« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月28日 (金)

みなさまご無沙汰ですみません

これと言った特別な事は無いのに、ブログ記事が書けません(涙

アンテナが故障しちゃったみたいです?? (私の頭の)

皆様に忘れられないためにも、最近の様子を報告代わりに少し載せておきますね。

6月20日 ガマの穂の観察です

007-600x800 009-600x800

ガマの穂といえば、ホットドッグみたいなのが緑の茎に刺さったようなの・・・

それしか知りませんでした。  ところが昨年たまたま見かけたガマの穂にはホットドッグみたいなのが上下に二つ付いていたんです。

その時の私は、えぇ~~っ!! っと、大声で叫びそうに驚きました。 上に付いているのが雄花で花粉を出し、下のホットドッグは雌花だったんですね。

今年はもっとくわしく観察してみようと思って、朝のウォーキングがてら行ってみたのが↑の写真です。

でも、昨年見たのはもっと太くて、ホントにホットドッグ位の大きさだったんですけど、今回見られたのは小指位の太さです。

もしかしたら姫ガマの穂なのかなあ~  太いのが見当たらないし、もしかしたらここの持ち主さんが何かしたのかしら?

なんて思ったりしますが、もう少し観察を続けるつもりです。 

* 最初の記事では、雌花と雄花を逆に書いてましたので、訂正しました。

 

次は6月23日 夏ツバキ(サラソウジュ)の花を観にいきました。

011-800x601

倉敷の藤戸寺のお庭に咲いています

 

6月25日 我が家の畑でも夏野菜の収穫が増えてきました

014-800x600

長~い茄子、普通の茄子、ジャンボピーマン、ズッキーニの黄色と緑色

この日は 胡瓜がなかったね。トマトはもう少しです。

早朝に畑で収穫するのって、楽しいです。

 

私のパソコン、ウィンドウズ7なので、そろそろ買い替えしないといけないのかなあ~

私の大の苦手な事(わけが解らなくて)なので嫌~~だけど、仕方ないんでしょうねぇ~

 

2019年6月 8日 (土)

父の書庫から もらってきた本 

ひと月前に訪ねた実家(兄夫婦が片付けをしている最中)でしたが、

その時、本好きの父の書庫は座が抜けかけて、本棚が倒れる寸前状態。

私達も危なくて、首を伸ばして眺めるばかり、手の出しようが無かったが、

一カ月の間に大工さんが入り、道具屋さんも入り・・・お金になりそうな道具はただで

持って帰ってくれたから(売れそうにないものは引きとらない)、

もう一度来ませんか?  と、義姉からの誘いにのり、今度は車で日帰りをした。

一か月前よりも随分、片付いて

ガラ~~ン として、あぁ 随分片付いて良かったなあ~ という思いと同時に

父母の存在感が一層薄れ、寂しさも感じた。

足を踏み入れることが可能になった書庫、どれもどれも父の 思い入れが感じられたが

その中に同じものが2冊あったので貰ったのがこれ  ↓

Img010-453x640

岩崎ちひろさんの絵がふわっと 優しくて 好き!

悲しいお話しの本 だけれど、

胸がジ~~ンとする。

Img011-1024x730

作者の想いに書かれていることが、胸にズシ~ンと落ちてくる

声高く叫んでその道を進む人は立派です。

しかし、黙ってその道を歩いてゆく人もいます。

そういう人達が、私には星のように輝いて見えます。

私もこういう人に近付きたいと思うのですが、難しいですね!

もう1冊貰った本もやはり岩崎ちひろさんの 旅のスケッチ

Img009-690x800

旅先で、こんなに生き生きした人物スケッチができるなんて・・・

今にも動き出しそうだし、お喋りの声が聞こえてきそうです。

左利きだったんですね! ちひろさん。

これから身近に置いて、親しもうと思います。

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »