« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月18日 (日)

じゃが芋食べ比べの夕食・いつもの蒸し方で

昨日から1泊2日で出掛けたので、今夜の夕食、何も考えてなかった。

帰って来たところに、北海道の知人から宅急便でじゃが芋や豆などがどっさり届き、今夜はじゃが芋2種の食べ比べをすることに。

前回もブログで紹介したいつもの蒸し方を今日は写真入りで

026_640x480027_640x480さなのある鍋と晒しの布巾で作った袋

二つ折りにして1つの辺だけを縫ってあるものをいつも使っていますが、なくても大丈夫です。

028_640x480029_640x480今日は2種のじゃが芋と人参1本、大根も加えてみた。それと卵2個。

卵15分、他は20分~25分蒸す。

031_640x480← じゃが芋が1個しか乗ってないけれど、これは北あかりで、後 十勝こがねと云うのを蒸して食べ比べた。

北あかりの方が ホクホクした食感。

十勝こがねは煮崩れしにくいとか。

032_640x480
今夜は旅行帰りということで、間に合わせの質素な夕食。

蒸した野菜には冷蔵庫にあった生ハムを合わせたら(巻いて)とても美味しい。

もう一皿は、先日の料理と同じようなものになったが、玉葱、エリンギ、青梗菜、レタスをオリーブオイルで炒め、鶏のスープをたっぷり目に加え沸騰したところに、素麺を半分に折って加えてみた。スープの味がしっかりしているので、他に調味料などは足さなくても十分美味しい!

夫は網走ビール、私は野菜ジュース。食後はミカンと柿も食べた。

ご飯はなし。

昨日、今日と食べ過ぎ気味だったので蛋白質は少ないがこの位でも十分かと。。

2018年11月16日 (金)

夕食を簡単に

友人Kさんとの話しです。

彼女はご主人が退職されてから食事の在り方を見直したそうです。

昼食に重きをおき、焼き肉などもお昼にたべ、

普通、昼食に手軽に食べる、うどん などは夜にもってきたと、云いました。

夕食後は、もう寝るだけですから・・・と。

我が家だって、夕食後はテレビを見るくらいで、これと言って何もしないのだから、それが良いかな~~

と言っても、長年の習慣を、ガラっと切り替えるにはちょっと工夫も必要かも。

昨晩は こんなものにしてみました。

004_640x480
中華風って云えるかな? スープの様な八宝菜のようなもの

それと、常備菜のイワシの梅煮です。夫はご飯も

002_640x480

材料は↑まとめ蒸しの じゃが芋、人参、(卵は使わない)

  まとめ蒸しは、一度にじゃが芋3~4個、人参2本、卵 3個位をします

洗ってジップロックに入れてある 青梗菜

エリンギは 買って来たままのがあったので、それを。

他に、冷凍庫にあったシーフードミックス

 ◎ 先ず、鍋にオリーブオイルをたらし、青梗菜、エリンギを軽く炒める

   少量の水で火を通し、中華スープの素を入れる。

   あらかた火が通ったら水分を増やす。 

  (鶏のサラダチキンを作ったのでそのスープも使った。味がグンと良くなる)

  冷凍のシーフードは解凍して加える

  じゃが芋の皮むいて、半月切り、人参も同じように切って加える

  味を調える(溶き卵が少量あったので最後に加えた)

  片栗粉でとろみをつける

 以上、15分位で用意できたかなと思います。

*鶏のサラダチキンはブログ「ごはんのメモ帳」のminigardenさんのものを参考にさせてもらっています 

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 鶏ムネ肉 400g、水2C、砂糖 大匙2、塩 大匙1、根生姜 薄切り1片

 私はニンニク1粒(つぶして丸ごと)

1、肉は全体にフォークなどで穴をあける

2、全部を混ぜ合わせ(肉も調味料、水など全て)ポリ袋に入れ、冷蔵庫で1時間~一晩つけこむ。

3、②を汁ごと鍋に移し、肉が浸るまで水を足し火にかける。

  沸騰したら蓋をし弱火で10分ほど煮る。そのまま冷ます。

私はムネ肉3~4枚一度に作り、冷凍します。

  茹でた後のスープがとても美味しいので捨てずに、利用して下さいね。

2018年11月15日 (木)

皇帝ダリアが咲いた

真っ青な空に向かって、我が家の皇帝ダリアが咲きはじめました。

008_640x480
今年の花、特別な感慨があるんですよ。

大型台風が通過した時に上から30~40cmのところで幹がポッキリ折れてしまったんです

それと、根があらわに見えるほど全体が斜めに倒れて・・・

この様子を見た時には、もう駄目だな! って思いましたけど、

駄目もと・・・そんな気持ちで木を真直ぐに立てなおして根元をしっかり踏み固めておきました。 その時には先が折れていることにはまだ気付いても無かったけど。

の右のが折れています。 褐色になったところが辛うじてつながっている部分です。はじめは、皮1枚でやっと離れずにいるという様子だったのが、時が経つうちに皮が肥厚したみたいです。

010_640x480

暫らく経って折れていること、その先が垂れ下がっていることなどに気付いたけれど、手も届かない上の方だし、折れた先がまだ緑色をしていたから、そのままにしておきました。

そして今朝、今年の1番花が咲いていたんです!

この前のブログでは楷の木の元気になった姿を紹介しましたが、今日は我が家の皇帝ダリアの強い生命力を紹介させていただきました。

皇帝ダリア・・・つくづく不思議な植物だなあ~と感じます。

このところ、真っ青な秋空や小春日和の陽の光が、キラキラ キラキラと庭の木々を通して、それはそれは綺麗です。

今日の一日を大切に過ごしたいなあ~ と、その輝く様を見ながら思います。

2018年11月 9日 (金)

閑谷学校へ

173_640x480

秋が深まってきました。

紅葉の便りが次々に届きます。過去に観にいった所なら、その時の様子を思い出して懐かしむ・・・最近はこれが多くなりました。

夫の知人からのメールで≪閑谷学校の楷の木、紅葉が素晴らしい≫と連絡が。閑谷までは車で1時間程と近いこともあって、過去に何度も行っているけれど、3年位前かな? 行った時には木がとても傷んでいて葉の数もあわれ・・・色もあわれで、その後行ってなかった。 今年はテレビで観て、あっ!あんなに綺麗になってる! と、驚いた後に届いたメールだったので、朝イチを目指して出掛けました。9時5分位だったか・・・すでに数人のカメラマンが居たけれど、ゆっくり楽しめました。 閑谷学校については→こちら

166_640x480 169_640x480 171_640x480

もうだめかと思うくらい傷んでいた2本の楷の木、見事によみがえってました。

向かって左の木は赤く、右の木は黄色く色づくのです。

駐車場の周りのモミジの赤もみごとでした。

例年と同じに、黄葉亭まで散歩も。モミジや栗の落ち葉を拾ったり。。。

その後、八塔寺ふるさと村まで足を伸ばしてみましたが、こちらは随分哀れ。

茅葺の屋根があっちもこっちも、崩れたり、崩れかかっている。

そんな所でも野良仕事をしている方がありましたが、ここで暮らすのは大変だろうなぁ~ と。

178_640x480私の好きな植物が宝石のように

輝いてました。 

一枝、二枝・・・ 貰ってきました。

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »