« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月30日 (水)

映画 「モリのいる場所」をみました

一昨日、いつものように数人のブログに訪問。そこで

「モリのいる場所」の映画をはじめて知り、観たい!

岡山では何処で? 

・・・検索

するとその日、11:40分からイオンシネマでの上映がある!

何とか間に合いそう!!

 こういう時、毎日サンデーの身はいいですねぇ~ 急いで出掛けましたよ(笑

モリ・・・とは画家、熊谷守一さんのことです。30年も自宅から外へ出掛けることなく、昼間は庭の生きものを観察。夜になって画を描く暮らし。

樹希樹林さん(奥様)とお手伝いさん(モリ役は山崎努)の三人の何とも愉快な暮らしだが、来客は多い。

こちらをどうぞ。

私は何十年も前に、友達と東京のこのお家・・すでにモリは故人となり、家は美術館となっていた・・・を訪ねたことがあります。

映画館は我々年代の方達がほとんど。 何度もクスクスと笑い声が漏れ聞こえてくる、楽しい映画でしたよ! 

機会があればお勧めです。

始まり前に次々流れる予告編で、樹希樹林さん沢山出演されてるなあ~ って感心しました。 つい先日、全身癌だと、ご自分でおっしゃってましたが、歳をとられてからとても良い雰囲気を出されてますものね。

001_640x557観たいと思う映画が何本かありました。(日本のや、外国のや)

時間を作って又観にこようと思いました。

梅雨入りも間近ですね。 体調管理に気をつけましょうね!

我が家のアジサイ、例年以上に青味がつよく出てて、嬉しい!

2018年5月25日 (金)

神楽鑑賞の旅

ジパング倶楽部の1泊2日ツアー。

広島神楽、島根県の石見神楽、同じく島根の奥出雲神楽と、三つの神楽の鑑賞。

数年前に奥出雲地方の素朴な雰囲気の神楽にとても感動し、もう一度観たいと、ずっと思っていたのでした。

10人(夫婦5組)のツアー。金沢から参加の方もありました。

広島まで新幹線、そこから28人乗りの中型バスに乗り換え広島県北へ。

008_640x480012_640x480広い会場、座わり席の後ろに椅子席。

楽な椅子席で鑑賞。面の早変わりが何度かあった。派手さやテンポの良さもあったり、蜘蛛の糸が出たりした。

045_640x495067_640x480石見神楽は夜神楽、外の神楽舞台で。

ヤマタノオロチ退治、大蛇の絡み合いが見所らしい。派手に火を吹く。

奥出雲神楽、私の観たかった小河内社中

104_640x480098_640x480のもの、場所も同じ、演目も同じ大蛇退治だが、石見神楽の様な派手さが一切なく、大蛇も1頭だけ、老婆、老爺の素朴な面。

私は、これが一番好きだと、改めてそう思った。

015_640x480バスからの眺めは、行けども行けども山の中。緑一色。

水田には若苗が整然と植わっている。 日本の故郷と云った風景。緑の中に石州瓦の茶色が、昔話を連想させるようで、この感じがとっても癒しを与えてくれる。

092_640x480088_640x4802日目の昼食は、農家レストラン。JRの豪華列車「瑞風」のお客さまも行かれる所。

身近な材料に工夫が加わり、手間のかかっていることが感じ取れる。
どれも、とても美味しかった。

090_640x480089_640x480

2018年5月16日 (水)

熊山英国庭園へ

娘が6日間ほど帰省中です(今までは仕事の関係で1泊しか出来なかった)

天気も良いし、バラの季節だから丁度良い!

車で30分余り、熊山英国庭園→こちらへ行ってみました。

バラは少し早い?  パーゴラに絡まったツルバラはほとんど蕾でした。

001_480x640002_640x480

でもね、ここはバラだけでなく、庭園として多種の草花があるので散策が楽しいんです!  

娘いわく、「広過ぎないのがいいね!」 

ほんと、そうなんです!  疲れない。 カフェもあるので途中で一服も可能。

003_640x480大好きなところです。 でも訪れるのは、年に1回位のものですが・・・

睡蓮が澄んだ空気の中、朝の光を受けて、綺麗です。

あっ!  あのバラは・・・アンネのバラのようだ!

005_496x640表にまわってみると・・・やはりそうです!

私の朝のウォーキングで通り過ぎる教会の庭に、ちょうど今咲いている花です。

004_640x468バラも多種多様な苗が売られていますが、

私の心の中で、いいなあ~ と思っているバラの一つですhappy01

バックヤードで、花の苗を売っていて、バラは買えなかったけれど、ニューカラ―という、赤茶色のマリーゴールドやラベンダーとか花の苗をいくつか買って帰りました。

2018年5月12日 (土)

足立美術館へ・バス旅行

月1回のサロンを今月はバス旅行としました。

バス旅行を始めて、今回が3回目。

1回目は、第九の日本での初演の地、鳴門と、阿波踊り

2回目、広島県三次市(先ごろ廃止になった三江線がある)で、   奥田玄宗ご夫妻の美術館、とジュサブロウ記念館へ

そして今回、鳥取県の足立美術館と安来節演芸館です。

行き先が決まれば、後のスケジュールや、食事処は旅行社が決めてくれます。

・・・が、問題は料金をなるべくお安くしたいので、参加人数の確保です。こればかりは、私達が幾ら頑張っても、頑張りきれません。皆さんのご協力あって、

027_640x480今回は38人の申し込み、でも、前日夜になり1組のご夫婦からキャンセルの連絡。 ウヮ~オ~!!  ですが、8時に10分前。 旅行社に電話!

食事、美術館、演芸館の返金手続きをして下さいました。良かった!

キャンセルの原因は、奥様がいつも服用している薬が旅行前に変わったことら・し・い・(絶対これとは云えないですが、ということながら) 下痢が止まらなくなったのだと。 そりゃ大変。 そうなれば誰であってもキャンセルしますわねぇ~  何ともお気の毒で、気持ちばかりのお土産と共に返金を届けておきました。

001_800x600足立美術館は個人のコレクションから始まっています。

横山大観が好き! 日本庭園が好き! そして、殿方の大半の方がお好きな○○が好き! 

という方だったそうで、美人画が多いのだと、バスガイドさんの説明がありました~~

私を含め、ほとんどの方が1度や2度は「行ったことがある」という美術館ですが、何度行っても「やっぱり良いなあ~~、季節を変えて又来たいなあ~」と感想が漏れてきましたよ。

演芸館は、前回の朝ドラにも登場した、どじょうすくい です。 

今回の仲間(サロンに参加している)から3人が舞台で少しだけ踊りました~

ふ・ふ・ふ・ と、笑えてこれはこれで楽しかった!

食事処は旅行社任せだったのですが、清水寺の門前にあるお店(初めてです)精進を中心に、一部鶏肉など使ってある料理。 味も良い、分量も多すぎず良い、と 好印象でした(良かった よかった)

そして、お天気がとても良かったの。 澄み切った爽やかな天候で、帰路、一番最初の写真ですが、 大山(だいせん)がくっきり眺められました。

山と書いて、センと読むのは、中国地方に多いそうで、仙人の住む山を指すのだと、これもバスガイドさんが教えてくれました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~

こうして、3回目のバス旅行も何とか無事に終了。

皆さんから感謝やら喜びの声を聞かせて頂くと、今度は~~? などと、つい考えてしまうのです。でもね、次があるかどうかは分かりません! とお答えしてます。 この歳になると、何事も一期一会、いつ何時・・・何があるか判りませんからね。 

だから、今を精一杯に生きたいと思うこの頃です。

2018年5月 7日 (月)

コクリコ・・・ひなげし

ある人々にとっては、長い長~い 大型連休が昨日で終わった。

毎日サンデーの私達は、その間 息をひそめる様な思いで過ごした。

畑仕事に多くの時間と体力を使い、家に帰れば帰ったで、庭仕事も切りが無い。 嫌いではないし、どちらかと云えば 好き! 

でも体力の衰えを 嫌というほど実感した時でもある。

Img003_450x640 ~~~~~~~~~

絵が描けなくなった。 時間がない? のではなく

描きたい気持ちがゼロになったわけでもなく、

一度スケッチブックを広げて、描きはじめてみたが、

集中力が欠けたのかな? 元々 技術が無いのは分かり切ったことなんだけど、楽しみに少し・・・描いていたのがさっぱり駄目になってしまった。

ボランティアで患者さんと一緒に描く葉書絵なら、描けるので、一番小さいスケッチブックに今朝、久しぶりに描いたのがこれ。

先日来、コクリコという言葉が心に引っかかっていて、描いてみたかったから。

繁殖力旺盛で、庭で見つけたら1本残さず抜く花だけど、花は可愛いね~

ひなげし とか、ポピーと云うのが一般的だけど、

与謝野晶子がパリに着き、愛しい与謝野鉄幹に会って詠んだのがこれだという。

「ああ皐月 仏蘭西の野は火の色す 君のコクリコ われもコクリコ」

フランスの野一面がコクリコで真っ赤に燃えるようだったらしい。それを自分と夫の燃える思いに重ねたのですね。

*コクリコは難しい漢字で、出てこないのでカタカナで失礼します。

朝から雨です。畑仕事も庭仕事も、今日はしません。

2018年5月 2日 (水)

緩和ケア病棟、5月壁面飾り

5月といえば、端午の節句。

端午の節句と云えば、鯉のぼり・・・と、私は単純にそう思ってしまいます。 

そして、緩和ケア病棟の壁面飾りが桜のイメージから青空を泳ぐ鯉のぼりになりました。 (先週の火曜日に変えたのですが)

006_633x640_2

諸々の都合で鯉のぼりが壁面の左に寄ってしまいます。右側の大きい空間をどうする??  

苦肉の策、藤のイメージのつもりで色紙を貼りました。    今イチ、何というか~ 物足りないですよね~ でも、先週は時間切れでそこまでしか出来ず。

そして、昨日(1週間後の火曜日です)

10年ぶりにOさんが、ボランティアに戻って来て下さった!

10年前にはOさんが壁面飾りを一手に引き受けてしてくださっていた、すごい実力のある人です。

子育てや、他にも事情があったのかと思いますが、お子さんも社会人と大学生になり、時間的なゆとりが出来たのでしょうか。 まだ、ゆっくりとお話しする時間も持ててないのですけれど、 ボランティアは減るばかりで増えないのが悩みのところへ、Oさんの出現は大きな力となりそうで、大喜びなんです。

私「Oさん、ここ、藤のイメージなんだけど、少し藤の花の形を作って貼って貰えない?」

O「ハイ、わかりました!」

004_800x630まあ~ 何という気持ちの良い返事だこと! 

そして昼前には、左の写真のように出来あがってました。

すご~い!!  嬉しい! 

これから先も、Oさんの力を大いに発揮してもらえそうで期待が膨らみます。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~

さて連休です。間違っても遠出などするでない! 

普段以上にじっと、家で過ごそう! 

そう、思っているのに、 何でかなあ~~

なんか、いつもと違う所へ行きたい気分がムクッと湧きおこったりするのね。

色んなイベントもあるしね。。。

001_640x480それで、ここなら、そんなに遠くないし・・・レンゲ畑を見に行こう! と、出掛けました。

ところが・・・なんだろう? 

詐欺に遭った気分でしたよ! 今年のレンゲ畑はこんな感じで、びっくりです。 レンゲ祭りと銘打っているのが笑えます。

002_640x480003_480x640例年なら、手前に一面のレンゲ畑があり、その向こうに五重塔が見えるのですけどねぇ~ (この五重塔は別の場所から写したもの)

早すぎ、遅すぎじゃなく、花付きが悪いのだと云っていました。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »