« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月27日 (水)

緩和ケア病棟のクリスマス

Photo_20191127155601

ボランティア先の病棟で、クリスマスの準備が始まっています。

入院患者さんへのプレゼントを作りました。

例年はいわゆる、リースに飾り物を飾っていたのだけれど

今年は写真のような物にして、クリスマスが終わればお好きな写真に入れ替えて楽しんで頂こうということになりました。

Photo_20191127160001

完成まで後一息というところまで漕ぎつけました。

Photo_20191127160002

ツリーも出ましたよ。

11月の活動日は昨日が最終。

12月に入れば、1月の用意も並行してしなくちゃ!

何とか無事にやり終えられますように!

2019年11月24日 (日)

ゆく秋を惜しんで

連休といっても高齢者夫婦の暮らしには変ったことがない。

強いて言えば、我が家の前の県道を走る車の数が多いことかな。

Photo_20191124200301

少し曇り気味の天候とはいえ、気温20度で寒くなく、風もない。

久しぶりにウォーキングを一緒にしないかと、夫を誘ってみた。

近くの芥子山(けしごやま)中腹にある神社までは30分程で

少し前に一人で行った時にみつけたものを見て貰いたかったから。

上の写真は途中の中学校の紅葉。 

紅葉はもう最終段階になり、一言では言い表せないほど、

胸にしみじみと感じ入るものがある。 愛おしくもあり、別れの悲しさに似た感情もあり、

その、染み入るような赤のグラデーションは見飽きることがない。

この先の布施神社の境内で私が見つけたのは、

夫の曽祖父の名が刻まれた石柱。

何かの折りに寄進したらしく五十円とある。

何度も参拝しているのに今まで気づかなかった。

胸の奥で、何かふわっと嬉しさが湧いてくる感じ。

それを夫に見てほしくて、今朝のウォーキングとなったのでした。

 ↓ 我が家で初めて咲き始めたローズリーフ

Photo_20191124203901

去年の秋に行った小豆島。そこで苗を買ったのがこんなに遅く

今頃、初めての花を付けました。(セージとラベルにあった)

元気をもらえる色です!

 

 

2019年11月20日 (水)

秋が深まり・・・

Photo_20191120125901

年齢を重ねてくると、出かけるのが次第に億劫になり始めました。

本当はもっと活動的に動くのがいいのでしょうが、少し動けば疲れがどっと出て、後の時間をだらだらと過ごす始末。

その様な時間の流れのなかで秋がどんどん深まってきました。

秋晴れの続くなか、「今年はまだ紅葉を楽しんでいないなあ~」

計画を立てて行動することも苦手になっています。そこで

手っ取り早く、岡山駅からウォーキングを兼ね、運動公園とそのすぐ向こうにある岡山大学の農学部。

其処の銀杏並木が好きなので行ってきました。

銀杏は一部が見ごろ、一部はまだ緑色でしたが、偶然、収穫祭が開かれており、テントのお店が並んでいます。

肉好きの夫はコロコロステーキを買い、ベンチで「美味しい! おいしい!」と満足気です。

この日の歩数計は2万歩を超えました!

こうして、二人そろって歩けることや季節の移ろいを満喫できたことなどが、今の私たちにとってはとても嬉しく、

当たり前のようで、当たり前のことが出来ることに感謝です。

Photo_20191120125902

夜にはリンゴジャムを煮ました。 紅玉りんごです。

どなたかのブログで《皮も一緒にジャムにした》という記事を読み

私も真似てみました。

赤みが強くなりましたが、美味しいジャムの出来上がりに満足。

砂糖は25%です。

日ごとに冬が近づいてきます。

 インフルエンザが流行期に入ったようです。

予防注射は済ませていますが、皆様も十分注意なさってお元気でお過ごしくださいね!

2019年11月 8日 (金)

浦島太郎状態の私…カリフローレ

野菜作りや、料理のお上手なブログ友のスヌーピーさん

今日の記事に聞きなれない野菜の名前が…写真ではカリフラワーのようなのに

実はカリフローレなんですって 

カリフローレって、何だろう  

カリフラワーと どこが どうちがうのか?検索です。

ふ~~ン っと、納得。

さて、ついでに食べ方 も

何何 … バーニャカウダ  

 これって 何  

私は突然に 

未来の世界へ吊り上げられた、過去の人間 

バーニャカウダ

  ↑ クリックしてご覧くださいね

 

 

2019年11月 3日 (日)

サロンが終わって

早々と11月のサロンが終了。

サロンでは元、短大で音楽の授業をもってらした方の指導で季節に合った歌(主に唱歌など)を歌い、CDでの音楽鑑賞。

その後、楽しい茶話会。・・・という流れで10年余り経ちました。

が、参加されるメンバーは多少の入れ替わりはあるものの、同じような年代の方たちばかりなので、平均年齢が10年たてば10歳高齢になりました。そうなれば、活発な動きはダメ。皆さんなるべく大人しく座っていたい。

だから、来月12月はクリスマス会。

過去には〇✕クイズで〇と思う人は右へ! ✕と思う人は左へ! などと移動するような事や、

じゃんけんゲームで負けた人は勝った人の肩に手をかけて後ろへ続くような動くこともしていたけれど、いつの頃からかそういうものも止めになってしまいました。もしも事故でも起こしたら大変ですからね。

そろそろクリスマス会のことが気になり始めています。

 

話が最初に戻りますが、CD鑑賞のあと、私が5分ほどの時間をもらって、コラムのような話か何かをする事が多くなっています。

10月は秋の七草のひとつ、フジバカマと渡りをする蝶として有名なアサギマダラのことを少し調べて話をしました。

今回は話ではなく、児童文学?って言えばいいのかな・・・「でんでんむしの かなしみ」を読みました。

 上皇后・美智子様が国際児童図書評議会で基調講演をされたときに取り上げられて話題になったとおもいます。

  ↓ あらすじ

一匹のでんでん虫が「いままで うっかりしていたけれど 私の背中の 殻のなかには 悲しみが いっぱい詰まっている」と気づき友達に話します。すると、友達のでんでん虫も「私の背中にも 悲しみは 一杯です」と。そこで別の・・・また別の・・友達も同じことをいうのです。 そこで「悲しみは 私ばかりでなく 誰でも持っている。私は 私の悲しみをこらえて 行かなきゃならない」ということに気付き、なげくのをやめたのです。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「この話は、その後何度となく、思いがけない時に私の記憶に蘇ってきました。殻一杯になる程の悲しみということと、ある日突然そのことに気付き、もう生きていけないと思ったでんでん虫の不安とが、私の記憶に刻み込まれていたのでしょう。」少し大きくなると、初めて聞いた時のように、「ああよかった」だけでは済まされなくなりました。生きていくということは、楽なことではないのだという、何とはない不安を感じることもありました。それでも、私は、この話が決して嫌いではありませんでした。」

      ー美智子様の基調講演より一部抜粋ー

 

誰の心にも悲しみはあります。 年を重ねて高齢者の仲間入りをしている我々世代のものは悲しみの度合いが、より深く、そして広くなっていると思うのです。 口に出して言えることや、言える時があるかもしれない。しかし、何時でも全てを吐き出すことは難しく、まして解決できるものでない悲しみ。 それを抱えて、人生が続く限り悲しみに耐えていかなきゃならないのですよね。

互いに 思いやりつつ・・・が大事でしょうね。

そんな話を読んで、余韻が強く残っている今日の夕方でした。 連休ということもあって、なんとなくゆっくりした気分。

録画してあった映画「鉄道員」を二人で観ました。 ずっと以前に見た映画ですが、細かいところはすっかり記憶の彼方。

次々に起こる悲しい出来事がこの家族に追い打ちをかけて、家族がバラバラになってしまった・・・見ているのが辛くなりました。

クリスマスイブでことです。 臥せっていた主人「気分が良いから」と起きだしてくる。クリスマスの食卓に着こうとしたところへベルが鳴り、同僚がワイン片手に顔をのぞけます。「一人じゃないんだ」と、狭い家に入りきれないほどの懐かしい仲間達。飲んで歌って、心から打ち解け、その幸せな雰囲気が・・・見ている私の心にもどーーん! と伝わって、私の心も震えました。

若い時にも感じたかもしれないけれど、歳を重ねた今だからこそ、理解でき、共感できることってあるなあ~って。

 

谷川俊太郎さんが言ってました。

「高齢になると、知人の訃報に接することも増える。

若いころだったら、色々な思いもあるけれど、

自分もそう遠くない将来に。。。と思えば、

人生味わい深くなる。」っと。

 

今日は写真も入れないで、今の感動の冷めないうちにと、文字ばかりなってしましました

 

 

 

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »