« 蛙がないて | トップページ | 小さな手仕事 »

2016年5月25日 (水)

アサリ汁にピンノテーレスが!

今朝、アサリの味噌汁をした。久しぶり! 

鍋の中でアサリが口を開く音がしてきた。

アクを取り、味噌を入れようとした時に、小さなカニの姿を確認。

              あ~~~っ!  ピンノテーレスだぁ~

なんだか、懐かしい感覚がおかしい

何時頃のことだろうか、小学校に入る前かもしれないほどの子供の頃だったと思うが、この小さなカニは「ピンノテーレス」という名前だと父が教えてくれた。

今となっては、今日のようにこの小さなカニに出くわした時に、父がそう教えてくれたことを思い出すだけで、それ以外の周りの状況だとかは全く覚えていないのが少々淋しい。

写真の殻の左に居るのがそのカニだが上手く映らなかったのが残念。

姉、兄も多分、この名前は知っていると思う。 父が何故、知っていたのかそんな事は今となっては知る由もないが、先ほどネットで検索すると、ピンノと云うと出てきた。ピンノとはコンパクトという意味らしいが・・・

で、別のサイトでみると、出てきましたよ!  間違ってなかった!

Pinnnotheres を略してピンノと呼ぶ。 こちら

ハマグリ、アサリなどの殻内にすむのは  Pinnnotheres sinensisオオシロピンノだそうだ。

何故だか、すこし幸せな感じの朝です。

« 蛙がないて | トップページ | 小さな手仕事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

???初めての横文字に何の話かなと思いましたよ。
かくれがにですか。
おもしろいですね。

ともこさんのお父様すてきな方ですね。
子供の質問にちゃんと答えてくださって。

昭和の和やかで静かな食卓風景が目に浮かびました。

happy01coco21さん、こんにちは!
可笑しいでしょ!?   自分でも可笑しいと思ったり、不思議にも思ったりするのです。
ピンノテーレスという響きが面白くて記憶に留まり続けたのか?
最近は、今の事さえ忘れているのに・・・ウン十年昔の一言が父の温もりと一緒に
思い出されるなんてねhappy01
小さなカニさんが運んでくれた小さな幸せです。

tomoko様が愛情溢れた家庭で育てられた様子を
垣間見ることが出来嬉しく私までが幸せな気持ちに
なりました
落ち込んだ私も幸せだった時間を想いだし
両親を忍ぶことにします

happy01おばさま、こんばんは!
訪問いただき、コメントを頂くってとても有り難く、嬉しい事だと
つくづく思います。 
仕事熱心で読書好きな父でした。 子供の私には何でも知っている偉大な存在で、
近寄りがたさも感じていましたが愛情たっぷり注いでくれたのだと感謝です。
こんな小さなことが父を思い出させてくれるなんてね。ふふふですhappy01
おばさまは、ご両親と過ごしたお家にいらっしゃるのですから
思いで一杯ですよね!

おもしろいなあ・・あさり汁を作ったときに、たまにかにさんがいて、何だか嬉しいものに出会った気がしていました。ピンノテーレスというのですか!びっくりです!tomokoさんが覚えているというのもすばらしい。

今日私も父に会いに行っていました。沢山のことを教えてくれたなあと思い出しました。

こんばんは
あさりの中に隠れカニがいることを初めて知りました。
ピンノテーレスという名前もよく覚えておられましたね、
とも子さんの記憶力も素晴らしいです。

素敵なおとうさんですね。

happy01ayakoさん、こんばんは!
お父様はお元気でいらっしゃるのですか?  羨ましいです。
私の父は、私にとっては少々近寄りがたさを感じる存在でしたが
父なりの愛情をもって接してくれたのだと感謝で一杯です。

ピンノテーレスという言葉の響きが記憶しやすかったのでしょうね。
子供の頃の記憶力・・・失くしてしまい、新しいことは何も覚えられませんsweat01

happy01さっこさん、こんばんは!
アサリやハマグリにいるカニに出合ったことはありませんか?
今回であったそれは、卵を一杯抱えていました。

ピンノテーレスが父の温もりを運んできてくれたようで、
嬉しい朝のひとときとなりました。

父は92歳で、グループホームに入って4年になります。足腰が弱り転倒など繰り返しながらも元気でいてくれています。週一度片道2時間余りかかりますが通っています。2、3分おきに同じ事を言い続ける父にできるだけ笑顔で、めげそうになりながら…気を取り直して・・・
tomokoさんのお父様もそうだと思いますが、あの時代の人はえらい!たいしたものだ!と思うことが多いです。反発することもいっぱいあるけど、私たちの世代とは違って1本筋が通っているというか。受けた教育の違いがいかに大きいかと思います。戦後教育が必ずしも最良ではなかったなあと思います。

30日、FMみっきーで放送します。新美南吉作「ごんごろ鐘」抜粋朗読です。
たいしたものではありませんが、よかったら聴いて下さい。

sprinkleayakoさん、こんにちは!
30日、明日ですねhappy01 楽しみです!
片道2時間ということは、1日仕事になりますね。大変だと思いますが、
今しか出来ないこと・・・お父様の為⇒いつか自分の為になる 事のように思います。
お父様、喜ばれますねhappy01
教育の力の大きさを感じますね。 家庭教育も問われますが、
それを担う大人を育てるのも教育ですものねぇ~
日本はあまりに自由になり過ぎたのじゃないかと・・・私など
古い人間は思ってしまいます。
自分を律することを忘れてはいけませんね~ 自分に向かってのつぶやきですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蛙がないて | トップページ | 小さな手仕事 »