« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月30日 (土)

大腸内視鏡検査

毎年、この時期は健診を受ける時期と決めています。

 

鼻から入れる胃カメラの内視鏡検査はこれまでに何回も受けてきましたので、平気とは言えないものの、様子がわかるので、心配もそんなにありません。

・・・が、今回は便の検査で引っ掛かりました!

2日分の便の内、1回が陽性だというのです。 こうなれば内視鏡検査ですよね。

近くの開業医の先生は、「希望なら大きな病院を紹介することもできます。」

「うちでも出来ますけれど、どうされますか?」と。

取りあえずは近いところで受けるのが良いと思ったので、その先生にお願いすることにしました。

私の周りで、この検査を受けた人、二人が二人とも、

「ぐっと我慢してても、思わず声が漏れてしまうくらい痛かった!」と話していたことが頭をよぎりました。 

でも、それだからって、避けていては大変な事態になるかもしれないですから、ここは決心しました。

日時を決めて、早速、検査前日のこと、当日のことやスケジュールを記したプリントを見ながら、説明を受けました。

検査前日は朝、昼、夕食共検査食を食べます。

1300円かかりますが、楽です。

レトルトになっているので、温めるだけでいいんですよ。味は美味しいとは言えませんが、そんなに不味くもありません。他には何も食べないのでお腹は空いているし・・・一口ずつしっかり味わって食べました。

002_640x480

朝食は、写真を撮り忘れましたが、鶏と卵のお粥(113kcal)

001_640x480

昼食、鮭粥と肉じゃが(250kcal)

003_640x480

夕食、チキンクリームシチューとクラッカー(357kcal)

この他には水、お茶、スポーツドリンクなどはしっかり飲んで下さいと。

それから、当日の服装は上下が分かれた、ゆったりした服装で。

汚れる心配があるので着替えを。と書かれていましたから、

少し大きめのバッグに着替えや、待ち時間に読む雑誌や小説、携帯、水などを詰めて準備完了かな?

夜、寝る前に下剤(ラキソベロン)2本をコップ半分の水に溶かして飲みます。

ほのかな甘みがあり、特に飲みにくさはありません。

夜9時過ぎに飲んだのですが、朝4時頃にはお通じがありました。

いよいよ検査当日!! 緊張が高まりますけれど・・・

見た目には平静を装って、庭の水遣りをしたり・・・・

当日のスケジュール

 9:00~12:00 検査準備室で腸管洗浄液(ムーベン)2Lを2時間かけて飲む  その後、水様性の便になり腸内がきれいになった状態で検査となる

12:00~12:30 更衣をすませ、内視鏡室へ移動。

12:30~13:30 検査。 鎮静剤を使用するので、終了後2時間ベッドで休む(検査自体は、個人差もあるが20分位かな?)

15:00頃 更衣を済ませ、医師より写真を見ながら結果の説明を受ける。

*鎮静剤を使用するので自分で運転して帰ることは出来ません!

     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

検査準備室・・・この医院では、個室で二人掛けのソファー、狭いベッド、ロッカー、机と椅子、時計、サイドテーブル、DVDなどが揃っていて、清潔感が一杯。

直ぐに、腸管洗浄剤のムーベンなるものと、計量カップを兼ねたようなプラスチックのカップを持って看護師さんが来ました。

1時間に1Lを目安に飲んで下さい とのこと。

ざっと計算してみると、10分ごとに180mlを飲む感じでしょうか?

180mlを2回飲んだところで、1度目、もよおしてきました!

トイレは部屋には付いていないものの、すぐ隣にあるスタッフ用のトイレ、「ここを使ってください。電気も点けっぱなしにしておきますね」とのことです。

ムーベンですが、塩味を一番に感じ、次にスポーツドリンクのような香り、それから微かな苦味?  こんな感じで、思ったほどの飲みにくさではないです。
1回目のトイレから1時間・・・3回目のトイレ もう固形物は認められません。

私だけかもしれないけれど・・・変な話でごめんなさいですが・・

固形物が無くなると、便意という感覚が鈍って? そんなにしたくはないけれど、もう少し出しておかなきゃ! ・・・そんな気持ちでトイレに行ったら・・・出るんですよ・・・水状のがジャ~ジャ~ って感じで、手でお腹をなでると又出る。

薄い黄色状態になったら、流さずに看護師さんを呼んで見て貰うんですね。

「ああ~もういいですねえ~」 「完璧です!」となったら、ムーベンが残っていても、それ以上は飲む必要なく、下げてくれました。

口の周りがべたついた感じがします。水は飲んでも良いと云われたので、持ってきてた水を少しだけ飲みました。 2Lの水(下剤)を飲むというのがどうなのかと心配でしたが、それほど苦じゃなくて、良かった ホ~~

いえね、前日にネットで少し調べてみたんです。体験者の声を。

そうしたら、トイレに通うのが恐怖だった。って書いてた人がありました。トイレットペーパーで、拭くんじゃなく、ウォシュレットを使って、ペーパーでは押さえるだけにすれば良かった。と。 通いすぎて、皮膚が傷ついたんでしょうね。そこで私はハンドタオルを使おうか? と、用意はしていきましたが、使わずに済みました。上記の方の感想を参考にさせて貰いましたので・・・

     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

更衣・・・腰から下のものは全部脱ぐ。ソックスも

備え付けの(使い捨ての)パジャマのズボン風なものを履く

        後ろ(お尻側)に窓が開いている

上着は(私はTシャツ)脱がないでその上から手術着みたいなのをはおる。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

内視鏡室のベッドに寝る。左腕に点滴の針を入れる。 

血圧などを計る(緊張のため166と高い)

鎮静剤だと思うが、点滴の管から入る

ウトウトする人や、眠ってしまう人もいます、とのことだったけれど、私は全く眠くならず、ずっとモニターを見ていた。しかし後になって思い返すと、記憶の鮮明でないというのか、しっかり覚えていないようなところもあるような・・・?

先生が言われるのに・・・血圧が83位に下がりましたから・・・と。どう云う意味? ・・・鎮静剤が効いてたという意味なのかしら?

そこで、結果を先に言いますね!

全く!!! 痛みはありませんでした!

空気を入れながらの検査なので、腸が膨らんだ感じや、管が進んでいる?様な感じはありました。

盲腸のところまで一気に進み、それから戻りながら見る。って感じです。

S状結腸の近くにポリープが1つ見つかり、除去しました。 その様子もモニターでしっかり見ていましたが、痛みは全くありません。除去した後の傷口はクリップの様なもので止めました。洗濯バサミみたいな感じです。いずれ便と一緒になって出てしまうのだそうです。

検査後は車椅子に乗ってリカバリ室まで移動、点滴はつけたままベッドに横になり、布団もかけてもらって、ウトウト  ウトウト していたと思います。

途中で看護師さんが 点滴が終わった と、外しに来たことは覚えていますし、腰が痛いなあ~ と体位をあちこち変えたりもしました。

次は先生に声をかけられて目が覚めたかんじでした。

冷たい麦茶を下さいました。

間も無く夫が迎えに来て、一緒に説明を受けました。

ポリープを切除したので、2週間くらい刺激物や飲酒を避け、柔らかく消化の良いものを食べるように。遠方への旅行、下腹に力が入るような仕事も避けるように。数日は便の色を観察し、出血があった場合直ちに連絡をして下さいと、いうことで、日曜を挟むので、何かあったら私の携帯にかけて下さいと、先生の名刺を頂きました。看護師さんからは土曜、月曜の朝、電話をいたします。とのこと・・・至れり尽くせりの感じで、安心でもあり、有り難いことと思います。

これを読んで下さった方のなかで、大腸内視鏡検査を迷っている方があれば、心配せずに受けられることを勧めます。

2016年7月27日 (水)

壁面飾り・夏

ボランティア先(緩和ケア病棟)の壁面飾り 夏 です。

001_640x396

全体を見れば↑こういう感じです

002_461x640

知り合いの方から寄付された着物地を活かしたパッチワークです。

 

私が作ったのではありません。お間違えないように(笑)

003_640x469

海のイメージ に、紙で作ったヨットが風を受けて進んでいます。

005_640x598

夏の花の朝顔

004_640x480

団扇は患者さん達へ、夏祭りの案内状を兼ねたものです。

 

描いたり、貼ったりして仕上げています。

006_640x479

夏祭りのイベントは、一年の内でも大がかりなイベントです。

 

ビールを一口、二口吞まれる患者さんもいらっしゃいますよ!

2016年7月25日 (月)

果物の季節

梅雨が明けてというもの、スーパーには桃のケースが沢山並び、一気に桃の季節が来たことを知らせています。

岡山県人は、桃と云えば岡山でしょ!  と信じて疑わないのです。

山梨なども生産量は多いのでしょうが、他県の事まで知らなくても、地元の物だけで十分。 そういった空気に包まれています。

我が家でも県外の方へのお中元と云えば 桃 です。

先日、そのお中元の桃の送りをお願いしてあった市場の青果店へ、夫が支払いに行ってきました。 毎度のことですが、私の焼いたケーキを御礼として持って行きます。  果物屋さんへ持って行くのですけれど、今回は缶詰のダークチェリーを使ったカントリーフラン(加藤千恵さんのレシピ)を作りました。

ケーキにはフルーツを使うものが多いです。缶詰の場合はまだ良いとしても、生のフルーツの場合、近所のスーパーで買って・・・ケーキに使い・・・これを果物の専門卸の方に差し上げるのは少々気が引ける私です。

しかし、そこはそれ、割り切らないと駄目ですよね!  気持ちなんだから。。。

でも手作りのケーキ、見た目は別にしても、味は絶対 お・い・し・い! と信じているのです。私は(笑

前置きが長くなりましたが、桃の代金を支払った夫は、立派な葡萄を一房頂いて返ってきました。  シャインマスカットでしょうか? 

スケッチすると好いなあ~  

あっという間に数粒が夫の口へと運ばれ・・・それならばと、私の口にも入り、

その後のスケッチとなってしまいました。 でも絵としてはその方が面白かったでしょうか?

Img003_640x471

最近はちゃんとした絵が描けなくなってしまった私です。

こんなお遊びのスケッチが私には丁度良いようです。

2016年7月22日 (金)

映画・ロイヤル・ナイト

Img002_565x800
暫らくぶりに映画を観に行きました。

1945年、5月8日、ヨーロッパ戦勝記念日。

歓喜に沸くロンドンの街へ妹、マーガレットと共に飛び出した19歳の王女エリザベスです。

お忍びで、初めての経験。

ロンドンの街は喜びで大騒ぎ・・・その中で、妹とははぐれてしまうし、お付きの二人とも・・・ 地理は分からず、所持金もない!

行ってはいけないような場所に迷い込んだり・・・ハラハラしました。

最後は二人とも無事にお城へ帰りつき、めでたしめでたし!

戦勝国の喜びというものが感じられました。

もし、日本が勝っていたら、日本人の喜ぶ様はどうだったろうか?

提灯行列かな~? などと思いながら観ている自分がいました。

「ローマの休日」誕生のきっかけになったとも云われる出来ごとだったようです。

2016年7月15日 (金)

トマトサラダを手軽に

トマトを輪切りにし、みじん切りの玉葱や青紫蘇を散らした冷たいサラダ、美味しいですね!

 

美味しいのは分かっていても、玉葱のみじん切り・・・ちょっとめんどうだと思いませんか?

 

少し前のことになりますが、玉葱のみじん切りを沢山し過ぎて、残ってしまった時のことです。 

 

最近、手軽に使えるお酢(マリネ酢やカンタン酢など)が色々出回っているのを利用して残った玉葱のみじん切りを漬けこんでおきました。

001_480x640
トマトは冷蔵庫で冷えていますから、唯、輪切りにするだけ。

 

器にならべ、漬けてある玉葱を漬け汁とともにトマトにかけるだけ!

 

青紫蘇があればみじん切りにして散らせば美味しさもアップします。

001_640x480
トマトに限らず、グリーンサラダのドレッシングとしてもいいです。

 

思い立ったらすぐに用意できるところが嬉しい一品となりますよ!

2016年7月13日 (水)

お寺で祖父母の法事

今日、夫の祖父母の法事をお寺さんに行って、していただきました。

 

初めてのことで、準備するものをどうしたら良いのか、さっぱり分からず、前もって電話でお尋ねした次第です。

 

お位牌、お花を一対。お料具膳(二人分)

 

これだけでいいと、教えて頂きました。勿論、お布施というか御礼と言うのかは必要です。これの上書きはどのように書くべきなのか・・・そんなこともよく知らないので、恥を偲んでお尋ねし、「お供え」でいいですよ。と教えて頂きました。

家での法事にはままごとの様なお料具膳に料理を盛り付けますが・・・さて?

 あとでお墓に回ることを思うと、どうも具合が宜しくないように思いました。

 そこで、独断と偏見? 

 こんなお弁当にしてみました。

001_640x480

知らないと云うことはある意味、強い!

 

ああ、そうそう祖父が55回忌。祖母は33回忌です。

 参列者は私達夫婦だけのこじんまりした法要でしたが、家で執り行うより、落ち着いた気分で良かったなあと・・・感じました。

 お寺の法要のあと、雨の上がるのを待ち、

 お寺から持ち帰ったお花と、お弁当、それに卒塔婆を持って

 二人でお墓参りも済ませました。

 

今年の仕事がひとつ済んで、肩の荷が軽くなった気分です。

 

来年か、再来年には両親の法事が控えていますが・・・

2016年7月11日 (月)

7月の壁面飾り

ボランティア先の緩和ケア病棟での壁面飾りです。

006_800x600

最近は、季節ごとのパッチワークが整ってきたので、壁面飾りも随分楽になりました。

 

絵手紙グループらしく、絵手紙も・・・温かみを感じて頂けると嬉しいです。

 糸とんぼ 揺れる葉先の軽さかな 

先輩ボランティアさん、ご夫妻による合作です。 素敵なご夫妻です。

* コメント欄は閉じさせて頂いてます。

2016年7月 1日 (金)

賛美歌

最近、朝のウォーキングを頑張っています。

今朝5時、外へ出てみると一面の靄。 

「今日は、百間川土手を歩こう!」って、とっさにそう決めました。

幻想的な風景の中を、気分良く歩きながら私の頭の中では賛美歌の一つが浮かんでいました。 

梅雨とは云え雨量の多さは記録を次々塗り替え、甚大な被害も伝わってきます。 

とは言え、梅雨の時期にはやはり雨は必要ですし・・・

そんな事を思っている時に浮かんだ賛美歌です。

「春よおきよ」と  神のたまえば 

めぐみの雨の  静かに降りて 

雪霜きえゆき  野山もめさめぬ。

いなずま走り  いかずち鳴ると 

思う間もなく  夕立過ぎて 

勇める草木に  月はほほえみぬ

雨露くだり  野をうるおせば 

黄金の垂り穂  波うちよせぬ 

刈り手はうたいて  御名(みな)をぞ崇(あが)むる

春には活かし  夏には育て 

秋に足らわせ  冬やすまする 

み恵みあまねし  四つの折々に

静かに降る恵みの雨が欲しいと思います。

最近の異常気象は、人類の欲望が成せる結果じゃないかと感じてしまう私。

私が昨日、今日、訪問したブログで、お二人の方が賛美歌や教会のことを書かれていました。

不思議な気持ちです。

賛美歌には雨の歌詞、結構あるように思います。

曲も聴いて頂けたら・・・とユーチューブなどで探してみましたが、探し切れませんでした。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »