« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月26日 (水)

小さな一歩・終活

○活という言い方が巷に溢れるようになったのは何時の頃からでしょう?

シニア世代というより私などは立派な高齢者。 もしも交通事故だとか何かで新聞紙上やニュースなどに載るようなことがあれば 老人 という言い方をされる年齢です。  そんな年齢ですから○活と云えば・・・終活・・・ですよねsweat01

この二文字が頭から離れません。 それなのに、実際にはほとんど何も手に付いてないのが実状で、目に見えない子供達の冷ややかな視線に脅かされています。

そこで! 

と云うわけでもないのですが、サロンやオープンデーで使用する部屋に、処分してもいいな と思う本を並べて置くことにしました。 

001_640x480002_640x480

どなたでも、どうぞと云う右の一文を添えて並べてあります。

返却は不要と云うより、返却しない事よと言葉をそえます(笑)

喜んで持ち帰って頂いたのもあれば、いつまでも・・・というのも勿論あります。適当な時期を見計らって処分が必要になりそうです。

先日、夫にここへ並べる本の追加を頼んだところ、

Img022_478x640←のこの本も並んでいます。

あっ!  これはまだ手元に置いておきたい本です。

文庫本の中でもとてもページ数の少ない、

リンドバーグ夫人が書いた「海からの贈物」です。

そっと、引っ込めておきました。

これを機会に再度読みたくなりました。

すると、ちょうど届いた雑誌に(このところ連載となっている)沖縄の織物作家・真喜志民子さんの記事のなかで偶然でしたが、50年来の愛読書としてこの本の事が書かれていました。

Img023_640x536何だか嬉しい! 

女性の生き方、ものの考え方・・・

その様なことが書かれている。海辺の家で過ごしてみると必要なものはほんのわずかしかない・・・・などというように。

あぁ~  昭和42年に発行された本なのに、もうそんな時期から?

これって、今流行の断捨離じゃなあい?

物への執着心。これを解放することの大事さと難しさを改めて思うこの頃です。

先日のオ-プンデ―には、本に加えて、不用品も少しだけ並べてみました。

新品だけど年数の経ったパジャマや、グアム島で買ったテ―フルマットとか・・・

よく知った仲と云うこともあってか、全てなくなりました。

捨てる・・・これが苦手な昭和の人間です。

もらってくれる人があるかないか?  一度並べてみれば、捨てる勇気も出てくるかしら? 

2017年7月13日 (木)

緩和ケア病棟・・・結婚式

昨日、院内結婚式で、ボランティアとして活動してきました。

緩和ケア病棟ができてから、18年ほど経ったのかと思いますが、その間に3度位、結婚式があったと思います。でも私が参加したのは昨日が初めて。

何をどのように準備するのか、全く分からないまま、、、

花があったら持って来てほしいと云われたので、最後のアジサイを沢山切り、やつでの葉や、長く延びた植物とか、庭にあるものを持って行きました。同じボラ仲間でバラを育てている人が、「今咲いてるのを全部切ってきたわ!」とバラがきています。 バラがあれば、他の花はなくてもいい感じですよね。結婚式を引きたててくれます。

さ~て・・・準備はじまり!

バージンロードには・・・お雛様の段飾りにも使う赤い布(緋モウセンの代用品)を敷く

001_640x480

花を飾るのは・・・点滴棒 ・・・誰が思いついたんでしょうね! 以前にもそうしたらしいです。

002_640x480

006_480x640

そして、リボンを飾り

テーブルや椅子を並べれば、これでほぼ会場の出来あがり。

010_640x480

患者さん(新婦の父上)には内緒でサプライズだと聞かされていましたが

お父様もちゃんと礼服を着られて車椅子、新婦が押して入場となりました。

ここからは写真も遠慮して・・・会場の隅で参加、拍手を送りながら、こちらも胸にこみ上げるものがありました。

友人、親戚関係・・・20人ほどが列席された手作りの結婚式でした。

2017年7月 9日 (日)

今朝はオープンデー

オープンデーという云い方は新築の家の見学会のようで、気に入らないのですが、この会をはじめるにあたって、私達二人の思いが、

この建物の部屋をオープンにし、コーヒーのサービス付きで・・・

自由な時間を過ごしてほしい。  

そんな思いがあったので、取りあえずつけた呼び方でした。

あれから・・・ 4年? 経ったでしょうか?・・・

参加者は固定化し、内容も自然に変化し、朝ごはんを一緒に食べながらおしゃべりを楽しむ会へと変わってきました。 月に1度の会です。

因みに 今朝の献立は↓

ヨーグルトのジャム添え

ペイザンスープ(農家風ざく切り野菜スープ)

        玉葱、キャベツ、ズッキーニ、甘ピー、トマト

中華風胡瓜のサラダ

        胡瓜、人参、生姜、セロリ

野菜と大豆の豆腐ディップかけ

       ゴーヤ、スイスチャード、茹で大豆

チキンのソテー

       ムネ肉、(ニンニク、バジル、クレイジーソルト、オリーブオイル)

焼きたて食パン

コーヒー と、 バナナとクルミのケーキ

我が家の畑で収穫した野菜を主につかいますが、勿論買って来るものも。

最近作ってみて美味しかったものや、外食したときにヒントを得たりして献立を考えます。

パンはホームベーカリーで、開始時間に合わせて焼きあげたものをみんなでちぎりながら食べます。  この方法が、

例えば一つ釜の飯を食べる様な仲間意識を育ててくれるようです。

参加者は70代~80代の人で、免許を返上した独り暮らしのFKさんはタクシーで、別の独り暮らしのFHさんはバス、一番遠くからのSさんはバイクで来て下さいます。

天気予報を見ると今日は70%雨の予報。

Sさんは無理かな・・・  っと思う間にも予報通りの雨が降り始める。暫らくしたら上がった様子。 Sさん、大丈夫かも・・・? 

気を揉みながら準備を進めている内に・・・あっ、Sさんが来られたわ!

あ~~ 良かった! 

朝8時11人が揃い、賑やかな食事が始まった。

男性が3人。独り暮らしの女性が4人。

放送局へお勤めだった男性Fさんからは沢山の知らない話しがうかがえる。

「もっと、早くその事を知りたかったわ~~!」という感想もでる。

朗読の上手なFKさんが、「嵐の夜に」という絵本を朗読して下さった。

大人から子供までに大人気で、1冊読めば直ちに次を読みたくなる事間違いなしの本だそうだが、参加者誰も知らなかった本。 

聞いているだけでもハラハラドキドキして来た。 次回は2、3巻を読んでね!

と、皆から要望もでる。

秋には朗読と尺八のコラボした会も開いて頂けそうで、嬉しい!

ささやかな、少人数の会ではあるが、皆さんと顔を合わせてお喋りは楽しい。

細くても長く続くといいなと、願われる。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »