« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月29日 (土)

春が目の前だというのに

パソコンから暫く遠ざかっている間に、春は目の前まできたようです。

畑仕事も忙しくなってくる時期ですし、楽しいお出かけもしたいなあ~

買い物も、外食も。。。

 

だけど

今は、そういう楽しい予定は考えないようにして、

じっと家に籠っているのがベストのようですよね。

とは言え、どうしても出掛けなきゃいけないこともありますが、そういう時はマスクをして、むやみにあちこちを触らないように気を付け、さらにうがいと手洗いに励んでいます。

 

新型コロナウイルスの脅威に日本中・・・今や世界中がさらされていますよね~

本当に怖いと感じています。

 

過去に外国旅行をした折に、ペストが大流行した時に建てられた建物(記念碑って言えばいいのかしら?)を、あちらこちらで見かけましたが、今回のコロナウイルスの猛威は外国で見たものを思い起こさせます。

 ***********************

我が家で月1回開いているサロンも、急遽取りやめを決定して、皆様に連絡を済ませました。

歌を歌う… 狭い場所でみんなでお茶を飲み、お菓子を食べながらのおしゃべりタイムがある… …

 

ウイルスの猛威を広げないためにできること、しなきゃならない事には積極的であらねばと思います。

出来る限り、家でじっとお籠りしてるのがベストなんでしょうね。

でも、そう思いながら家にいると、何処かへ出かけたいな! 

梅も咲いてる・・お雛様飾りも華やかでいいだろう・・・ バス旅行にも良い季節・・

・・・・・雑念が・・・ふっと、湧いてくるから不思議です。

 

今しばらくの辛抱せねばなりませんね!

本当の春が近いことを祈っています。

2020年2月14日 (金)

バレンタインデーだけど

バレンタインデーって今の時代どうなのかなあ?

高齢者二人の暮らしには、そうね…たくさんの種類のチョコレートにお目に掛かれる時期ってかんじかな?

だけどここ数年はそういうチョコの売り場にだってめったに行かないし、あまりの高価さにただ驚くだけで

珍しいチョコを買うって気持ちが全く失せている。

それにね、我が家では夫の父の祥月命日で、その上、夫のたった二人っきりの弟の祥月命日でもあります。

父と息子が2年のうちに同じ日に旅立ってしまった。

父は94歳だったから、長生きしたともいえるけど、弟は61歳、すい臓がんでした。

内科医で、随分気を付けた暮らしぶりだったみたい。それでも病気はやってくるのよね。

でもね、一つよかったと思えることは最後まで自宅で過ごせたこと。(これ弟の事だけど)

痛みとかもほとんどなかったみたいで、 辛い治療もしなくて済んだ。

こういうケースもあるんですね。

最後の日、奥さんが「今夜の食事はどうする?」ってきいたとかで、その夜遅くにその時は突然にやって来たの。

それがね、色んなことが重なる時って重なるんですね。

我が夫、(兄のほうですけど)胆嚢の手術をして入院中でした。

腹腔鏡での手術後二日目だったかな。 先生に無理を頼んで(この先生も弟をよく知っている方で)

葬儀に間に合うように退院したの。

 

そんなこんな、いろんな事を思い出す2月14日です。

 

そして今日は又、ご近所の人生の先輩のお誕生日なんです。

この方には沢山たくさんお世話になりました。遠出が苦手な私たちをあちらこちらへと、連れ出して下さいました。

最近、お歳も召され、足がご不自由になられています。

バースデーケーキを作って届けました。

20214_20200214163401

数年来、こういうケーキを作る機会がなかったので出来栄えが悪い!

だけど、これは気持ち!  そう、気持ちなんですよ!

20214

我が家のティータイムは残りのスポンジに残りの生クリームと苺で

ごく簡単に。

 

2020年2月10日 (月)

2月はやっぱり寒! 朝餉の会

1月が意外に暖かくて、温暖化ってこんなに急激にくるんだ!って。

冬は冬らしく寒いことが自然であり、必要なのだと思ったのです。

そうしたら、2月の声と共に冬らしい寒さがやって来たではないですか! 

 

寒さのせいか? 私の頭痛がおよそ週1の頻度でやってくるから敵わない↷

『薬が薬をよぶから・・・ここぞという時だけにして、寝るとか~嘔吐したって構わない! という気持ちで我慢を(しなくちゃ)』 と、

昨年からお世話になっている整骨院の先生はおっしゃる。

よ~し!  と、何度か苦しみながら・・・寝込みながら・・・はたまた嘔吐もしながら・・・

  我慢くらべ ・・・ 頭痛と格闘する

 

      だが、 

どうしても出掛ける用のある日。 しないといけないことがある時… は薬に頼らざるを得ない。

割れるような痛さ…どうやって我慢したらいいの? 

このところ、 もう や~~めた! 

そんな弱気の私がいる。

 

今日、書きたいと思っていたのは私の頭痛のことではなかったのに。なんでこんなことになっちゃったのかしら?

 

月1の 朝餉の会 をしました。

いつもはパンを焼いて、洋風スタイルを基本としているこの会。今月は夫のすすめもあって、郷土料理に。

ふなめし(鮒飯)です。

寒鮒をつかった(豚汁)のような汁を丼ご飯にかけていただきます。

郷土料理といっても、私は地元育ちでないから、初めて口にしたのが5~6年前。

それも男の料理で。

川魚は苦手だったけれど、食べてみたら臭みはちっとも気にならなくて美味しかったんですよ。

川魚専門店で鮒のミンチを買ってきて、一番大きい鍋に入りきらないほど作りました。

材料鮒ミンチのほかは、ゴボー、人参、大根、葱、椎茸、こんにゃく

先ず、弱火でミンチが白っぽくなるまで炒めたら、野菜も入れて軽く炒める。

だし汁を加え、野菜が柔らかくなるまで煮て、しょうゆ味に味を調える。

自己流 + 過去に頂いたものを思い出しながら 作りました。

 

「うわぁ~ なつかしくて 嬉しいわぁ~」「母がよく作ってくれたわ!」

「食べたこと ないわ!」← これ、愛媛出身の人

「愛媛には 鮒 いないの?」・・・・・こんな会話でしばらくおしゃべりタイム。

 様々な反応ありでした。

 

白菜の即席漬けも好評でした。 核家族になり白菜漬けをしなくなって久しいです。

ふっと、食べたくなり・・・ナイロン袋を利用して刻んだ白菜に塩をパラとして、袋ごと揉む。

柚子の千切りを散らす→袋の口をキュッと閉めてしばらく置けばもう食べられます。

(たまたまあった、甘酒を少々加えてみました)

 

冬、台所でコトコトと料理するのが意外に楽しいと感じている私です。

 

 

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »