« 象印レストランに行きました | トップページ | 反田恭平・人間業とは思えない! »

2019年2月23日 (土)

漢字って面白いね~

字を書くことがめっきり少なくなりました。

寒い寒いと言っていたのに、いつの間にか

「日が長くなったねぇ~~」 という会話が出はじめ・・・

畑へ行くと、青梗菜や水菜に とう が立ちはじめてます。

その事を日記に記そうと思って・・・さて?

とう って漢字は???

辞書を引いてみたのですが、よく見えません。

虫メガネ(天眼鏡)で見ても、はっきりしない。

・・・スマホなら簡単に拡大できるのに、スマホを持っていないので・・・

パソコンの表示を150%程にして、やっとはっきり見ることができました。

Img005_517x640この一文字で トウ と読みます。

字画の多いこと・・・

これまで ひらがなや、カタカナで書いていたのも頷けます。

でも、漢字って上手く出来てるとも思います。

難しいようでも幾つかの部分に分けてよくみれば、先ずくさかんむり→きちの字(吉)→ワかんむり→至るという字です。

そう思いながら書いてみれば、難しくはありませんよね。

Img005_640x616

ついでに・・・と云うのも変ですが、ひと月ほど前の新聞の広告です。

←歌舞伎の演目です。「えっ!こんな字があるの?」

これには流石にふり仮名があり、うわなり と読むようです。

後妻のこと、とか後妻打ちのこと・・・辞書にありました。

Img005_2_640x571_2更に、上の逆をいく字もありました。(歌舞伎とは関係なく)

ジョウ  なぶると読むそうで、二人の男が女をなぶりものにする意とあります。

まあぁ・・・何と恐いこと!
久しぶりに辞書を見てあそびました。

« 象印レストランに行きました | トップページ | 反田恭平・人間業とは思えない! »

学び」カテゴリの記事

コメント

本当に漢字は面白いですね。
バラバラにしてみると、簡単な字の組み合わせになっていることがよくわかりますね。
うわなりに嬲る簡単な字の組合わせですが初めて知りました。うわなりはPCで何度か変換を心試みましたが出てきません。
嬲るは一度で出てきたのに 
PCも完全ではないということでしょうかね。

親戚に一文字で寶という苗字の人がいて年賀状の時苦労しました。いまだにスラスラとは書けません。

字そのものを書く機会が少なくなり
だんだん遠ざかって行く気がします。
特に私は植物や果物などは、カタカナで
書きますので、ますます漢字が遠い存在です。
とう・・・・変換しただけでも多くありビックリです。

>>ヒサ子様

 最近は字を書くことが少なくなって、書こうと思っても書けない?
自信がない? 辞書を片手に。 すると、面白い字が沢山並んでいます。 
日本に漢字があってよかったな~ と思います。

>>おばさん様

 おばさん様も字を書く機会が少なくなられましたか?
私など、忘れるスピードが加速度をつけてますからね、
辞書が必要です。引いてみるとそのページの字が目に入り、
面白い字にもであいますね~  

楽しい話題 ありがとうございます。
漢字は本当に書けなくなったし、見えなくなったし苦労します。
この薹の略字が台のようですね。
後妻のうわなりはまだしも なぶるは聞きたくない言葉です。

>>moka様

 漢字が書けません(恥)
辞書を引いてみると、あらら・あらら・・面白い!
中国の漢字は簡略し過ぎで、私達には又読めないですが、
TVで簡略すぎるのを少し元に戻すような動きもあるとか。
そうなればいいなあ~なんて思います。 今更ではあるけれど。
日本語に漢字があるって、とっても良いことだと思いますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 象印レストランに行きました | トップページ | 反田恭平・人間業とは思えない! »