« 立秋とは名ばかりで | トップページ | 寺子屋クラシックス・加羽沢 美濃 »

2016年8月11日 (木)

今日は山の日

Img008_640x430
昨日描いた、コウショッキ

今日は新しく設定された祝日「山の日」です。

山へ行く人が増えるでしょうか?  若い時には山への憧れがありました。

きっかけになったのは、中学から通うことになった学校の遠足が、登山だったことに大きな影響を受けたと思います。その頃の国鉄から貸し切りの臨時列車を仕立てての遠足でした。八甲田山、上高地・・・それらの山から受けた感激は今も私の胸に残っています。

今日は本棚や写真の整理(捨てる)をして、一段落した時、さて、新聞でも。。。。と広げたとたん、

1面の下段に目がいきました。 今日は山の日との見出しで何冊かの本が紹介されています。

・山歩きの教科書 ・・・・ 今更、用がないなぁ~

・山女日記

・みずたまのたび  ・・・どちらも興味なし!

・えほん遠野物語  ・・・sign01 これは興味あるぞ!

遠野物語が何であるのかも知らなかった頃、それなのに「遠野」という響きが何故かとても魅力的に聞えていました。 勿論、遠野が何処にあって、どういうところかも全く知らなかったのですが。。。

Img009_640x424
                    ルドベキア

その頃、金沢への旅をしました。 夫と二人です。

雑誌の案内にあった喫茶店を探して入った時のことです。

初老のご夫婦がされている、雰囲気の良い喫茶店。

奥様とのお喋りで、私達が岡山から来たことを知っって、(遠くから来て下さって・・・という気持ちが働いたのでしょう)

金沢のお菓子でもあればよかったのですが、私達も遠野の旅から帰ったばかりで、生憎、金沢のものがないのですが。。。

遠野のお菓子でも召しあがってくださいな。 と言いながら出して下さったのが

「明け烏」という名のお菓子でした。

喫茶店というより、知り合いのお家に伺ったような気持ちになったことを覚えています。

それから又何年もの時が流れ、今から9年ほど前のことになりますが、

岩手大学のシニアカレッジに参加した時に、講義のひとつとして、遠野へ泊りがけで連れて行って頂きました。・・・それに先立って予習の気持ちで遠野物語も読みました。私の想像したものとは違って、読みにくさを感じたものです。

でも、柳田國男の代表作ですね。お陰で柳田國男が割に身近に感じられるようになり、生家(兵庫県)へも後に行きました。

今日の本棚の整理でも柳田國男関連のものは、まだ処分しないで取っておくことにしました。

少し涼しくなれば近場でいいから、どこか出掛けていきたいものです。

« 立秋とは名ばかりで | トップページ | 寺子屋クラシックス・加羽沢 美濃 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

山の日、エッという思いで今日を迎えました。

7月に海の日を作ったので今度は山の日をということなのでしょうか。
夏休みのこの時期 恩恵にあずかるのは夏の休みを1日でも
多く取りたい働いている人たちですね。
特に共稼ぎのお母さんは助かることでしょう。

6月7月と2か月続けて月山に登る計画が天候不順で中止になり、初夏から夏の山の花を見る楽しみが遠のいています。
この天候では山もしんどい気がしますが、

私が山に登るようになったきっかけも高2の時の蔵王への夏山登山でした。
その時眺めたご来光の神々しさが忘れられません。

お花のスケッチ素敵です。

もおお・・・遠くへ出かけることはムリになっています。私の青春は、まさに山。槍穂高も、後立山、五竜、鹿島槍、白馬、八が岳・・・・みいんな歩きました。今では、階段を下りるのがヨチヨチ・・・・クシュン。遠野物語って読んでいませんねえ本を読むのは若いころ、イエイエ、子供の頃から大好き。今も一向に衰えていません。柳田国男・・・読んでないなあ。

shoeshoeさっこさん、こんにちは!
今日もあついで~~すっsweat01
山の日!?  何それ? って感じですよね。
祭日を増やすのが目的で作られたのですよね?
旧い人間には、そういうのは頭がこんがらがるだけで、、、困るなあ~  でもお仕事の方はゆっくりできて嬉しいでしょうね!
この暑さじゃあ・・・山行きはきついですよ!
9月にでもなればそろそろ気候も良くなるのかな?
台風シーズンになりますけれど・・・
海や、川、山での事故が続きますね。

shoeshoeももり様、こんにちは!
京都はさぞ暑いかと思いますが・・・お元気ですか?
プールは良いでしょうね!
ももり様は何でも出来られる方のようで、羨ましいですよ!
積極的には生きられない私なので、生きずらいと感じることが沢山あります。 
昨日のTVに登山家の田部井さんが出ていました。凄い方だと改めて感心しながら観ました。

花の絵すてきですね!
絵手紙にされるのですか?
欲しいなあ。うふふ。

tomokoさんの山の思い出は昭和の風の匂いがします。
そして私も乗鞍の黒百合を思い出し甘酸っぱい想いに浸っていますよ。

私も秋の楽しみを数えながらふーふー暑い日を過ごしています。

ゆっくり!のんびり!少しだけがんばって!

shoeshoecoco21さん、おはようございますsun
ひと雨欲しいですね!  庭木には毎日水をやっていますが、今朝、1キロ少々離れた畑に行ってみると、畑の横の草花や木がもう修復不可能かもしれない状態に萎れていましたsweat01
川の水をバケツで汲んで、やって来ましたが、、、さて?
私の山の思い出は青春の思い出ですよね。もう決して戻ることのない、、、登山の日の朝、山を前にして(戸外で)礼拝をします。
讃美歌(山辺に向かいて我、目をあぐ・・・)を必ず歌いました。今とても懐かしく思い出します。
絵はボランティア活動でチョッと使う予定があって描いたものですが、今はこのような葉書サイズのものしか描けなくなってしまいました。トホホ

コウショッキの素敵な絵に引きつけられました。先日お邪魔したお姉様・・兵庫県猪名川町にお住まいです・・のお家で朝10輪も開いて私を迎えてくれました。一日花なのですね。
遠野・・・tomokoさんと同じ、シニカレでの思い出。遠野物語のおどろおどろしい世界とは違って、ゆったりとした時間が流れる穏やかな空間、地元のお母さん達が心を込めて作って下さった料理の美味しかったこと!忘れられません。
4年前、福崎町の柳田国男の生家と記念館、もちむぎの館へシニカレの方々を案内したこともいい思い出です。もちむぎ麺が好きなのでたまに訪れます。

shoeshoeayakoさん、こんばんは!
今日15日の夕方はひどい雷雨に驚きました!
丁度帰省中の子供達が我が家へと戻る頃で気を揉みましたが、
これで庭木への水遣りは大助かりです。
<もちむぎ麺>は私知らなったですsweat01ちょっとアンテナを張らないといけませんね!  もち麦そのものは知っていますが。
シニカレ関係のもの、大分整理しました。写真みると、とても懐かしいですねsign01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立秋とは名ばかりで | トップページ | 寺子屋クラシックス・加羽沢 美濃 »