« 絵本に学ぶ | トップページ | 喪中につき。。。 »

2020年11月 2日 (月)

牛窓は日本のエーゲ海っていわれています

先日、ドライブがてら牛窓へ行きました。 

我が家から40分くらいかな?  交通量が少くて行きやすい。

それでもって、町のというか自然の風景が変化に富んでる。

だから、手軽に気分転換ができるのですよ。

オリーブ園が小高い丘の上にあります。そこから見る瀬戸内海の風景は素晴らしいですよ!

この時は写真を撮ることなど、すっかり頭から飛んでいまして・・・

あれが小豆島、あれが~豊島(てしま)かな? 。。。などと

  

オリーブの苗木や、オリーブ油などを売る店。お土産品を売る小さい店舗、コーヒーショップなどがありますが、

私たちは、時々行きますから、お手洗いを使わせていただいた他には

唯、風景をたのしむばかりでした。

 

キャベツ畑を横目に見ながら、下の古くからの通りへと降りて行き、

そこでお気に入りの小さなカフェでランチとしました。

Burogu-1

古い町並みの中にある、古い建物。最小限の手を加えただけ・・・のような

小さなカフェです。 若くて優しい雰囲気のお兄ちゃんと、お姉さん(奥様かどうかはまだ?です)の

お二人でされています。と言っても オープンしてるのは週の後半、金・土・日のみ

 

後の日は、牛窓の直ぐ前の小さな島でレモンづくりをされてるそうです。

上の写真は、この日私が注文したキッシュのランチ。

サラダのマッシュルームが見るからに新鮮!

直ぐ近くに、マッシュルームを生産しているミツクラ農林さんがありますからね。

パキパキで美味しいですよ!

 

夫はカレーライス。 鉄のフライパンで出てきましたよ!

ジュ~ジュ~ で、これも美味しかったそうです。

食後には、勿論レモネードをいただきました!

 

幸せな半日💓

秋晴れの日にはどこか行ってみたくなりますね。

*******************

トルコの地震のニュースには驚きました。

イズミル・・・10年ほど以前に訪れた地でしたから気になります。

トルコはとても親日国ですから力になれることを祈っています。

« 絵本に学ぶ | トップページ | 喪中につき。。。 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

遠くにお出かけせずとも、近場で楽しむ術って
一杯ありますよね。
確かに牛窓は日本のエーゲ海って、読んだこと
ありますが、瀬戸内海が見えると故郷やご両親のこと
思い出され、懐かしさもひとしおなんでしょうね。

我が老夫婦も交通量の少ない平日を選んで、お出かけです。


おばさん様、こんにちは!

お出かけはしたい!! でも、でも・・・っと
怖さの方が先に立ちます。 多分、私年代の方はそうなんだろうと思います。ハロウィンの映像をみると信じられないものがありましたが、
身近なところで、静かに気分転換をしましょうよね!

この年齢になって、両親の事が色々思われます。
今、あれも、これも・・・訊ねてみたいことがでてくるの。

秋の光の耀きが目に浮かびます。
そちらもレモンですね。
瀬戸内海にレモンは似合いますね。
良い気分転換でいいですねぇ!

kokoさん、こんばんは!

 今の時期、長く伸びる光線が植物にチラチラして、
とても美しく、気持ちを明るくしてくれます。
瀬戸内にはホントにレモンがよく似合うと思います!
気分転換も大事ですよね。じっと閉じこもっていると
気分が暗くなりますもの。

くちこも、以前、二度行ったかしら?
景色が綺麗でした。
小豆島を眺めながら丘のような所を歩いたと思います。
CAFE良いですね。
やはり、外出して、外の景色を愛でて、空気を吸って、美味しいものを食べる、大事だなあ、と。

くちかずこ様

 あら! 牛窓にいらしたことがおありでしたか!
歩かれた丘のような所から、海側とは反対の方を見下ろすと、以前は塩田跡地が広がっていたのですが、近年は其処が、太陽光のパネルで一面覆われてしまっています。まるでパネルの海なんですよ。
瀬戸内市の市長さんは思い切ったことをされる方です。
牛窓は隠れた観光地で、人が数ないのが嬉しいんです。

♬~おはようございます~♬
お久しぶりです。
牛窓ってとってもいいところなんですね。
岡山のブロ友さんから聞いたことがあります。
ネットで写真を見てきましたが本当に素敵なところですね。
tomokoさんのランチ 私が昨日いただいたのとよく似ています。
素敵な景色と おいしいものは幸せを呼びますね。

もかさん、こんにちは!

訪問そしてコメントまで頂いて、嬉しかったです!
牛窓は、近いということもあって、気分転換したい時に、
チョコチョコ行く場所なんですよ。風景が良いし、人は数ない。
私などの高齢者年代の物には、ほっと出来る場所です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 絵本に学ぶ | トップページ | 喪中につき。。。 »