« 尺八・朗読の会が終った! | トップページ | 無言館展  呉にて »

2017年11月 1日 (水)

我が庭も秋色です

寒くなりました。  

我が家の花を久しぶりに少しアップしたいと思います。

キッチンから外を見ると、

洋種ヤマゴボウの葉が朝日を受け、輝いていましたshineshine

001_480x640小鳥からの贈り物でしたが、

ここ数年同じ場所に芽を出してきます。

リビングから丁度 よく見える場所で、

夏から初秋にかけて山鳩の親子が、日に何度も実を啄ばみにやってきて、私達の目を楽しませてくれました。

今は山鳩は来ませんが、ヒヨドリが時折姿を見せています。

室内に居ながら、秋を感じさせて貰えるので大好きです。

下も、同じ洋種ヤマゴボウです。

002_640x480

メジストセージは、終わりかけてきましたが、存在感があります。

003_640x480

ツワブキは今が盛り、元気を貰える黄色ですね

一度、食べてみようと思いながらもまだ食べたことがありません

005_640x480

ほうづき 今年は虫がつかなくて、まだ可愛いです

006_640x480

007_640x480
004_480x640

サクラタデは他のタデより

ずっと出遅れて、今こんな感じです。

タデというだけあってか・・・

グングン勢力範囲を広げますね。

可愛い花だけど、あまりお勧めしないほうがいいのかな? 

なんて思ってしまいます。

県北の方へ紅葉を楽しみに行きたいのですが、体力も落ち、何かと予定もあり・・・

行けないまま日が過ぎてしまいます。

せめて庭で?  そしてウォーキングしながら、周りの風景から秋を感じているこの頃です。

皆様も、気持ち良い季節を楽しまれますように。

« 尺八・朗読の会が終った! | トップページ | 無言館展  呉にて »

」カテゴリの記事

コメント

岡山も紅葉が進んでいるのですね。
洋種ヤマゴボウの紅葉綺麗です。
キッチンから外の景色が見られていいですね。
我が家のキッチンからはリビングの様子しかみられず、一度はそれを便利と思っていましたが、今は???です。
ほおづきがれレース状になったのは素敵ですね。

青森から帰ってからは、我が家の周りも1日ごとにl紅葉が進んでいて心が落ち着きます。

>>>ヒサ子様

 秋たけなわっていうのでしょうか? 
木々の色づきと、澄んだ空気・・・嬉しいですね!
夏の間 だら~っとしていた精神も体も、生き返ったようにワクワクします。  晩秋になれば寂しさが募りますよね、今ですね!

キッチンから見えるのはリビングですか、私も子供が小さかった頃、台所仕事をしながら家族の様子が見えて、良いなあ~と思ったものでしたよ。 でも今は見えない方が・・・一人の時間を楽しむ方が・・・なんて思うこと、よくあります。ふふふ

以前のブログで「明日館」をアップされましたよね。
今日の日経土曜版で、文化財カフェの東の部ランキングで1位でしたよ!
シンプルでお洒落な窓に記憶があったので、パっと見つけたときは嬉しかったです。一般でもカフェに入れるんですね。

ご無沙汰でしたがやっと訪問できました

いつもながらのtomoko様のご活躍に拍手
皆さんも喜ばれた様子
良かったですね

紅葉狩に出かけなくとも自宅のお庭で
秋が満喫できるなんて最高

>>>ちゃぐまま様

 よく覚えていてくださいました!  そうでしたか!
嬉しいです!  明日館、今の様になってからは一度行ったきり
(多分その時のことをブログに)ですが、旅行のパンフレットなどに時々でてきています。 時にはドラマにも使われていて、目にしますが、嬉しいものです。歳と共に母校のことが一層懐かしく感じます。


>>>おばさん様

 毎日サンデーなのに、行きたいところへなかなか行けません。
ささやかながら、庭の秋色を見ながら想像力をたくましくするばかり??? ホントは紅葉狩りにも行きたいですよ!
先日の会のアンケートを見ました。 同じ場所で何度でも聴きたい。と書いて下さった方もあり、この言葉、とっても嬉しいです。

ご無沙汰しています
朝夕はめっくり寒くなり、急に冬支度を始めています
リビングの窓から色づきを感じられながらのひと時をすごされていろのですね。至福時間です
セイジの紫の色がお庭に映えていますね
長雨の影響でしょうか畑のサクランボの葉っぱが色づく前落ちています。

>>>スヌーピー様
今年の気候は本当に変でしたね。
植物もきっと 戸惑ったのでしょうね。
暑かったり、長雨や 急な寒さに私の体も
ついていけません。
綺麗な紅葉を楽しみに出掛けたいのですが
秋はなかなか忙しくて、実現が出来るかどうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 尺八・朗読の会が終った! | トップページ | 無言館展  呉にて »