« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月25日 (金)

読書から思い出がひきだされ 感謝です

私、本を読みたい気持ちはあるのですが、なにしろスピードがない。

長く続かない。。。

そんなわけで、この1冊読むのにも長~~くかかりました。

5

見ての通り(汚れがある)いつの本? って思いますよね。

紙は色やけしてるし、字の小さいこと!

ヘルマン・ヘッセ

名前はよ~く知っていますが 読んだと記憶してるのは3冊だけ?

難しそうなイメージ

ところが意外にも読みやすいというのか、

植物などに対する目線が 細やかで愛情がある?

その部分に救われながら読めたと思います。

 

この本に出てくる主人公(ヘッセ自身がモデルらしい)が

神学校に良い成績で合格し、入学。 寮に入るのです。

その時の様子が、まあ何といえばいいでしょう。そうだ、そうだ。解かるわかる。。。

そんな思いをいだかせるように書かれています。それが私には興味深かったです。

 

私も、中学から親元を離れて寮に入ったものですから

初めて寮に入った時のこと、すっかり忘れていましたが、

この本のおかげで、幾つかの事を鮮明に思い出しました。

 

昭和32年? まだまだ戦後といってもよかったのかなあ~~。 子供の私は、そんなことは何も思うことなく、

何せ、四国の田舎町でのほほほ~んと日々を過ごして、成長していたわけです。

 

東京の学校に入学するに際しては、きっと、細かいあれこれを指示する書類も届いてたはずですよね。

準備するものも色々あったはずですが、そんなことはすっかり頭から抜け落ちてしまいました。

 

制服ではないけれど・・・何かの式の時には・・紺のスーツが望ましい。とあったんだろうと思います。

でも私は紺のスーツを用意してもらえなかった。

考えてみてください。 今でこそ既製品の服が簡単に手に入りますけど、あの時代、仕立てて貰わないと子供用のスーツなどありませんでしたよ。

ましてや、田舎町です。スーツは仕立てて貰ったのですが、紺ではなくて。。。

でも、何だろう? 特に嫌だとか、恥ずかしいだとか。。。

そういう感情を抱くこともなかったようで・・・その記憶がありません。

 

流石に、東京の方(他の方も)ほとんどの方は紺のスーツで写真に納まっています。

それと、もう一つ、私は革靴も用意できなくて、薄いグリーン系の、今で言えばビニール靴だったわ。

 

でも、そういうことの不満を親に言うこともなく・・・

ボーっとしてたのか? それとも新しい環境に放り込まれて、それどころじゃなかったのかな?

ド田舎育ちですが東京で中学生となりました。

何故? 東京の?

そこは。。。それ

親の考えですわね。私はぼ~とした子供でしたもの。

 

もう、60年以上昔のことになりました。 それなのに私、いろんな事柄を

自分中心にしか考えてなかったことに今頃、気付きました!

 

両親は、どんな気持ちで、私の入学の準備をしてくれたのだろう?

今とは時代が全く違います。

寮で過ごした、8年間というもの、手紙は毎日のように書きましたが

電話をすることは一度もありませんでしたし、掛かってくることもなかったです。

 

差し入れも、私の場合ありませんでしたね。

会いに来てくれることもなかった。一度も。

多少、寂しく思ったことはありましたが、田舎町の開業医の父。母も入院患者さんのお世話(食事づくり)で日々、忙しかっただろうと思います。

だから、入学式のあと、次に学校へ来てくれたのは卒業式でした。

春、夏、冬の休暇には勿論、飛んで帰省しましたが。。。

 

ぼんやりとした、田舎育ちの子供が、よくぞ今日まで無事に生きてこられたものです。

両親の苦労に感謝の思いがあふれてきます。本当に有難うございました。

お陰様で、tomokoは何とか無事に生きてこられました。

 

この感謝の気持ちは、学校に対しても同じ思いです。

あの学校で、私はわたしになれたのだと思います。

創立100年だそうです。 次の更なる100年に向かって。。。

寄付をいってきましたので、早速、今日感謝を込めて 送金してきました。

 

なんだか、とりとめなく書いてしまいました。

 

 

2020年9月23日 (水)

秋到来。りんごのケーキ焼きました

 

この夏の猛暑で、私はもう駄目になったかと感じていたんですが

秋風と、秋の高い空に背中をおしてもらって

少しずつですが、元気がもどってきています

 

Photo_20200923183301

 

秋が来ると作りたくなるものの一つが、りんごのケーキです。

アプフェルクーヘンと申します・・・りんごのケーキですよね。

差し上げる予定があり、我が家用と、味きき用の小さいのと焼きました。

 

お菓子作りには 紅玉りんごが。。。って言いますが

生憎、それは見つからなく・・・見た目が似ていたので

「恋空」という、初めて出会ったりんごで作ってみましたよ。

 

レシピはいつも通り、違ったのはバターの一部に発酵バターを少量つかったところだけ。

 

何がよかったのか、はてなマーク?? ですが

とってもおいしいケーキでした💖

 

あのね、

差し上げる先なんだけど、市場の青果屋さんで

ここの後継ぎさんで、若いママさんなの。

いつも私のケーキをとても喜んで下さるので、手ぶらではいけなくなっちゃってね💦

果物の専門卸屋さんでしょ! 

いくらでも高級な果物があるところへ

私はスーパーで買う安い果物を使ったケーキ。。。

なんだか滑稽でしょ!

私、自分でもとても変な気持ちなんだけど。。。

ま・ いいよね! 

2020年9月21日 (月)

あぁぁ 遂にこの日を迎えたのね! 敬老の日

なんだか 随分と日の出が遅くなってきました。

そして、 私も人間という動物だから??

目覚めるのも 自然 遅くなる日が多いです。

いわゆる 日の出とともに って感覚ですね。

Photo_20200921135301

今朝のウォーキングの時に、ヒガンバナが咲いているのを見つけましたよ。

この写真は過去のものです。

 

 

コロナ怖くて、高齢者夫婦はホントにもう・・・

遊びに出かけることがありません😢

 

ということは、 

今日が 何日で、 何曜日で、、、

そういうことが、ほとんど関係のない暮らしなんですよ。

老化も ボケも 進むはずだわ! 

 

でも、今日は敬老の日ってことは、しっかり覚えてました。

夫がね、この8月で 80歳になりまして。。。

町内会から、お祝いをいただける年齢の仲間入りをしました( ^)o(^ )

今か今かと 待ちわびておりましたら。。。

町内会長さんが 届けてくださいました~ 

Photo_20200921135201

何もしなくても、

食い意地だけは・・・ありまして

 

コロナ太りですけれど、やっぱり嬉しいものですね。

  私が頂いたわけじゃありませんけど

其処はそれ、一心同体とかいう言葉もございますでしょ?

 

早く お茶の時間がこないかな~~ っと

待っておる次第でございます。☕

 

🍀 🍀  🍀🍀🍀  🍀🍀🍀  🍀 🍀

 

今日は気温こそ少し高めですけれど

カラッとして とても気持ちよい天候です。

夏の間中 手を掛けられなかった庭でしたが

剪定したり、抜いたり・・・

庭仕事を はじめて見ました。

 

さ~て、 

どれを残すか?  どれを抜くか?

 

難しい 選択をせまられています。 

2020年9月 9日 (水)

喜ばしいこと 嬉しいこと

最近、芸術部門の世界的コンクールで日本人の活躍が目立つような気がしません?

つい先日、テレビを通じて あっ!! と驚いたのですよ。

Photo_20200909142601

 若い音楽家の登竜門ともいえるコンクールだそうです。

ヨハネス ブラームス国際コンクール

その、声楽部門で優勝した森野さん。

   え===っ!

我が家の子供たちも卒業した高校の後輩ですし、

何より 声楽家でもあるお父上は、その高校の音楽教師。

我が息子の担任でもありました。

身近な存在すぎて、驚きが大きかったですよ(笑

この時には知らなかったのですが、

このコンクールの時に ピアノ伴奏をした男性は

森野さんと同じ高校で しかも同級生だって。

そして彼も 伴奏者としての最高賞を貰ったそうです。

Photo_20200909142602

立派な賞をもらう方が、こんなに身近にいらしたとは。。。

我がことのような? 否そんなことは思わないまでも

地域をあげての 喜ばしい出来事でした。

これから 益々のご活躍を楽しみにしていますよ~~

 

  *****************

次は ぐっと身近な個人的な事で。。。

今日ね、チョッと買い物があって デパートへ go !

買い物たって、最近は食料品ばかりで、地下の売り場でね

通りすがりに 目に入ったんですよ!

Photo_20200909142603

玉椿  姫路の銘菓。

私自身は このお菓子に個人的な思い出などはありませんが

母がね、 いつの頃の話か分からないものの

「 あれは 美味しいねぇ~ 」て、言ったことが忘れられなくて

躊躇なく、手が伸びてしまいました(笑

 

Photo_20200909142604

 白あんを薄桃色の餅(求肥でしょうね)で包んでいます。

Photo_20200909142605

最近も、高齢者の爺婆はステイホームで お籠りですから

刺激がないですね~~

そうすると、昔のことが ふっと思いだされるんですよ。

普段 気にもかけない、忘れていたようなことが。

   つかの間 

母の思い出にひたりながら・・・

お茶の時間といたしましょうか。

 

 

 

 

 

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »