« 令和の時代となり | トップページ | 若い人の声に元気をもらった »

2019年5月 7日 (火)

長い連休に・・・

005-800x600 混雑が予想される連休、兄夫婦から「来ませんか~」「横峰寺のシャクナゲが綺麗だと思うから行ってみない?」との誘いを受けて出掛けた。1泊2日で。

002-1024x768

実家からあまり遠くない横峰寺は、四国八十八ケ寺の一つですが、難所と言われるお寺でもあり、私達は行き残してたお寺。だからこの誘いは嬉しく有り難かった。

大型連休中ということで、車は止め電車にした。難所と言われるお寺も兄の家からだと車で1時間、それから歩いて10分ほどだ。

006-800x600

シャクナゲに限らず↑ の様なヤマシャクヤクや沢山の山野草が可愛い花を咲かせる、花の寺でもあった。

 

両親が亡くなり空き家となった実家。そのすぐ隣に住む兄夫婦は両親の残した庭の守りをし、実家の片付けも進めてくれている。

中に入ってみると人の住まなくなった家は傷みが激しく座が抜け始めていた。

空き家を片付けることの大変さを目の当たりにし、我が家の実情を考えると頭がいたむ。

母の着物や帯を2枚ずつ貰った。私は着物は着ないのでパンツにリフォ―ムしたり、テーブルランナーか壁掛け? そんな物にして母を身近に感じていたいと思う。

それと、ミントンのティーセットを貰った。サロンや朝餉の会で使おうと思う。

010-1024x768

実家近くから撮ったもの↑ 

中央が石鎚山です。水田に映りこんでるところがいいでしょ!

横峰寺もこの石鎚山へ続く道にあります。

 

« 令和の時代となり | トップページ | 若い人の声に元気をもらった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

懐かしい実家も空き家となると寂しさもひとしおでしょうが、
お兄さんご夫婦がお庭やおうちをまもってくださるとのこと、嬉しいことですね。

私の実家も兄もなくなり新しく建て替えた家で義姉と甥夫婦が住んでいますが、徐々に足が遠くなっています。ときどき昔の家を、懐かしく思い出しています。

石鎚山きれいな家ですね。近かったら登りたいです。

>>ヒサ子様

 訪問下さって良かった!  実は昨日から何度も訪問しようとしているのですが、私のユーザー名。パスワードを訊ねる画面が出て、私のメモしてあるパスワードが受け入れられないのです。
再度パスワードを登録してやってみたのですが・・・直ぐには駄目なのかな? 
実家の片付けを見せて貰ったのですけど、人が住まなくなって20年近く経ったのかしら? 傷みが激しくもう手を入れても住める状態でないのが寂しく感じられました。

お兄様ご夫妻からの嬉しいお誘い。
とても意義深い旅になったことでしょう。
家って生活していないと、だんだん老朽化も
進み悲しさが増します。
人が住んでこそ家ですものね。

わが家も古い家を建て直した時
叔母と2人で泣いたこと思い出しました。

お母様の思い出の品は是非リフォームして
身近に置いてお母様を忍んでください。
私もまた挑戦していますよ。
ハルメクをお借りして何とか・・・・


>>おばさん様

 兄夫婦のさり気ないお誘いに乗ったことで、長い連休に大切な思い出ができました。実家。。。あぁ・・・両親と暮らしていた時間の名残りが其処に確かにありました。しかし間も無く形が無くなってしまう! との予想を感じます。時の流れの何と酷なことでしょう。
我が家の整理整頓も・・・しなくちゃ! 子供たちに苦労を掛けるんだなと実感です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和の時代となり | トップページ | 若い人の声に元気をもらった »