« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月30日 (月)

3月30日 漢字

Photo_20200330170501

数年前のアルバムから桜

コロナウィルス…全世界の人々の願いや努力も空しく… 感染者数がぐ~んと増えている。

この先は闇のように感じられて 怖い!

桜ももうすぐ見ごろだというのに、これといった用事のない我々爺婆は

大人しく、ひっそりと、まるで息をひそめて暮らすしかない。

気分が重いが時間はある

台所の床を丁寧に拭いてみた

断捨離と称して、多すぎる寝具(毛布類)を整理した

普段なかなか読めない本を読んだり・・・時間がゆっくり過ぎてゆく。

夫が図書館で借りてきた本。夫の読み終わるのを待って私が読み始めた。

深海の寓話   森村誠一著

今日は音読してみた。 黙読で筋だけを追って読むのと違い

風景描写や 心の動きなどが生き生きと感じられる。

 

私は日本人として日本に生まれ育って、良かったと思うことの一つに

漢字の文化があること

現代は字を書くことがめっきり少なくなり

いざ、字を書こうと思っても書けない漢字ばかりで恥ずかしい。

 

今日、本の中で出会った漢字

   うごめく ≫ 

今の季節にピッタリ!  庭仕事や畑仕事をしていると、うごめく虫に出会うことが多い。

春に虫が二つ で うごめく → 蠢く

2020年3月25日 (水)

みんな、どうしてるゥー?

Photo_20200325075301

貝母(ばいも)です。 

地味な花ですが、面白いっていうか、不思議っていうか?

実家の母も育てていたから、母を思い出す大切な花です。

葉先がツル状になって、互いに絡み合っているでしょ!

 

コロナウィルスがますます拡大してきているようで

外出は極力控え、家に閉じこもっていると気分が滅入ってきます。

簡単な春色のちらし寿司をつくりました。

ご飯に混ぜこんだのは ゴボー、人参、高野豆腐、アナゴ、桜エビ

上に飾ったのは そら豆、スナップエンドウ、アスパラガスの茹でたものと

スライスしただけの生の紅芯大根と、酢漬けにしてあった同じく紅芯大根を桜の花びら型で抜いて

花吹雪みたいに散らした。芽をだしたばかりの山椒も多めに散らす。

それだけの簡単ちらし寿司だけど

春らしさが感じられる!

 

最近、友達になった年下のYさんにおすそ分け。

私の「妹になってあげる」って言ってくれた人だから。

 

それから、ボランティアを長年一緒にしてきたSさんへも。

Sさんに、携帯が繋がらなくて「只今、電源が入っていないか電波の届かない。。。。」とメッセージが流れる。

昼前も午後からも。Sさん昨年秋にご近所へ越してこられたお1人暮らし。

何かあったら大変と、ウォーキングを兼ねて様子見に行った。

ピンポ~ン♪ 「はーい!」  いるいる!良かった~

携帯、勝手に圏外となっていたらしい。固定電話がないしどうしたらいい?と尋ねられ、私も知識がないが取り敢えず一度電源を切って、入れなおしてみる。これを2度繰り返し、圏外表示が消えた。あ~良かった!

お寿司の効用だったかな?

人と繋がってるって、大事な事だな~と改めて思った日。

 

2020年3月22日 (日)

なんか 可笑しいんじゃない?

我が家の畑は車で5分ほど離れたところにある。

其処はかつて、夫の生まれ育った家があった所。

空き家になり、15年位前かな~~無人の家にドロボーが入り、

盗るに値するものは無かったと思うが、煙草を吸った形跡あり。

もしも火が出たら大変!  取壊し空き地となった。

隣接する畑は、そのころから自家用の畑だったようで、姑も少しだけ

野菜を作っていました。 私たちの代になり・・・

夫が自営の仕事を退職し・・・二人で楽しんで? 

とは言い切れないが、頑張って畑をしている。

家を取り壊した空き地には、庭に植えきれない花を植えているが、

半分以上のスペースは駐車場のような空き地のまま。

説明が長ったらしくなっちゃうけど

その空き地の隣のとなり(2つ隣ね)に消防団の車庫がある。

時々、無断で消防団の人が車を置くことが今までもありました。

普段は誰もいないのだから、1台か2台置いてもまあ…仕方ないかな

な~んて ね。

でもね、私たちがその場に出会ったら(畑仕事にいったらってことね)

姿がすぐ見えるわけだから「すみません、置かしてもらってます」くらいの

挨拶はあってもいいのに~~~ って、私は思うわけ。

夫は「まあ、それはそうだけど… いいじゃないか」と。

あまり嫌味は言いたくないらしい。

夫も高校くらいまでは其処で暮らしていたから、全くのよそ者っていう感覚じゃないのよ。

今朝ね、 9時ごろチョット用があって二人で畑へいってみると、

何と何と!!   消防団の車庫の片づけに大勢きてる。

車が9台ほども 駐車してる(我が家の空きスペースに)!

まだ、2台か3台くらいのスペースはあるけど、

こんなに置くんだったら、前もって一言断りの電話とかしてもいいんじゃないの!?

・・・って、いうか、私的には するべき! って言いたかったわ。

私たちが畑に行ったことは、きっと誰か気づいてたはずなのに~~

消防団といえばさ、それなりの年齢だし、立場のある人たちじゃないですか。

まったく!!    少々? いや 大分頭に来たわ!!

ここで うっぷんを晴らしをさせてもらって…

気分直しに 花の写真でも載せておきます。

黄色い花は元気がでるわね(姫リュウキンカ)

Photo_20200322150602

ムスカリ 庭のあちこちに増えてきた 可愛い!

Photo_20200322150501

 

2020年3月16日 (月)

3月15日 朝餉の会

ぎりぎりまで迷った~~ 

「しようよ!」 

「楽しいことが何にもなくなっている今だから、、、せめて」

二人でそう言いながら。。。朝餉の会を開くかどうか気持ちが大きく揺れていました。

開くことにほぼ決定か? って思っていると

  テレビでは

このウイルスを軽く見てはならない! 

侮ってはいけない!という趣旨の発言が

権威ある科学者の方よりあり・・・・・

またまた、二人で迷う。

堂々巡りの末。。。

開くことに決定!  

ただし・・・参加は各自の意思にまかせる・・・としました。

多くても11人程度ですが、今回は風邪ひきの方が不参加で7名でした。

準備の時間が少なかったこともあり、簡単なメニューで

場所も、我が家のリビングダイニング。

写真はいつものごとく撮り忘れましたが(残りの卵サンドだけ)

Photo_20200316101501

卵サンド、初めてだったので1回練習。

和風のだし巻き卵の材料で、巻かずに流し込んで焼いただけ。

パンには辛子マヨネーズを塗って。

出汁は茅乃舎だしの濃いめに取ったお出汁を使った。

それにみりんと薄口を少々。それだけですが私的には美味しいと思った。

残らなかったので、ここに写真が載せられないけれど、

あんバターサンドも作ってみた。

巷で人気? それもフランスパンのが・・・かな?

市販の粒あんをいきなり食パンにぬり、そこへ

バター(なるべく美味しいバターがおすすめです、当然ながら)

塗るのじゃなく薄切りにして挟む。 

バターの味が美味しさを引き立ててくれると思う。

一口食べて。。。「おいしい!!」って言った人があった。

「先に食べちゃったわ~~残念」と言う人

「美味しいものは後に残しておくのよ!」という人あり。

色々、たわいないお喋りが途切れなく続きます。

我が家のリビングなのでテレビもあります。

音楽好きの皆さんで、”らららクラシック”の録画から

「ダニーボーイ」や、チェロの演奏などを楽しんだりした。

小林研一郎(指揮者)さんの言葉の入ったものが心に沁みます

お父様がお亡くなりになった日も演奏したそうです。

演奏される方達、お父様の亡くなられたことを知っていて、

この日のダニーボーイは”天に昇る人の心に寄り添うようで”

ことさら心に沁みる演奏だったそうです。

それ以来、父に会いたくなるとこの曲を演奏することが多くなったと

話していました。

Photo_20200316101601

最近は絵が描けなくなったけど、

ボランティア先で患者さんと一緒に描いたチューリップ

2020年3月11日 (水)

3月11日 鎮魂の日

今日は 鎮魂の日 です。 

あの日、あの大津波が家々を押し流してゆく様をテレビで見ていました。

大阪にいる娘から「テレビを見て!!」と緊迫した電話を受けるまで全く知らなかった。

直後からテレビ画面にくぎ付けとなった、あの時の事がまざまざと蘇ります。

被災された方々の、今日までのご苦労は私などには思いも及ばないものでしょう。

震災後まもなく、岩手大学のシニアカレッジで

岩手の被災地の数か所に連れて行って頂きましたから

今の様子を見ながら・・・その時のことと比べている私がいます。

「大きな地震は時を経て必ずやってくる」と専門家の方が先日も話されていました。

次は我が地方かも知れないですが・・・

唯、祈ることしか知らない私です。

万全の備えなどということができるなんて、思えないから。

*************************

ふきのとう が出ていました。

春ですね!

Photo_20200311182902

活動しやすい気温が嬉しいです。

庭に出て草花の手入れをしている時間が幸せだと感じます。

 

2020年3月 6日 (金)

活気が消えてさびしいわ

Photo_20200306174203

昨日はボランティア先のイベントで、本来ならボランティア仲間2人による、ピアノとヴァイオリンの演奏があるはずでしたが、コロナウイルス騒動で大勢の人が集まることができなくなり、春らしいヨモギのお饅頭とお抹茶を病室にお届け。

それだけの寂しいイベントになってしまいました。

↑の写真は…我が家の玄関に飾った、小さなちいさなおひな様です。

何年前になるでしょう?友人に頂いた手作りのおひな様が可愛いです。

今年はこれしか飾らなかった・・・

娘の七段飾りのお雛は大きすぎて、出し入れが大変。

老夫婦はそれをする気力をなくしてしまいました。 

私がボランティアに行っている緩和ケア病棟にお嫁入させようかなと、考えているけれど、今はそっちにも古いおひな様があるので、もう少し時期を待たなくてはなりません。

   *********************

日は暖かな春の陽気、庭仕事が楽しい。

枯葉の積もった地面にヒトリシズカを見つけました。

    春実感💕

Photo_20200306174202

クリスマスローズも咲きそろってきました

↓ これってセミダブルって言っていいんですよね?

私の大好きな花です。

Photo_20200306174201

今日は、チョット用事を兼ねて市内まで行き、高島屋へ寄りました。

お客もいくらか少なかったのかな?

そして品物(食料品)が少ないのに驚きました。

ということは、お客様が少ないってことなんでしょうね~

ここまで書いてきて・・・岡山には今のところコロナ陽性の人は出ていないと。

夫が今、知らせてくれましたが・・・ついに岡山県(倉敷の人)でも陽性の人が出たと!

益々、注意を怠りなく!!! ですね😵

気持ちが鬱々と沈むようです。

 

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »