« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月23日 (土)

漢字って面白いね~

字を書くことがめっきり少なくなりました。

寒い寒いと言っていたのに、いつの間にか

「日が長くなったねぇ~~」 という会話が出はじめ・・・

畑へ行くと、青梗菜や水菜に とう が立ちはじめてます。

その事を日記に記そうと思って・・・さて?

とう って漢字は???

辞書を引いてみたのですが、よく見えません。

虫メガネ(天眼鏡)で見ても、はっきりしない。

・・・スマホなら簡単に拡大できるのに、スマホを持っていないので・・・

パソコンの表示を150%程にして、やっとはっきり見ることができました。

Img005_517x640この一文字で トウ と読みます。

字画の多いこと・・・

これまで ひらがなや、カタカナで書いていたのも頷けます。

でも、漢字って上手く出来てるとも思います。

難しいようでも幾つかの部分に分けてよくみれば、先ずくさかんむり→きちの字(吉)→ワかんむり→至るという字です。

そう思いながら書いてみれば、難しくはありませんよね。

Img005_640x616

ついでに・・・と云うのも変ですが、ひと月ほど前の新聞の広告です。

←歌舞伎の演目です。「えっ!こんな字があるの?」

これには流石にふり仮名があり、うわなり と読むようです。

後妻のこと、とか後妻打ちのこと・・・辞書にありました。

Img005_2_640x571_2更に、上の逆をいく字もありました。(歌舞伎とは関係なく)

ジョウ  なぶると読むそうで、二人の男が女をなぶりものにする意とあります。

まあぁ・・・何と恐いこと!
久しぶりに辞書を見てあそびました。

2019年2月17日 (日)

象印レストランに行きました

少し前のことになります。1月下旬、私達の○○回目の結婚記念日に大坂へ行き、帝○ホテルで1泊して来ました。

寒い時で、美術館も特別観たいな~と思う様な企画がありません。

幸い、大阪に居る娘がこの日は休みだからと言うので付き合ってもらい、お昼を食べるところを探しておいて! と頼んでおきました。

「 う~~ん、 難波の高島屋だと、和食や中華やあるけれど、前にも行ったことがあるから~~ どうかな?」  

「象印レストランってのがすぐ近くに、最近できたけど?」 

   あっ、 それって、何だか面白そう!!

と云うことで、そこへ行きました。11時オープンで、5分前に着きましたがすでに長蛇の列   でも、待ちました。 

待っている間にも、ずらっと並んだ象印の炊飯ジャーからご飯の炊けてくる好い香りが

001_640x480私の頼んだ1000円のもの

ご飯は3種類から選べますが、お代わり自由なので3種全てを食べ比べることは可能です。

夫は1600円の方を。ランチはこの2種類のみですが、

005_640x480夫の方は、メインがチョイスできるようになっていました。

・・・で、夫は豚の角煮を。

ご飯は、白米の柔らかめか、モチモチか、又は雑穀米。

003_640x480高島屋の隣り?地下通路で直ぐ隣りの感じでした。

大坂は詳しくないのですが、南海スイスホテル? その辺りの6階でした。詳しく調べないままで済みませんね、お許しを。

帝○ホテルは新幹線とセットでお安くなっていたの。

結婚記念日だと伝えてあったので、チョコットプレゼントを頂き、部屋もグレードアップして下さってました。

2019年2月14日 (木)

寒い時期の仕事

005_640x479_22月14日と云えば、バレンタインデーですね。

老人所帯には無関係とも云えますが、街ではこの時期でしか手に入らない・・と云うより、普段は見ることのない高級なチョコが揃っていますね。

今年は、そういった華やかな場所に行くこともなく、今日を迎えた私ですが、先日の朝餉の会で、コーヒーのお伴に良いかな? と、写真のチョコを近くのスーパーで買って来ました。皆さんに好評で、「何処で売ってるの?」と聞かれましたから。。。ちょっと紹介を。

そのスーパー、≪成城石井≫の商品を置いた一角があります。

そこで買いました。シンプルなマシュマロをチョコでくるんだものです。

税込で、808円。

      ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

さて、この時期、寒ざらし・・・という言葉があるように

干すって事に向いていますね。寒さが好い仕事をしてくれます!

私はこんな事を・・・伊予柑のピールです

002_640x480食べ終わった伊予柑の皮が勿体なくて作るのです。

皮の60%程の砂糖で作りました。

ネット検索すればレシピが沢山でてきますが。。。

003_640x480 ① 茹でこぼし3回。 

 ② 砂糖と、ひたひたより少なめの水分(茹で汁でも良いと思う)で火にかけます(中火)

 ③ 沸騰したら弱火にして10分程(?)煮て蓋をしたまま冷         ます。一晩置く位の気持ち。 

④皮を取りだして、蜜だけを火にかけ、少し煮詰める(糖分の濃度を上げる)

⑤皮を戻し入れ、又少し煮たら火を止め休める

 ③、④を3度位繰りかえしたら 干します。

 カラカラになる手前で干し終りにし、適当な大きさにカットする。

たっぷりのグラニュー糖を用意して、まぶせば出来あがりです。

同じ方法で、春の 土筆 もお菓子になります。

   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

001_640x480畑でできた、蕪と 紅芯大根を1cm角に切って(皮のまま)干しました。

1日~2日位

甘酢漬けです

004_461x640友人に貰ったのがとても美味しかったので真似しました。

煮干し、昆布、柚子(種だけ取り除き適当に切って)、砂糖、酢、醤油、(湯冷ましを少し加えてみた)

さて、どんなお味に出来あがるか楽しみです。

写真で緑色に見えているのは紅芯大根の皮の色です。

 

2019年2月11日 (月)

映画・マスカレード・ホテル

Img009_453x640_2 今話題(?)の映画を観てきました。

夫に誘われて・・・私自身はほとんど情報を持たないままでしたが、観るほどに引き込まれていく。

ミステリーのようでありながら、そうでもない。

次はこのホテルで殺人事件が起きる。。。と、

予想されて送りこまれた警官たちがホテルマンに扮し、というかホテルマンになりきって。。。

だから、ホテルってこんなにも お客様 の為に動くのかと、そこに驚きを感じながら観ている私がいました。

ホテルの知らない面に気付かされたというのかな?

そういう面白さがあったと思います。

話題になっている映画なんだなっと感じさせる、観客の多さ。

久しぶりにそう思いました。

岡山イオンシネマ・・・まだ当分観られそうです。

この冬初の景色にビックリの朝

  リュウキンカの鉢の雪。置物の猫に積もった雪。

028_640x480 031_640x480 030_640x480

連休ということや、昨日 朝餉の会で疲れが残っていたということもあり、今朝はいつもより1時間以上かな? 起きるのが遅かった。

階段を降りる手前の窓から外の様子を見るのが、いつもの習慣となっているが、今朝は何気なく目を向けた風景が真っ白! 雪が積もっている!!

昨日の朝餉の会で、話しをしたばかり。。。

「一年に一度位は雪景色も見たいなって思うよね~~」

「電車に乗って(伯備線)北の方まで行こうかナ なんて思ったりもするんだけど」

そんな話をしたのが昨日。

まさか、今日は雪になるって予報・・・出てたかしら?

思ってなかった突然の雪景色出現に、体の中から何かしら力強い物が湧きあがって来る感覚。

雪国の方、特に豪雪地方の方々には申し訳ないけれど、雪景色を観たいという思いって、あるんですよね。

子供の頃? いいえ、結婚して我が子が小さかった頃にも、ひと冬に一度くらいは雪が積もり、大きな雪だるまを作ったり、雪で滑り台をつくって遊んだことを懐かしく思い出すのです。

近年は雪遊びが出来るほどの雪が降らなくなってきました。

まるでゴミのようにチラチラ・・・雪かしら? って云う程度です。

今日は、コンサートに行こうかなって思っていましたが、様子を見ながら決めようかと。。。前売り券を買ってなかったことが、ゆっくり判断を可能にし、これも良かったかな!

2019年2月 4日 (月)

風邪にエッグノックが良かったかも?

インフルエンザが猛威をふるっています。

Img008_640x428我が家では勿論ワクチン注射をしていましたが、警報が出るほどになったので気をつけていたのですが・・・

夫が少し咳をするようになりました。でも熱は6度台前半で

「インフルじゃないよね!」っと話していたら、

夜中に一度8度台まで上がったけれど、朝になったら6度台に下がってた。

だけど念の為ということで内科にかかったのね。

すると、A型のインフルエンザだと判明。

最近の治療は吸引式の薬を、その場で薬剤師さんに入れてもらって、その1回だけで終了。 後は薬も何もでなくて終了でした。

ワクチンをしていたお陰でしょうか?とても軽くて済みヤレヤレです。

食欲もほとんど平常時と変わらずでしたが、体を温めるものがいいだろうと、本に出ていたのを参考にしてエッグノックを作ってみました。洋風卵酒です。

エッグノック 2人分

卵  1個 ・ 砂糖 大匙2 ・ 牛乳 200ml ・ 

ナツメグ 少々 ・ ラム酒 大匙2(我が家ではこれの半分に減らした) 

作り方

①ボウルに卵を溶く。 砂糖を混ぜ、牛乳も加える

②鍋に漉し入れ、中火にかける。

 とろみが出るまでゆっくり温める。 (卵が固まりやすいので沸騰させないように注意する)

 火を止め、ラム酒を加える。量は好みで加減する。

③カップに注ぎ、ナツメグを好みで振りかける。

  ~~~~アルコールに弱い私にもこれなら大丈夫、美味しく飲めました。

普通の甘酒も良いけれど、時にはこんなのも如何ですか?

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »