« 閑谷学校へ | トップページ | 夕食を簡単に »

2018年11月15日 (木)

皇帝ダリアが咲いた

真っ青な空に向かって、我が家の皇帝ダリアが咲きはじめました。

008_640x480
今年の花、特別な感慨があるんですよ。

大型台風が通過した時に上から30~40cmのところで幹がポッキリ折れてしまったんです

それと、根があらわに見えるほど全体が斜めに倒れて・・・

この様子を見た時には、もう駄目だな! って思いましたけど、

駄目もと・・・そんな気持ちで木を真直ぐに立てなおして根元をしっかり踏み固めておきました。 その時には先が折れていることにはまだ気付いても無かったけど。

の右のが折れています。 褐色になったところが辛うじてつながっている部分です。はじめは、皮1枚でやっと離れずにいるという様子だったのが、時が経つうちに皮が肥厚したみたいです。

010_640x480

暫らく経って折れていること、その先が垂れ下がっていることなどに気付いたけれど、手も届かない上の方だし、折れた先がまだ緑色をしていたから、そのままにしておきました。

そして今朝、今年の1番花が咲いていたんです!

この前のブログでは楷の木の元気になった姿を紹介しましたが、今日は我が家の皇帝ダリアの強い生命力を紹介させていただきました。

皇帝ダリア・・・つくづく不思議な植物だなあ~と感じます。

このところ、真っ青な秋空や小春日和の陽の光が、キラキラ キラキラと庭の木々を通して、それはそれは綺麗です。

今日の一日を大切に過ごしたいなあ~ と、その輝く様を見ながら思います。

« 閑谷学校へ | トップページ | 夕食を簡単に »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 閑谷学校へ | トップページ | 夕食を簡単に »