« 無言館展  呉にて | トップページ | 読書 »

2017年11月11日 (土)

何もしたくない朝

寒くなりました! 

昨日の朝はあまりに寒くて、ホッカイロを貼りました。

陽が射してくれば気温がぐ~んとあがり、この時期ならではの気持ち良さと、幸せ感に包まれるのですが。。。

そんな日中の貴重な時間なのに、この気候の変わり目

(今も多分そう云えるのかな?)

頭痛の日が多い私です。

特に、低気圧が近づいている日などで、「明日は雨」という予報が出ているような日には必ずといっていいほど頭痛に悩まされます。

母もそうでしたから、ダイレクトに譲り受けているようです。

朝から、何もしたくない日が・・・結構あって、

そんなある日の朝食です。

Img004_640x489
あるものを 唯 盛り付けただけの朝食。

夫はデパートでお弁当とか、この日のコロッケのように、

美味しそうなものを買うのが好き・・・趣味みたいですよ。

レーズンパンは天満屋デパートの食品レジの前で売っている

京都の進々堂製で、これも夫好みのパン。

こんな手抜きの時、せめて食器だけでも・・・思い出のあるものを。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日、JR呉線に乗っていた時にどこかの駅の雰囲気が

昔風な木造で、板に白いペンキを塗った階段通路。

あ~~私の実家のある駅も、あんな雰囲気だった! って

突然、思い出しました。

私は中学から寮に入っての学生時代を過ごしましたから、

季節の休みになると一刻を争う気持ちで帰省したものでした。

その時に、駅の改札のところで父母がにこやかに迎えてくれたこと、

突然に、とても懐かしく思い出してしまって、

目頭が熱くなりました。

無口な父でしたが、駅に出迎えてくれた父の笑顔が(何故か母でなく父の)何十年も経った今懐かしい!

あの駅は、多分今もそんなに変わってないと思うけど。。。?

その両親やご先祖様の墓地は岡山にありましたが、今月終りには実家の近くに移転します。 岡山が大好きだった父でしたが仕方ないです。

« 無言館展  呉にて | トップページ | 読書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
柿とミルクティーは我が家と一緒でしたよ、うふふ!

呉線はレトロな駅が多いでしょう?
特に三原寄りは大赤字線ですのでほっぽらかしみたい。
そのうち廃線になるのでは?と鉄道ファンの我が家はやきもきしているのですよ。

お墓を近くに移す話はよく聞きます。
写経会に行っているお寺にもそういう方がどんどん増えてきています。

こんばんは、ご無沙汰していました。
PCの調子が悪く、すぐフリーズしてしまう、ときどきお邪魔はしたのですが書き込みになるとフリーズの繰り返しでした。
今夜はご機嫌が良いようでやっと書き込みができました。
頭痛はつらいですね。以前そうだったのでご苦労がわかります。
仕事を辞めてからめったに頭痛に襲われることがなくなり、、その点では今は助かっています。
そんな中でも、朝食の食器に気を使っていて、感心させられました。朝食は常に手抜きの私、食器にはもちろんきをつかうことはほとんどなしです。[E:coldsweats01
夫の歯の状態があいかわらずはかばかしくなく生野菜も柔らかいもの、漬物は食べれないなど制約が多く、朝食は手抜きをしているにもかかわらず、頭が痛いです。

>>>coco21様

 歳を重ねた私にはレトロという感じのものがとても愛おしく、
懐かしさで胸が一杯になりますよ。
現代の超スピードで進化する世の中にはとてもじゃないですが
付いていけなくて暮らしにくいことこの上なしです(涙)
廃線だけはならないようにお願いしたいですね。


>>>ヒサ子様

 そちらのPCも調子悪いようで。。。
私のはもっと古いウインドウズ7ですからねぇ~
ちょこちょこ調子悪くてね、そうは云っても買い換えるのは
お金もそうですが、頭がついて行かないような気がして、
決断が出来ないまま・・・だましながら使っています。
頭痛がねぇ~ 冗談でなく頭痛の種です。

tomoko様でも手抜きするって嬉しくなったわ
いつも完璧な方ですからね
食器を工夫する点は流石tomoko様

レトロ
田舎の我が家はレトロな生活を地でいっています
産まれて此の方 家を出たことがない私は世間を
知らないので良しとしています

>>>おばさん様

 何もしたくない日(特に頭痛の時)が結構多い私です。
2人で毎日サンデーの暮らしで我がまま気ままでも、
日々が過ぎていきます。
好きで買った食器類、仕舞いこんだままでは可哀そうだから
時々、出番をつくりたいと思うこの頃なのよ。
レトロ・・・昭和の時代が良かったなあ~なんて思うこと
おばさん様はありませんか? 
少し不便で、そこに工夫が生れたりするのが楽しかったような。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無言館展  呉にて | トップページ | 読書 »