ぎないのがいいね!」 

ほんと、そうなんです!  疲れない。 カフェもあるので途中で一服も可能。

003_640x480大好きなところです。 でも訪れるのは、年に1回位のものですが・・・

睡蓮が澄んだ空気の中、朝の光を受けて、綺麗です。

あっ!  あのバラは・・・アンネのバラのようだ!

005_496x640表にまわってみると・・・やはりそうです!

私の朝のウォーキングで通り過ぎる教会の庭に、ちょうど今咲いている花です。

004_640x468バラも多種多様な苗が売られていますが、

私の心の中で、いいなあ~ と思っているバラの一つですhappy01

バックヤードで、花の苗を売っていて、バラは買えなかったけれど、ニューカラ―という、赤茶色のマリーゴールドやラベンダーとか花の苗をいくつか買って帰りました。

2018年5月 7日 (月)

コクリコ・・・ひなげし

ある人々にとっては、長い長~い 大型連休が昨日で終わった。

毎日サンデーの私達は、その間 息をひそめる様な思いで過ごした。

畑仕事に多くの時間と体力を使い、家に帰れば帰ったで、庭仕事も切りが無い。 嫌いではないし、どちらかと云えば 好き! 

でも体力の衰えを 嫌というほど実感した時でもある。

Img003_450x640 ~~~~~~~~~

絵が描けなくなった。 時間がない? のではなく

描きたい気持ちがゼロになったわけでもなく、

一度スケッチブックを広げて、描きはじめてみたが、

集中力が欠けたのかな? 元々 技術が無いのは分かり切ったことなんだけど、楽しみに少し・・・描いていたのがさっぱり駄目になってしまった。

ボランティアで患者さんと一緒に描く葉書絵なら、描けるので、一番小さいスケッチブックに今朝、久しぶりに描いたのがこれ。

先日来、コクリコという言葉が心に引っかかっていて、描いてみたかったから。

繁殖力旺盛で、庭で見つけたら1本残さず抜く花だけど、花は可愛いね~

ひなげし とか、ポピーと云うのが一般的だけど、

与謝野晶子がパリに着き、愛しい与謝野鉄幹に会って詠んだのがこれだという。

「ああ皐月 仏蘭西の野は火の色す 君のコクリコ われもコクリコ」

フランスの野一面がコクリコで真っ赤に燃えるようだったらしい。それを自分と夫の燃える思いに重ねたのですね。

*コクリコは難しい漢字で、出てこないのでカタカナで失礼します。

朝から雨です。畑仕事も庭仕事も、今日はしません。

2018年4月29日 (日)

プレゼント!

庭仕事をしていると、郵便屋さんが

「こんにちは!」と声をかけて来た。 

・・・と云うことはサインか印鑑が必要なんだな

胸からボールペンを抜き取って渡してくれた

家に入らずに用が済んで助かった

見れば、ブログ友のSさんからだ。

・・・えっ!  何だろう? この時期に・・・

取りあえず玄関に置き、庭仕事を一段落させる

改まって封を切ると

手紙と、手編みのストールが出てきた!

昨年、岡山でお会いした時のお礼らしい。

このところ、暑い日もあるが、ひんやりと肌寒い日もあり

1842_611x640早速、それを巻いて写真をとった。

普段着の服装のままで恥かしいが、

Sさんへのお礼状に同封しようと思って。。。

Sさん、ありがとうございました。

満開のモッコウバラの前で。

2018年4月27日 (金)

移りゆく春を楽しむのも忙しい

気温の変化がめまぐるしいなか、花達が次から次へとバトンタッチしながら

楽しませてくれます。 そんな中、おもてなし上手のKさんから電話。

「ツツジが見頃になりましたのでどうぞ観にお越し下さい」と。

Kさんのお宅は車で5分余りの近さです。

作りたいと思っていた春の散らし寿司をつくってお持ちしました。

Kさんの奥様は、とてもお料理上手で何度ももてなしを受けている。

私の料理は自信がなくて、どうかなあ~?  味よりも心・・・かな?

と、開き直りも良いところですが、我が家の筍、蕗、エンドウなどを使ったお寿司を手土産にお邪魔しました。 ご主人さまが庭に水を打って用意万端、待っていて下さいました。

新緑のなかにツツジが映えますねぇ~!

005_640x480楽しい幸せな時間を過ごしました。 お庭に植えてあるタラの芽を幾つか頂いて帰り、我が家のネギ坊主と共に天ぷらです。ネギ坊主の天ぷらは初めてで、少し不安。

坊主の下5センチくらいをつけたまま(写真のように)天ぷらの衣をくぐらせて揚げます。 抵抗なく、美味しく食べられましたよ。坊主の薄皮が弾けた位がよいのだと聞きました。

散らし寿司、今回は多めに作って、あの方や、この方や、、、差し上げたい方が頭に浮かびます。前日に準備出来るものは準備をしておきました。 緊張していたのか4時前に目が覚め、早くから取り掛かり、早く出来あがりました。 お招きを受けたKさんには勿論、ご近所の80代のご夫婦(以前は車であちこちへ連れて行って頂きました)。とてもお世話になった先輩(故人)の奥様、ちょうど訊ねて来ることが分かっていた後輩にも。

出来栄えに自信の持てないお寿司でしたが、いわば押し付け。

でもね、食べた後に、「とっても美味しかった!」と電話を下さったりしてね、それが嬉しいったらないですよね!  また 作りたいな! なんて思えたりしてね。

006_480x640 ~~~~~~~~~~~~

我が家のシンボルツリーのナンジャモンジャが見頃になってきました。雪がうっすらと積もったような雰囲気です。

007_480x640009_480x640明日から大型連休のはじまりですが、我々には変わりない時間が流れることでしょう。 

間違っても遠出をしようなんて思わないことですね。

2018年4月19日 (木)

竹藪を荒らしたのは?

この前のブログ記事の続きになります。

コメントを頂き、竹藪を荒らして、筍を無断でとった(ドロボー)がイノシシであっても、はたまた頭の黒い・・・であっても、鉢合せの危険を避けるために、鈴をつけて行くか、ラジオを鳴らしながら行くのが良い。とアドバイスを頂いたので、ラジオを持って行きました。

竹藪は山道を5分かそこら登ったところにあります。

いよいよ、山道にかかるところに軽トラが停まってる! 朝、6時過ぎのこと。

夫「ラジオを消して!」と言い残し、どんどん早足で行きました。

私、少し遅れ気味。

あっ!

我が家の竹藪の直ぐ前の道で、夫と、同年輩の男性が!

その男性  「○○」と名乗り、「昔はこの辺りに住んでいたし、この上の方にも我が家の藪がある」

       こちらも名乗ったものの、そんな家はしらんなあ~ という雰囲気。

手には、鍬と、肥料を入れる様な大きいビニール袋。その袋には半分くらい筍が入っている感じ。

あちらさんは、強気のもの云いながら、一刻も早くこの場を立ち去りたい雰囲気に溢れている。

普段、厳しいものの言い方をする夫にしては、何だか大人しいもの言いだったが。。。

イノシシだとお手上げだけど、頭の黒い方で・・・良かったのかなあ~~?

いずれにしても、同じ時間帯にはもう来ないんじゃないかと・・・夫。

今年は筍は不作かな?  

山に入って筍掘り(先日)。 今朝は畑で、蕗を収穫して・・・キャラブキにでもしようか? と。

ところが、朝食の頃から体がだるい。

手足に違和感あり。  寒い。

熱がでてきて、大半をベッドでウトウトして過ごしてしまった。

何だかこんなこと、久しぶりだが、疲れが出たみたい。

今、夕方5時過ぎだけど、かなり、体はしゃんとして来て、よかった!

先日、茹で筍を差し上げたKさんが、筍ご飯にして今日のお昼に持ってきてくれたので、今夜はこれと、あり合わせの物で夕飯にしようと思ってる。

021_800x600006_800x600640x480

Kさんのお庭、すごく広いですよ。 ブルーベリーの花

より以前の記事一覧