« 水彩画作品展 | トップページ | ボランティア・・・壁面飾りを七夕に »

2017年6月22日 (木)

過去の苦い思い出を聞いて下さい

私がいつも訪問させてもらっているブログがあります。

  じゃがいもの独り事 ですが、先ごろ参加されたクルージングで、遭遇した出来ごとについて書かれていました(6月20日の記事)

それを読みながら、私は7年前のスイス旅行の帰路、機内での苦い失敗が鮮明に蘇って来たのです。アムステルダムから関空へ向けて、旅行もいよいよ終り! ・・・っという時でした。

情けないやら・・・悔しいやら・・・ 恥ずかしいやら・・・

 

そんな出来事だったのですが、その事については以後、触れないように、蓋をして閉じ込めていたのですけれど、じゃがいもの・・・を読んで瞬時に蘇って来たように、自分の内では決して忘れられずにいると自覚を新たにしたのです。

これは恥かしくもあるけれど、外へ向かって吐き出してしまう必要があると思ったのです。  何かを訴えると云うわけではなく、唯ただ、胸につかえているものを吐き出してしまいたいから。

兄夫婦との初めての海外旅行。若い頃山男だった兄。

海外旅行にはあまり興味を抱いてないようでしたが、スイスなら行ってみたいと云うので、一緒に行くことになりました。 これは過去に記事にしたと思いますが、私のブログは一度壊れてしまったので写真が消えてしまっていると思います。その時のスケッチを2~3枚載せますね。

Img035_640x310

ホテルの部屋から 朝日を受けるアイガー

Img034_640x483
アレッチ氷河 

 雪上で描いていたら周りに人の輪が出来てしまったcoldsweats01

↓ マッターホルンに朝日が(ツェルマットにて)

Img036_640x479_2

Img037_640x415

実物は神々しいオレンジ色

   楽しい旅はあっという間に終りを向かえるものです。

  そして・・・

日本に向けての飛行機に搭乗しました。

ビジネスクラスなので早めに搭乗できます。その中でも私達は早い方だったと記憶しています。未だほんの数人しかいなかった。

でも私の隣には女性客がすでに搭乗していて、その人は手洗いか、ハンガーかけ? か何かで立って動いていましたが、

私の座席との境にある肘掛から出てくる、小さなテーブルには足の長いワイングラスに水か他の飲み物か分からないが、そういうものが入ったものが置いてあり・・・

  危ないなぁ~     っと思うと同時に、

こんなに早く、飲み物を貰えるんだ!?  という思いもありました。

座席の方を向いたり、前を向いたり・・・

座る前には誰でも、そんなことでゴソゴソしますよねぇ~

  ・・・・ あっ!   っと思った時には

  もう遅かったんです!

グラスが 隣の座席に倒れ、落ちてしまいました。

当然、座席は水に濡れてしまいました。

ほとんど同時に、その女性が戻って来ていて、

  どうしてくれるの!   

  ・・・ と、云ったかどうかは 覚えていませんが・・・

      多分 云ったと思います。

勿論、すぐに 謝りましたよ。 何度も、

謝りながら 座席を拭きました。

  私、ここの席が好きで、3カ月も前から予約をしてたの!

   へえぇ~  そんなに前から取れるのね~ 

       (チラッとそんな事を思ったんですが)

そういうことが、チャッちゃっと出来るベテランさんですよね

 彼女が次に発した言葉に私は ムラムラ~ ってきました!

ここからこっちは(グラスの置いてある場所)私のエリアでしょ!

この時、私は云い返したかった!  大声で!

そうこうしていると、スチュワーデスさん(この云い方は古かったですね)が来てくれて

「濡れたお席では、これから10時間も座ってられませんから、前の方に空席があるのでそちらへどうぞ、」っと、私達を移動させて下さいました。

彼女とはそれっきり。。。

周りの方達も、当然何があったのかと、チラチラ見ていたでしょう。

私がもし、云い返していたら?  

思わないわけではありませんが、私がこぼした事には間違いないのですもの、

ぐっと、ぐっと、ひたすら我慢でした。

じゃが芋の・・・ では「許すということ」というタイトルで書かれています。

本当に許すと云うことは難しいものです。

私、自分では許すことが出来る側の人間だと思っていたのです。

でも、これを書きながら・・・実は許せないでいる自分に気が付きました。

まだまだ修行が足りないですね。

Img038_640x391

感想を聞かせて頂けると有り難いなあと思います。

« 水彩画作品展 | トップページ | ボランティア・・・壁面飾りを七夕に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

何処にもこのような方はいるんですね
tomoko様は7年も胸に収めて我慢していたんですね
私は思います
このような方は心が貧しく・こころが寂しい方だと
どの様な教育を受け成長してきたんだろう・・・と
そう考えるとこっちの方が心痛みます
この先もしあわせとは縁遠い生活が待って
いるんでしょうね

ブログって良いもので
心の内をさらけ出し吐き出すことが出来ます
そして他の方の意見も聞くことが出来ます

tomoko様は心は広く優しい方よ
誰にも公平できめ細かな配慮が出来る方よ
さあ 元気出して前を向いて

お・お・お・・・・似たような記憶ありますよお。でもわたし・・・おかしなことに外国人相手だったら結構怒鳴り返せるんです。ところが・・・日本人の方がこわいんですよ。日本人なら多分・・・いい返せないと思います。主人は「この人、外国ではよくケンカをするんです」って言ってます。普段から、外国人の方が言いたいことをはっきり言い合っているように思います。日本人の方が、何されるか分からなくって怖いです。

>>>おばさん様

 おばさんのブログがきっかけとなって、7年ぶりに胸のつかえを吐き出すことができました。 よかったです。
まだす~っと忘れてしまうことは出来ないかも分かりませんが、自分への教訓として、あるいはこういうことを予測する配慮の大切さを心に留めて暮らしたいと思います。
 一歩先を見る目が大切ってことかな?


>>>ももり様

 似たような経験がおありでしたか?
まあ・あ・ 人間は失敗を繰りかえしながら成長する生きものですよね。
唯、失敗した時の対応の仕方、相手を思いやる心が問題なのでしょうね。
外国の方は子供の時から、自分の意見と云うものをしっかり持つ教育を受けているのでしょうね。
これからの日本人にもそれは必要な事だと思いますが、
日本人らしさ、奥ゆかしさなどは失いたくないものです。
コメント、有難うございました。

マッターホルンの朝焼け、アレッチ氷河・・・私も夢中になってスケッチをした覚えがあります。いいなあ!!!最近、もうどこへも出かけられなくて・・・クシュン。展覧会もよかったですねえ。美しい絵ですねえ。私たちのグループ展も今回限りのつもり・・・高齢化です。今日、その搬入日。これがおわったらもう、ユーックリしましょう。

こんばんわ、くちかずこです。
くちこも、とても自己中で、わがままなのでね。
相手を許す心がとても少なくて。
でも、その場で、何が、どんな言葉が、行動が最善かは、考えますよね。
でも、良識の無い人がお隣の席だと正直ガッカリするのも事実です。
言いたいことは・・・
たいてい、しっかり言ってきた人生ですが。
その言葉で、たくさんの人を傷つけてきたんだろうなとも思います。
ただし、不条理、不合理、理不尽なことは、開けて通せないです。
なかなか、世の中を渡るのは苦労ですね。
でも、此処で発言できて良かったですね。
くちこのブログも基本的に、自分の心を整理する場です。

>>>ももり様

 再度のコメントをありがとうございます。
ももり様の絵とはレベルの次元が違いすぎて恥かしいですが、
個人のブログなので許して頂けますよね。
旅のスケッチって下手でも、その時の高揚した気分が思い出されて、嬉しいですね。
私も遠くへの旅行はもうお・わ・り・です。


>>>くちかずこ様

 訪問頂き、コメントまで頂いてとても嬉しいです!
そちらのブログは勝手に楽しませて頂いています。 コメントを残せないままで御免なさい。
ご自分のお気持ちを素直に、上手に書く能力に長けていらして、羨ましく読んでいます。  私もブログの場を上手に利用してもやもやを晴らさなきゃ!!!

去年我が家が工事を始めると、隣の駐車場の借主が「車に何かあったらどうしてくれる」と職人に声高にまくし立て、結局その間は他の所に停めてもらうことになったのです。
夫がそのやりとりを聞いていましたが、聞くにたえない言いがかりで、それが若い女で、呆れ果てておりました。

私は正面からぶちあたったことはないのですが、どこにもあるのですねぇ、よく似た話が。

>>>coco21様

 声高にまくしたてたり、言葉汚なく怒鳴るなど、
第三者的に聞かされるだけでも嫌ですよね。
こういう時に、親の顔が見たい! ・・・?
どんな育ち方をしたのか? 
冷静に考えれば、気の毒な人だと思うのですがねぇ~
ブログで吐き出させてもらってチョッとすっきりしましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水彩画作品展 | トップページ | ボランティア・・・壁面飾りを七夕に »