« 心の糧の箱に入れておきましょう | トップページ | 緩和ケア病棟壁面飾り・4月 »

2016年4月18日 (月)

夢の会話プロジェクト外来・・・人工舌

先日のテレビで偶然目にしたのです。

これは凄い!   凄いなあ~ 

地元、岡山大学病院に昨年開設された、その名も

「夢の会話プロジェクト外来」のことで  人工舌のことです

代表を務めるのが 小崎健一教授(口腔外科医・歯科医)ですが、

ご自身が舌癌に罹り、舌の大部分を失いました。 

それにより、会話が通じなくなりました。

どうしても自分の声で会話をしたい!

その並々ならぬ熱意が ・・・ 

小崎教授の体験と専門知識を元に、岡山大学の医科、歯科の連携した研究チームが開発を進め、人工舌が出来あがりました。

世界初の人工舌装置が実現し、全国、いえ、外国からの患者さんも来られているそうです。

小崎先生は癌があちこちと転移し、余命もあまり残されていないかもしれないという状況の中で、今も熱心にさらなる研究を進めていらっしゃるそうです。

岡山大学人工舌「夢の会話プロジェクト」はこちら

小崎健一教授については こちら ← この中の[ひとこと]欄で、

『歯科医師・癌研究者・癌患者の3つを合わせ持つ者にしか出来ないことに身体が許す限り力を尽くしたい』 と言われています。

                  頭が下がります

« 心の糧の箱に入れておきましょう | トップページ | 緩和ケア病棟壁面飾り・4月 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

いつもこちらで新しい情報を教えてもらっています。

人工舌も初めて目にしました。
医学の進歩には感動し感謝も素直にできるのです。

それといっしょに心の温かさも深く育って欲しいと願う欲張り女です。

化石生活にいつも風を入れていただき感謝です。

今晩は
人工の舌ができるようになったなんて医学の進歩もここまでとびっくりします。
癌で舌をなくした方には希望の星ですね。
岡山大学には素晴らしい先生がおられるのですね。
小崎先生の願いがかない多くの方の希望になってほしいとを祈るのみです、

cherrycoco21さん、こんにちは!
春がどんどん進みますね。  coco21さんの願い、私も同感ですよ!
科学の進歩に反比例するかのように、人間の本来持っていたはずの心の力が
弱くなっていると感じます。 人間力の欠乏かなぁ~? 
世の中、忙しすぎると、年寄りの私には感じられます・・・

cherryさっこさん、いつもコメントをありがとうございます。
医学の進歩ってすごいですが、小崎先生の運命や、それに諦めない情熱!
こういう方がいらっしゃるからこそ、進歩があるのでしょうね。
本当に世の光となる方ですよね。

ずしりと重たい内容でした。
ドキドキしながらクリックして「夢の会話プロジェクト」を拝見しました。
目をそむけてはいけないと心を強くして拝見しました。
新しい医療情報です。心にしっかりと留めておきます。
何よりもその精神力の強さ、生きることの強さに改めて人間という
事を考えさせられました。

いつも真摯な医療ブログを、真摯な気持ちで拝見しています。

cherryちゃぐままさん、おはようございます。
九州はいつまで揺れるのでしょう? そちらは如何ですか?  気になります。
舌の働きって大きいですね。 小崎先生の我が身を投げ出しての研究が
実を結び、更に進化していく、それが先生の生きる力とも言えるのでしょうか?
人間は助け合って生きる・・・これが生れ持っている性質かなあ~って思います。
だから人の役に立てることは大いなる喜びともいえるのかしら?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心の糧の箱に入れておきましょう | トップページ | 緩和ケア病棟壁面飾り・4月 »