« 沖縄慰霊の日 ・平和の詩「命よ響け」 | トップページ | 水墨画展 »

2018年6月28日 (木)

しれとこ100平方運動

Img001_468x640暫らく前のことになりましたが今年も左の写真の

しれとこの森通信」が届きました。

森通信の大きな文字の下に、ごく小さな文字で「しれとこ100平方メートル運動40周年特別号」と書いてあります。

もう、そんなに長い時間が流れたのかと感慨深いものがあります。

又、下の方には森トラストの文字も。

40年近く前、トラストという未知の言葉に出合って、一体どういうことか解らなかった私でしたが、英国を発端とするナショナルトラスト運動なるものがおこり、市民がお金を出し合って土地を買い、自然を守ろう! と。

ごく簡単にいえば、こういう運動です。

日本では40年前に元朝日新聞論説委員の辰濃和男(たつのかずお)氏が、天声人語に初めて100平方メートル運動を紹介したそうです。

1977年(昭和52年)町長の提唱で「しれとこで夢を買いませんか」という運動が始まる。一口8千円で夢を買ってもらう。これによって土地が確保された

1997年からは「しれとこで夢を育てませんか」の運動がはじまり、これは今後もずっと続く運動で、一口5千円の寄金をあおいでいる。これによって 確保した運動地を原生林に戻すという仕事を進めている

我が家にこの小冊子が毎年届くのは、昭和52年末っ子(3人目)が生れたあと、さて、どのくらい経ってから? 今となっては すぐには思い出せないのだが、家族5人、全員の名前でしれとこに夢を買ったからです。

知床の近く、網走市には夫の大学の同級生がいて、訪ねて行ったり、岡山へ来られたり・・・年に何度か互いの地の産物を贈り合ったりさせてもらっています。

・・・が、トラスト運動の地には行ったことがありません。

ところが面白いことに 知り合いの方が

知床にいったら、○○さんの名前があったわよ!」 と、教えてくれました。

へえ・え~ 寄付をした人の名前が彫ってあるのか、書いてあるのか詳しくは分からないけれども、  今までに2人から聞いたことがある。

大勢の名前が書いてあるのだろうが、そういう時に 人は多分、自分と同じ県の所を見るのだろうなあ~ 自分達もそうするだろうと思うから。

例えに出すのはどうかと思うけれど、沖縄の平和のいしじを見た時に、私もそうした覚えがある。

2007年、エゾシカの個体数調整も止む無しと、方針変更に伴いようやく本来の森づくりのスタート地点に立ち戻った感があるとか、この冊子に書いてあった。

地道な作業だろうと、苦労の多いことは容易に想像がつきます。

私達の夢をのせて、一歩一歩より自然な姿へと変化していくことは何と楽しみなことでしょう!

« 沖縄慰霊の日 ・平和の詩「命よ響け」 | トップページ | 水墨画展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます~♪
ご無沙汰をしています。
昨日はご訪問、コメント有難うございました。
↓の記事を拝見してコメントを迷いました。
実は夫の叔父は学徒出陣でS20年6月20日に沖縄で戦死しました。
その上の叔父も結婚して家を出ていたのですが大陸で戦死しています。
兄弟で唯一、教員をしていたために出征しなくて生き残った義父が、一度だけ沖縄で戦死した弟の話をしました。
今日の記事も色々考えさせられました。
上手く言い表せなくて・・・御免なさい。

知床にトラストの運動があったのを初めて知りました。
とも子さんのお宅ではご家族でその運動に参加されたのですね。夢のある運動ですね。 あの自然は大勢の自然を愛する人たちのたまものだったのですね。

知床には10年近く前に行きました、時間がなくて船に乗ることができず残念でした。
是非行かれることをお勧めします。

>>>とんちゃん様

 叔父さんお二人の戦死は、ずしんと重~い鉛のごとく皆様の胸にしまわれているのでしょうね。 尊い命を捧げられましたね。
私の様に身内に戦死の者がないものとは比べようもないです。
 猪、鹿などの被害は年々身近にせまり、今年は遂に我が家の竹藪にまで及んで来ました。 エゾシカの個体数調整にも複雑な感情が湧きます。

>>>ヒサ子様

 知床へ行かれたことがあるのですね!  私はこの運動の始まる前だったと思うのですが、知床の原生花園へは行ったのですよ。でも随分長い時が流れ、記憶からほとんど消え去ってしまってます(笑) 北海道へはもう、多分行くことはないかな~?
何をしても疲れやすくなってしまいました。近場でのんびりが一番です。

イギリス 十数年前ピーターラビットの里を訪れたとき このナショナルトラスト運動について初めて聞きました。
最近では海老蔵さんや亡くなった真央夫妻が植樹運動を続けていらっしゃるのもこの思いに通じるのかな。
知床は大学時代に貧乏旅行して以来 今後万が一機会があればお名前探してみよ。またこういう運動にささやかでもかかわってらっしゃるご夫妻素敵。
さて以前シニア大学で東北の大学に行かれましたね。あれはどこでしたっけ?「銀河鉄道の父」を読んで聞きたくなりました。

>>>のぶりん様

 ようこそ! ようこそ! 訪問、コメントをありがとう!
嬉しいです!  知床にささやかな夢を買いましたが、実践的な働きは全くしてないのが残念ですよね~
 シニアカレッジはね、弘前大と岩手大へ行きました。岩手は宮澤賢治と啄木を県をあげて動いてる感じをひしひしと・・・でしたね。どちらも、私の人生に大きなインパクトを与えて貰えたと、大事な思い出です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖縄慰霊の日 ・平和の詩「命よ響け」 | トップページ | 水墨画展 »