« お雛飾り・・・ボランティア | トップページ | 小さな驚き・・・ 浅い春に »

2017年3月 3日 (金)

ひな祭り  緩和ケア病棟

今日はひな祭り・・・幾つになっても何となく心がウキウキする感じです。

昨日、ボランティア先の緩和ケア病棟でひな祭りのイベントが開かれました。

012_640x381

正味30分程度の短時間ですが、準備には細やかな心配りが要ります。

私が入っているグループでは、

新春お茶会の反省会で、看護師さんからの要望をうけて(周りのボランティアやスタッフが、着物を着たので)パジャマ姿の患者さんにも、何か出来ないかと・・・提案がありました。

019_640x480

そこでさっそく取り掛かったのが、着物からストールをつくることでした。

丁度、着物を整理したいと思っていたボランティア仲間の方から沢山の着物をいただき、普段の活動以外に時間をとり10枚のストールと、男性用には3枚、じんべえさん風のはおり物を仕立てました。  人間雛に扮したDrと看護師さんの衣装は以前からあったものです。

022_640x480024_640x480025_640x480

018_640x480歌を歌い、写真を撮り、お茶とお菓子を頂きました。

そうそう!  女性の患者さんには口紅、ほほ紅もつけて頂きました。

喜んで下さって、いい会だったと思います。

« お雛飾り・・・ボランティア | トップページ | 小さな驚き・・・ 浅い春に »

ボランティア」カテゴリの記事

コメント

ボランティアご苦労様です。
写真から患者さんに寄り添うスタッフの皆さん、看護師さんや、お医者さんも含めての姿が伝わってきます。

着物からつくったストール 皆さん喜んだことでしょうね。

お久しぶりです。ご無沙汰しています。
写真を拝見しながら思わずにっこり、顔がゆるみました。
見ながらとっても幸せな気分になりました。
ストールの思いつきも良かったですね。
Dr雛も看護師姫も一緒になってとっても和やかですね。病院の雰囲気が手に取るように感じ取れます。
tomokoサマのライフスタイルが目に浮かびます。

アイデア満載のひな祭りで
皆さん喜ばれたことでしょう
ボランティアさんの素晴らしい発想に
患者さん1人1人の良い思い出になり
また治療への意欲も湧いてくるのでは
ないでしょうか

>>ヒサ子様

この病棟のことしか分からない私ですが、係わっているスタッフのみなさん、どなたも本当に心優しくて、素敵な方達です。
雄雛になっていらっしゃる先生は節分の鬼やクリスマスではサンタさんにも扮して下さったり・・・   看護師さんの中にはイベントのためにお休みを取って活躍して下さったかたもあります。
患者さんが喜んで下さることがイコールご自分の喜びでもあるのだと思います。
私達も小さな存在ながらお手伝いできることが嬉しいです。


>>ちゃぐまま様

 お久しぶりです!  私も時々思うのですが・・・
特別な意味をもつ病棟でありながら、患者さんの笑顔に出合えることの不思議??  これって何だろう??
私がその立場におかれたときに、私は笑顔で周りの人に接することが出来るだろうか・・・って。
研ぎ澄まされた感覚で、一瞬、一瞬を生きていらっしゃるのですものね、 私達もそれに応えられるようアイディアフル回転で過ごす1日は楽しく、充実した時間です。


>>おばさん様

変化の少ない病室暮らしに、季節感を運ぶのがボランティアの使命と言い聞かせながら活動しています。
そして又、この活動は自分自身をも豊かに、幸せにしてくれる時間でもあって、私にはとても大切な時間なのですよ。

仲間の人達とミシンを踏んで作業するのもとても楽しかったんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お雛飾り・・・ボランティア | トップページ | 小さな驚き・・・ 浅い春に »