ニュース

2016年4月18日 (月)

夢の会話プロジェクト外来・・・人工舌

先日のテレビで偶然目にしたのです。

これは凄い!   凄いなあ~ 

地元、岡山大学病院に昨年開設された、その名も

「夢の会話プロジェクト外来」のことで  人工舌のことです

代表を務めるのが 小崎健一教授(口腔外科医・歯科医)ですが、

ご自身が舌癌に罹り、舌の大部分を失いました。 

それにより、会話が通じなくなりました。

どうしても自分の声で会話をしたい!

その並々ならぬ熱意が ・・・ 

小崎教授の体験と専門知識を元に、岡山大学の医科、歯科の連携した研究チームが開発を進め、人工舌が出来あがりました。

世界初の人工舌装置が実現し、全国、いえ、外国からの患者さんも来られているそうです。

小崎先生は癌があちこちと転移し、余命もあまり残されていないかもしれないという状況の中で、今も熱心にさらなる研究を進めていらっしゃるそうです。

岡山大学人工舌「夢の会話プロジェクト」はこちら

小崎健一教授については こちら ← この中の[ひとこと]欄で、

『歯科医師・癌研究者・癌患者の3つを合わせ持つ者にしか出来ないことに身体が許す限り力を尽くしたい』 と言われています。

                  頭が下がります

2010年10月13日 (水)

記念すべきニュース

Img_6420 今日は朝からニュースが気にかかった。

チリの落盤事故で、地底に閉じ込められた作業員33名の救出が

日本時間の朝8時過ぎから始まるかもしれないというので。。。

ロケットの模型のようなカプセル・・・チリの国旗の色に合わせて塗ってある。

そのカプセルで最初の作業員が救出されたのが12時をまわったころだった。

Img_6427

はじめは元気で、落ち着いた若い人ということらしい。

クロレンチオ・アバロスさんと聞こえたが・・

← 彼の息子は父の姿を待ちかねて

喜びが涙となって溢れる!!

嬉しい感動の瞬間が。。。

長い日々の苦難を越えて

たった今

ここにやって来たのだ!

↓ この人が、坊やのお父さん。おめでとう!

Img_6426

周りの人達も喜びの涙。 

それをテレビで見ている私も胸がジーンと熱くなった。

ピニェラ大統領も最高に良いお顔をしていらっしゃること!

苦難、試練の時を、心一つにして祈り、耐え、そして今それらが報われる時がきた。

救助は始まったばかり・・・48時間程続くだろうということだが・・・

最後の方まで、無事に救助されることを信じて

早いけれど・・・おめでとうを言いたい!

2010年10月11日 (月)

また・・・雑感

連休だというのに。。。

気持ち良い気候だというのに。。。

  行楽・・・もしなくて 

特別なことは、な~んにも無い1日をすごした。

でも、朝のテレビから流れてきたニュース・・・shine

チリの落盤事故(8月5日)の・・・救出のための穴が1本下まで届いたscissors

    やった~

最初の予定では 3カ月もかかると聞いて、

何か絶望感みたいなものを感じてしまった私。

それが

3カ月までかからないで、数日後には救出できそうだという。

地下に閉じ込められている33人

地上で待つ家族

1日・1日がどんなに長く感じたことかと。。。その苦しみは

私などには計り知れないものだが、

今、光がさして。。。大きな喜びが。。。

その喜びの欠片を私も貰ったような気がした。

           *

もう一つのニュース

これも海外のニュースなので日本ではあまり詳しく報道されていないように感じるけれど

ハンガリーのことだ。

汚染物質が工場の貯水池から流出し、それが 。。。

あの、ドナウ川にも流れ込んだ というニュースが

私の胸にチクッと刺さった。

ハンガリー。。。  一昨年2日程、観光したあの国!

ハンガリー史上最悪の環境災害だとオルバン首相の話。

こちらは、また胸の痛むニュース

ハンガリー西部にあるアルミナ(アルミニウムの原料)工場の大型貯水池の堤防が決壊し、

有毒泥土が流出した事故。死者が7人出ている。泥土はドナウにも流れ込んだ。

Img_6386

ドナウ川はヨーロッパ10カ国にわたって流れていて、

私達はウインナワルツのあの曲としてなじみ深いですね。

きれいな水が・・・・と、思ったらそれは違っていて、何色とは云えない、透明感のない濁った水だったことを今思い出しています。

Img_6387