« 2月はやっぱり寒! 朝餉の会 | トップページ | 春が目の前だというのに »

2020年2月14日 (金)

バレンタインデーだけど

バレンタインデーって今の時代どうなのかなあ?

高齢者二人の暮らしには、そうね…たくさんの種類のチョコレートにお目に掛かれる時期ってかんじかな?

だけどここ数年はそういうチョコの売り場にだってめったに行かないし、あまりの高価さにただ驚くだけで

珍しいチョコを買うって気持ちが全く失せている。

それにね、我が家では夫の父の祥月命日で、その上、夫のたった二人っきりの弟の祥月命日でもあります。

父と息子が2年のうちに同じ日に旅立ってしまった。

父は94歳だったから、長生きしたともいえるけど、弟は61歳、すい臓がんでした。

内科医で、随分気を付けた暮らしぶりだったみたい。それでも病気はやってくるのよね。

でもね、一つよかったと思えることは最後まで自宅で過ごせたこと。(これ弟の事だけど)

痛みとかもほとんどなかったみたいで、 辛い治療もしなくて済んだ。

こういうケースもあるんですね。

最後の日、奥さんが「今夜の食事はどうする?」ってきいたとかで、その夜遅くにその時は突然にやって来たの。

それがね、色んなことが重なる時って重なるんですね。

我が夫、(兄のほうですけど)胆嚢の手術をして入院中でした。

腹腔鏡での手術後二日目だったかな。 先生に無理を頼んで(この先生も弟をよく知っている方で)

葬儀に間に合うように退院したの。

 

そんなこんな、いろんな事を思い出す2月14日です。

 

そして今日は又、ご近所の人生の先輩のお誕生日なんです。

この方には沢山たくさんお世話になりました。遠出が苦手な私たちをあちらこちらへと、連れ出して下さいました。

最近、お歳も召され、足がご不自由になられています。

バースデーケーキを作って届けました。

20214_20200214163401

数年来、こういうケーキを作る機会がなかったので出来栄えが悪い!

だけど、これは気持ち!  そう、気持ちなんですよ!

20214

我が家のティータイムは残りのスポンジに残りの生クリームと苺で

ごく簡単に。

 

« 2月はやっぱり寒! 朝餉の会 | トップページ | 春が目の前だというのに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
チョコ、私も今年は無視してしまいました。昨年までは付き合いで?息子たちと夫にやっていましたが、今年はなぜかシラケてしまい知らんぷりです。

義理の弟さんもすい臓がんだったのですね。
夫の長兄も79歳の時すい臓がんで亡くなりました。義兄は入院し、痛みは訴えませんでしたが亡くなる数日前から体がしんどいしんどいと言い続けていました。
人によって症状はそれぞれなのですね。

夜分時にはなるべくPCには向かわないようにと思いながら、何気なく覗いたら弟さんのことが載っていて、つい長居してしまいました。

ケーキ美味しそうですね。さすがです。

思い起こせば・・・
現役時代は、バレンタイン、賑やかでしたが、今や・・・
ドクター達は、お返しが豪華なので、海老で鯛を釣る日でした(#^.^#)
今は、夫が、くちこからと、もう数個?
くちこは、夫と、息子達、婿へ?
ケーキ、頑張りましたね、
その気持ち、素晴らしいわ!

>>ヒサ子様
暖かな雨の朝ついつい寝坊して、ゆっくりとした朝時間。
バレンタインデーにはチョコを! って、その波に乗った少し若い時代もあったけれど、今はどこ吹く風?

ケーキね、老年のお二人には食べきれない大きさだとは思ったのよ。でもね年下のご姉妹だ目の前にいらっしゃるし、最後はゴミになってもよし。・・・お気持ちが一瞬華やいだら良い!って、久しぶりに作ってみたのよ。

>>くちかずこ様
現役時代のバレンタインデーって、賑やかっていうのか、色々思いを巡らして?? ・・・想像もできないけどね。
我が夫には、隣の嫁ちゃんから1個だけ頂きました(笑
私は、ケーキが2個出来たので孫にそのケーキを(チョコを少しだけ振りかけてあるのでね)
全く関係ないようで、少しだけ気にしてるかな?
人の繋がりって、気遣いが一番かとも。

重なる思いの14日なのですね。
それにしても61歳は早すぎ、残念です。
ご主人様の胸の内を思われるのですが・・・

おいしそうなケーキと春らしいカップ、そしてクロスtomokoさんの雰囲気でしょう?きっと!

tomoko様にとって2月は重い思い出が多すぎね。
偶然でしょうか?
誕生日が2月15日の2日後に父は旅立ちました。
わが家にとってもこの月は辛い思いが多く、
父は67だったかしら。

バレンタインデー
わが家は関係なしよ。
それでもお嫁さんやお嫁ちゃんは、送ってきました。
いつの頃かしらね、このような風習が始まったのは。
tomoko様のケーキの腕前は素晴らしいわ。
デコレーションがまたまた素敵だわ。

>>kokoさま、おはようございます!

人生100歳時代に突入? 想定外の長生き時代を迎えて私などは喜びよりも戸惑いを覚えていますが、61歳はその当時でも随分早すぎる死でした。 
私の雰囲気? そうかもね~ 私が好きで買ったものですからね。
随分前に・・・最近は買い物、めったにしなくなっています。

>>おばさん様・おはようございます!

2月、やはり辛い思い出がよみがえる季節なのですね。
おばさん様とは何かと似通ったことが多いようですね!
ケーキの腕はすっかり落ちていますよ。高齢の方に生クリームのケーキどうかな~って。思いながら作ったの。小さめにカットしても苺が万遍なく乗るようにと思って、こんな形にしてみました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2月はやっぱり寒! 朝餉の会 | トップページ | 春が目の前だというのに »