« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月27日 (月)

今日は頭痛 簡単夕食

寒さの厳しいこの時期、頭痛持ちの私にはいやな季節でもある。

今日は目覚めのときから、頭痛のはじまりだなあとの自覚あり。

痛み止めの薬をなるべく止める方向にもっていきたくて、昨年秋ごろから出来るだけの我慢をとつとめているのだが。。。

痛み止めを服用することによりおこる頭痛があることは聞いて知っているけれど、頭が割れるような痛さにくわえ、嘔吐もつく。

何もない日であれば、嘔吐しつつも、ベッドで丸まって我慢してみることもあるが、今日は午後から予定があり、早めに薬を服用したにもかかわらず、効きが悪い。 

午後の予定をキャンセルした。 同時に薬の種類を変えて追加服用。そしてベッドへ。

夕方、多少の残存感ありだけど気分はずいぶん楽になっていて、手抜きながら(いつもの事だけど)夕飯づくりにキッチンに立つ。

農夫の朝めし

 中学1年からの寮の朝食で、食べ親しんだ(作りなれた)はずの献立。

しかし半世紀以上の時が流れ・・・こんなンだったかなぁ~~? 

Img_0189

じゃが芋を茹でる。人参は電子レンジでチンする。

玉ねぎをくし切りにしフライパンで炒める。

コンビーフを加え、ほぐす。

じゃが芋、人参も加え、味を調える(塩コショウで加減)

最後に溶き卵を流しいれ全体を大きく混ぜて完成。

パセリを散らしてみた。

盛り付けたら↓こんなになった。

Img_0190

チキン(むね肉)のロースト を添えた。

むね肉 2枚(600g)に塩コショウし、半日から一晩位おいたもの

これを常温に戻し、小麦粉を薄くつける。

フライパンに太白ごま油(またはサラダ油)大匙1ほど入れ中火にかける。

鶏肉を入れ、蓋をして表4分、裏返して4分、火を止め4分蒸らす。

これだけで、ジューシーなローストの出来上がり。

好みのソースで食べたり、サンドイッチにもよさそうだし、作り置きがあれば重宝しそうな一品です。

何より簡単なことが一番嬉しいかも?

今日は出来たばかりをスライスし、適当なソースがなかったのでリンゴジャム(25%の砂糖)をつけて食べてみた。

これはこれで、悪くはない。

最近の朝餉の会の記事にも書いたけど、コンビーフといえば、↓ このスタイルに慣れ親しんできたが、

この形状のものが、生産中止になるというので、2ダースの買いだめをしました。

息子の好物だったことを思い出し、分けようかと思っている。

 Img_0188

一つの時代が過ぎてゆくと言うと、少々オーバーかな?

 

2020年1月24日 (金)

冬しごと でも天気がわるくて

寒にはいったので、今年は切り干し大根をつくろうと思っています。

ところが、週間天気予報ではまるで梅雨かと思えるほど傘マークが並んでいる。

我が家の巨大な大根2本と、試験的に人参1本はどうにか乾いた(仕上げにはオーブン乾燥したが)

そのあとは、とても無理! って天候が続いている。

仕方ないので、輪切りにして半日干しを少しだけしてみた。

0201_1

これをフライパンで焦げ目がつく程度に焼く。

途中から、椎茸と葱(多分九条ねぎ)もフライパンの空いたところへ押し込んで一緒に焼いた。

仕上げに、しょうゆをジュン! とたらしただけ。

0201_2

赤いのは、先日のきんとんにも使った 紅芯大根の甘酢漬け

じゃが芋を食べる機会が少なくて沢山あるのに減らないから

ほんのり甘みを付けてみたものも、添えてある。

メインは豚肉のソテー

それと、お味噌汁の簡単な夕食

2020年1月19日 (日)

令和2年初 朝餉の会(変わりきんとん作った)

朝8時半、同じ地域に住む高齢者10人で今年初の朝餉の会の始まりです。

今朝の食卓。

Photo_20200119150401

手作りヨーグルトも何とかできました。これにはジャンボレモンで作ったジャムをそえて。

プレートの上には紅白なます・ブロッコリーのオリーブ油炒め・コンビーフ缶詰を少し・スクランブルドエッグ・白花豆の甘煮がのっています。コンビーフは予定外だったけれど、数日前のラジオで、コンビーフ独特の缶(鍵のようなので缶をくるくるして開ける)が製造中止になり、在庫がなくなり次第新しい形状の容器、内容も少し変わるというようなことを耳にして、急遽、みんなで別れを惜しむことに??したの。

夫の同級生で網走にいる方から、毎年白花豆が送られてきます。 初めの頃は上手に煮ることができるか、いつもおっかなびっくり状態でしたが、最近は大丈夫! 今回も上手に煮あがってますよ! 

☆白花豆の煮方 コツと言えば・・・先ずしっかり浸水させること。今回の豆はよく乾燥していたので丸々2日間かかった。それからかぶるくらいの水で茹でるんだけど、塩を少し加えれば皮が切れないということを覚えましたよ。

1度茹でこぼして、2度目も塩水で茹でるんだけど、煮立って来たら火を止め、10分蒸らす。蒸らすことで皮が柔らかくなるそうな。

もう一度、2度目を繰り返し、柔らかくなれば、最後はひたひたの水量に砂糖を加え、火にかけて砂糖が溶ければ火を止める。これで出来上がりです。私は土鍋で炊きました。

Photo_20200119150501

他に・ 食パン2種類やき(写真に写っているのは、アールグレイティーの茶葉をミルにかけて加えたもの。もう1種は、畑の巨大化した小松菜を茹でてブレンダーにかけたのを加えた緑色の食パン)紅玉りんごのジャムがよく合って美味しかった。

スープ・大根、人参、玉葱、ブロッコリーの茎、ソーセージの具沢山スープ…寒い時に美味しい!

食後のコーヒーに添えて、茶巾絞りを作ってみた。

Photo_20200119150502

実際は一人1個です。 ちょこっと 紅色がのぞいてて可愛いでしょ!?

紅色の正体なんだと思う? ・・・後でお教えしますね。

皮のほうは、サツマイモとやまと芋って書いてあったけど、長芋そっくりの芋。

それを柔らかくなるまで蒸して、砂糖を加えながらマッシャーで潰しただけ。

Photo_20200119150507

さて、その紅色のものですが、私が種まきして育てた紅芯大根(こうしん)

これを塩ゆでしただけ(塩味が感じられるくらいに効かせて)

Photo_20200119150508

マッシュ↓皮を丸め、中央辺りをすこし窪ませ大根をのせる。

Photo_20200119150506

ぬれ布巾に包んで茶巾絞りにすれば完成。

Photo_20200119150504

Photo_20200119150503

紅芯大根は↓ こんな姿です、包丁を入れた時に現れる紅色はドキッとしますよ。

生でサラダや、マリネ、酢の物などに使っています。

10

お料理の大半は昨日大方仕上げてあったけど、朝バタバタしたくないから、やっぱり毎回と同じく4時半起き。

今、夕方の4時・・・少々眠くなってきて頭がぼ~~っと状態です。

 

2020年1月17日 (金)

冬 今日はヨーグルト作り

日曜日の朝餉の会にむけて、昨日からヨーグルトを作っています。

種用に市販のヨーグルトを1ケと、牛乳を買って、2リッター弱作りたいと思っているのです。

冬場のヨーグルト作りに、これまでは

↓ こんな土鍋にお湯をはって作っていたのだけれど、ヨーグルトの容器が土鍋からはみ出して保温力が低かった(出来るにはできるんだけどね)

Photo_20200117111601

そこで、今日初めて実験的にだけど、発泡スチロールの箱を使ってみてます。

まだ時間がかかりそうだけれど、上手くできそうな予感。ふふふ

Photo_20200117111603

熱湯消毒した容器に、電子レンジで温めた牛乳+種にするヨーグルトを入れて攪拌する。

その容器の上に乗せているのは、保温を助けるのにどうかなあ~ と思って

木綿の袋に小豆を入れたものですが、これを電子レンジで温めたものです。

ずっと以前にkokoさんのブログで教えてもらった(首周りの暖めに使うものなんだけどね)

これ、どうかな~って。他に良いものが思いつかなくて、今日はこれでやってみる。

Photo_20200117111602

発泡スチロールの箱を、立てて使っているので、うっかり横にしないように札を付けてます

Photo_20200117111604

こんな事をしてる時って、なんとなくワクワク感があって楽しい!

上手くできると良いけど。。。

 

2020年1月13日 (月)

冬の台所仕事 ジャムづくり

お正月前に頂いたジャンボレモン

知人の亡くなったお兄様が育ててらしたもの

無農薬レモン

右が普通のレモン

その大きさに えっ! 

Photo_20200113084201

Photo_20200113084101

ほら!  見てみて!! 864gもある

お正月の何日かは・・・テレビの前に飾っていた

どうしたものか? 唯 飾っただけでお終いにしては、

知人の気持ちや故人のお気持ちに沿わないよね。

やっぱりジャムかな~~

Photo_20200113084104

皮と身に分ける。先ず皮を3度茹でこぼす。

(2度に分けて作ったので、1度目の皮はママレードの時のように薄切りに)

写真は2度目で、適当に切って、渋みが薄らいだところへ身を加えて圧をかけた。

3分位だろうか? (適当だけど)ブレンダーでつぶし

砂糖を30%程加えてジャムにしてみたが、

普通のレモンより香りが薄い。そしてやはり渋みが強い。

う~~ン・・・・・ どうしようかな~

りんごを加えたミックスジャムにしてみようと、

ジャンボレモン2個分のジャムに

りんご3個(皮つきで)ジャムにする。

煮あがったものをやはりブレンダーでつぶし

レモンジャムと合わせ、再度火を通した。

フルーツケーキ用に買ってあって、残っていたミックスフルーツも

加えた。何だか残り物整理的なジャムだけど。。。

ジャムだけで味見した時には

う~~ん?  って、感じだったけれど

手作りのプレーンヨーグルトにのせてみたら

 

      GOOD !!

消毒済みの瓶につめて完成で~す。

さ~て、どなたに差し上げようか?

友人たちの顔を思いめぐらしているところです。

 

Photo_20200113084102

 

2020年1月 5日 (日)

あこがれの青いケシ

前回の記事では、私のうっかりでご迷惑をおかけしたことを

まず、お詫びします。

 ・・・ で、今回も同じ 大阪の「咲くやこの花館」より

永遠の憧れのような 青いケシ(メコノプシス)です。

Photo_20200105001001

これは案内札もカメラに収めていましたので間違いありません(笑)

Photo_20200105001003

ヒマラヤの高地に自生しているというこの花を目の当たりにできる幸せ

Photo_20200105001004

岡山の植物園にもあると知って随分以前に行ってみましたが

申し訳程度に2本あったかなぁ~ あの時はがっかりでした。

それから、四国、石鎚山麓の風穴の所へも見に行ったことがあります。

風穴からの冷たい風があたる場所を掘り下げて、鉢を置いていたかと思いますが、上から覗き込むようにしか見ることが出来なかった。

それらに比べると、ここ 咲くやこの花館 では目近でじっくり見られて良かったです。

種類も3種くらいあったみたいです。

Photo_20200105001002

 

2020年1月 2日 (木)

令和2年 今年もよろしくお願いします。

遅ればせながら

明けましておめでとうございます。

つたないブログですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Photo_20200102154201

昨年12月に、咲くやこの花館(大阪)で出会った胡椒の花(この時は

余りにも意外な美しさに感動してたんですが・・・ ↓ )

 

* 訂正 (1月3日)

胡椒のことをもう少し調べてみようとしたところ、

この写真のような植物ではないような??

立札を見間違えたのかもしれないです。

削除すべきところですが、もう少しこのままにして

調べてみます。 申し訳ありません。

    (1月4日)

検索を重ねても、胡椒の花とは違う!

立札を見た時の、あの感動は一体なんだったの?

極楽鳥(ストレリチア)の種類だろうという思いが一層強くなっています。

この花の周りには数種類の植物があったけど、

立札は「胡椒」というのしか無く、

色のある花も、これしかなかったから、てっきり

これが胡椒の花なんだと思い込んだ私の軽率さを反省しつつも、

そう思わせるような展示だったことに、腹がたつ私。

新年早々、何とも後味の悪い記事でごめんなさい。

 

世が世なら・・・胡椒の値段って金銀と比べられる程で

宝石のように高価な物だったようですよ。

Photo_20200102154202

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »