« 秋晴れなのに・・・心が淋しい | トップページ | テレビ番組、日曜美術館 »

2020年11月28日 (土)

嬉しかったこと

コロナ感染が拡がっていて、怖さが付きまといます。

そんな昨今ですが、今日は嬉しいことがありました。

Photo_20201128162401

今朝、同級生の友人から封書で 絵本が届きました。

厚みが 薄く、チョッと見では絵本と思わないくらいです。

・・・が、

題名 「とりになりたかった こぐまのはなし」の下に

書かれている 訳者名が 友人の名前です!

 

彼女は結婚以前より 自宅の一室で 「こども文庫」を

開いていました。 今は、その活動がどの様な形で続いているのか

詳しくは分かりませんが・・・

遂に!  って、感じです。

 

お話も素敵、絵も温かみがあってとっても良い感じ

 

クマは鳥になろうと一生懸命 工夫をかさねるのです

でも、やっぱりクマでいるほうが ずっと素敵な事に

気づくのですよ。

  **************

月刊予約絵本「こどものとも」通巻778号

「鳥になりたかったこぐまのはなし」

アデール・ド・レェーエフ 作

中尾 幸 訳

アヤ井アキコ 絵

  ****************

 

友人は 「一生に一度の絵本」だと同封の手紙に書いてましたが、

この絵本に関わった方達数人が、偶然にも私たちが学んだ

学校に関係のある人だったことにビックリしたとも書いてました。

そんな事ってあるのですね。

 

« 秋晴れなのに・・・心が淋しい | トップページ | テレビ番組、日曜美術館 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

心温まるお話に感動しました。
tomoko様は多くの素敵なお友達を
お持ちですが、何より貴女の心が
美しく綺麗で純だからでしょうね。
大切になさって下さい。

おばさん様

コメントが送れなくなってる😢

おばさん様

 ↑のコメント、お試しで送信クリックしたら今度は送信できちゃった!
さっきまで、送信が出来なくて困ってたのに。

友人の活躍で私まで嬉しい、うれしい!
今度、この絵本贈らせてくださいね。

こんにちは!
まぁ!すてきな絵本ですね。
福音館書店の絵本はお気に入り、さっそく検索しなくては。
訳者の方は岡山在住ですか?

本好きのkokoさまには是非、読んで頂きたいと思っていますよ。
中学からの同級生ですが、奈良に住まわれています。
ご実家での文庫活動が今年50年を越えたそうですよ。
驚きでしょ!  伊藤忠記念財団・子供文庫功労賞を2016年に
受賞。現在は語り手、お話の講師としても活動されているそうです。

もし、ご迷惑でなければ絵本1冊(数冊でも可)お送りしましょうか?
私ね、彼女へのお祝いに代えて絵本を23冊も買わせて
頂き、それが届いたばかりどなたにお渡ししようかな~と?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋晴れなのに・・・心が淋しい | トップページ | テレビ番組、日曜美術館 »