« 手紙・愛する子供たちへ&南瓜のタルト | トップページ | 朝餉の会そして、 手抜きのお昼 »

2018年10月12日 (金)

ボランティア導入20周年

Img001_513x640岡山済生会総合病院にボランティア活動が導入されて今年20周年を迎えました。

私はボランティアの3期生なので、17年間ボランティア活動に参加してきたという事なのかな。

10周年の時にも記念誌がでましたが、今回も左の様な記念誌が発刊されました。

院長先生はじめ、看護部長さん、看護師長さんからのお祝いの言葉や、ボランティア全員の短い言葉が載っています。 

カット(挿絵)は絵手紙グループのものが描いたものが使われているので、とても良い記念になりました。

先日、ボランティア総会に続き、緩和ケア担当のDrの講演があり、その後は会場を移して記念の食事会までありました(会費制で)

001_640x480_640x480_2 002_640x480_640x480_2

前菜  スープ  パン

003_640x480_640x480_2 004_640x480_640x480_2

サラダ          肉料理

005_640x480_640x480_2 デザート コーヒー

どれも美味しかったです!

ボランティアを卒業された大先輩の方がたも多数参加され、食事をしながら、久しぶりにお話 伺えました。

皆さん、ボランティア活動が人生における重要な(貴重な)ものであったと、言われました。 

私も、偶然のきっかけでボランティア活動を始めたのですが、私の人生を顧みたとき、やはりこれが無かったら、つまらない生き方をしたのじゃないか? と思えるのです。

ボランティアは無償の活動ですが、こんなこともあるのですよ ↓

008_480x640_480x640_2 006_640x480_640x480

 患者さんのご家族からボランティアへ差し入れメッセージ付き。

月1で開催しているイベントに参加された方からのお礼状。

とても嬉しくて胸がジ~ンとします。

010_640x480_640x480デイルームの壁面飾りはお月見が終り、秋模様のパッチワークに変わりました。

007_640x480_640x480_2我が家で咲いた花と、柿の葉も綺麗な色に染まっていたので、持って行きました。

努めて、外の風を届けたいと思っています。

季節を感じて頂けたら嬉しいので・・・

« 手紙・愛する子供たちへ&南瓜のタルト | トップページ | 朝餉の会そして、 手抜きのお昼 »

ボランティア」カテゴリの記事

コメント

tomokoさん、こんばんは、ご無沙汰しております。
素晴らしい活動、17年間も・・・尊敬いたします。
私も失業した時、近くの ディサービスで週1~2でお手伝いしたことが・・・
でも半年くらいしか続きませんでした。
私には人と関わっていくという資質が欠けていたんだと・・・。

>>雪ん子様

 こんにちは!  17年・・・過ぎればあっという間?
いつの間にか歳をとってしまいました。あとどの位出来るか分かりませんが、仲間と過ごす時間は楽しいですし、緩和ケア病棟の方がたからは学ぶべきことが沢山あります。
人生の最後の時間ですよね・・・人それぞれ・・・選ぶことは出来ませんが、願わくば平安な気持ちで過ごしたいものです。

偶然ですね。私が今ボランティアをしている子供病院も今年15年を迎え今その準備が進んでいます。

記念誌の表紙になった絵手紙がとてもきれいで素敵です。
食事会もありびっくりしましたが、中身も豪華でびっくりです。
17年間ご苦労様でしたね。お疲れ様です。

子供病院では月曜から金曜日まで1日2グループあり、そのほかに私が震災後に移ったラベンダーの手入れ専門の緑のボランティもあり、人手が多いので私はもっぱらバザーに参加するだけのきらくさです。

17年も続けられるって本当に立派だわ
ボラで得たものもきっと大きいと思いますし
tomoko様が皆さんに与えた愛情の深さ
分かるような気がします
緩和ケア病棟の皆さんも最後に
素晴らしい時間と思い出に感謝ですよ
健康に留意して続けてくださいね

006の画像クリックしても大きくならないのかしら

おはようございます。
あっという間に過ぎ去ったでしょう?

先日ある勉強会で講師が「ひたむきにやってきたこと、夢中になったものは?」と質問されました。
「カープ」「孫」・・・が大半でした。
tomokoさん!立派です。

>>ヒサ子様

 子供病院でのボランティアも素晴らしいです!
緑専門のボラって云うのも興味がありますぅ~
でも体力が必要かな?  人出が多いというのが羨ましいです。
私のボラは、人出が減る一方。新しい方が増えないのです。
17年、早かったです。  

>>おばさん様
 今となっては、ボラが中心とさえ思える日々です。
これを取り上げると、取り柄のないだらだら時間が残るばかりかも。  はじめる時には分からなかったけれど、私に向いていたかもしれないですね。 そして仲間に恵まれました。感謝です。
写真の件、申し訳なかったです。やり直そうと思ったのですが、すでに削除してしまってました。
ボラの皆さんに。としてコーヒー飴を頂きました。、感謝の言葉が添えられて。

>>koko様

お孫さんのお世話が大変な方が、今の時代 とても多いですね。
近くに親のいない方は子育ても難しい時代なのかなぁ~
我が家は孫にはほとんど・・・冷たいのかも?  でもつい先日、小1の孫の参観日に代わって行ってきました。 子供たちは授業中に言いたい放題言います。先生はそれらを決して否定せず、上手に授業を進めていて、昔とは違うなあ~ と、驚きました。
私、ちっとも立派なんかじゃありませんが、たまたま出会ったことが私に向いていたのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手紙・愛する子供たちへ&南瓜のタルト | トップページ | 朝餉の会そして、 手抜きのお昼 »