« 緩和ケア病棟・・・結婚式 | トップページ | 咲きました!  宇宙アサガオ »

2017年7月26日 (水)

小さな一歩・終活

○活という言い方が巷に溢れるようになったのは何時の頃からでしょう?

シニア世代というより私などは立派な高齢者。 もしも交通事故だとか何かで新聞紙上やニュースなどに載るようなことがあれば 老人 という言い方をされる年齢です。  そんな年齢ですから○活と云えば・・・終活・・・ですよねsweat01

この二文字が頭から離れません。 それなのに、実際にはほとんど何も手に付いてないのが実状で、目に見えない子供達の冷ややかな視線に脅かされています。

そこで! 

と云うわけでもないのですが、サロンやオープンデーで使用する部屋に、処分してもいいな と思う本を並べて置くことにしました。 

001_640x480002_640x480

どなたでも、どうぞと云う右の一文を添えて並べてあります。

返却は不要と云うより、返却しない事よと言葉をそえます(笑)

喜んで持ち帰って頂いたのもあれば、いつまでも・・・というのも勿論あります。適当な時期を見計らって処分が必要になりそうです。

先日、夫にここへ並べる本の追加を頼んだところ、

Img022_478x640←のこの本も並んでいます。

あっ!  これはまだ手元に置いておきたい本です。

文庫本の中でもとてもページ数の少ない、

リンドバーグ夫人が書いた「海からの贈物」です。

そっと、引っ込めておきました。

これを機会に再度読みたくなりました。

すると、ちょうど届いた雑誌に(このところ連載となっている)沖縄の織物作家・真喜志民子さんの記事のなかで偶然でしたが、50年来の愛読書としてこの本の事が書かれていました。

Img023_640x536何だか嬉しい! 

女性の生き方、ものの考え方・・・

その様なことが書かれている。海辺の家で過ごしてみると必要なものはほんのわずかしかない・・・・などというように。

あぁ~  昭和42年に発行された本なのに、もうそんな時期から?

これって、今流行の断捨離じゃなあい?

物への執着心。これを解放することの大事さと難しさを改めて思うこの頃です。

先日のオ-プンデ―には、本に加えて、不用品も少しだけ並べてみました。

新品だけど年数の経ったパジャマや、グアム島で買ったテ―フルマットとか・・・

よく知った仲と云うこともあってか、全てなくなりました。

捨てる・・・これが苦手な昭和の人間です。

もらってくれる人があるかないか?  一度並べてみれば、捨てる勇気も出てくるかしら? 

« 緩和ケア病棟・・・結婚式 | トップページ | 咲きました!  宇宙アサガオ »

終活」カテゴリの記事

コメント

就活、なかなか難しいですね。
私も始めなければと思いながらなかなか出来ないでいます。

とも子さんのオープンデーにミニバザー?就活だからバザーは適切な言葉ではないのでしょうが、近くにいないのが恨めしかったです。
ともこさんのことだから、きっと素敵なものがあるのだろうなと、就活の言葉のそばから物欲がにょきにょきと頭をもちあげてきて情けない限りです。coldsweats01

海からの贈り物、機械があったら読んでみようと思いました。

本当の意味の断捨離って不要なものを
活かすことでしょうね
実は私も真似して不要になったものを
玄関入口に置きました
ご自由にお持ちください…って書いてね
田舎で通る人も少ないですが
それでも皆さん持って行ってくれました
素敵なピントありがとうございました

>>>ヒサ子さま

 そうね、ミニミニのバザーかしらね。
終活は難しいですね、自分の気持ちが駄目なんだろうとおもうのです。テレビで片付けやさん(遺品整理屋)が、手際良く片付けていくのを見て、この方法も悪くないかと思ったりしましたが、経費が高くつくのがいけないですね。


>>>おばさん様

 お忙しいのにコメントまで頂きありがとうございます。
仲良しの友達がコーヒーカップ2個セットを貰ってくださったり、貰いての顔が見えるのはいいですね。
大事にしていたものは、その方法がいいかもしれないわ。
でもこれじゃあ、いつまで経ってもはかどらないかな?
玄関口っていうのもいいわね!  
我が家は奥まっているから無理かな。。。

私も今、ものを持たない生活をこころがけています。棚の一部がいつも空いているようにしています。なんでもすぐ置けるから。でも・・・本だけは捨てられない!!!それでもだいぶ整理しました。古い本は文字が小さくてねえ。本は大好き。今、ちょっとのめりこむ本が無い状態で、なんとなく心に張りがありません。「海からの贈り物」ですって。読みたい!!!図書館で探してみます。

>>>ももり様

 お忙しい最中じゃないですか?
「海からの贈り物」これは捨ててはいけない気がする本なのですが、やはり字が小さくて読みずらいです。
著者はあのリンドバーグの婦人です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162646/71247275

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな一歩・終活:

« 緩和ケア病棟・・・結婚式 | トップページ | 咲きました!  宇宙アサガオ »