« 緩和ケア病棟・早春の壁面飾りほか | トップページ | さあ、お茶にしましょうか? »

2016年2月15日 (月)

ホスピス緩和ケア・講演会3

前回の講演会記事UPから2週間も経ってしまい、記憶が大分飛んでしまっていますsweat01   なので細部に渡る内容はあやふやな事が多くなってしまうので、印象に残っている部分をここに記します。

前回、支えるということと、寄り添うと云うことの違いを書きました。

それにも関連することですが、魂の痛み・・・スピリチュアルペイン・・・の話がありました。

健康な時、元気な時には魂は震えないのだそうです。 

魂の震え・・・これが魂の痛み、すなわちスピリチュアルペインです。

★20代の男性のガン患者さんです。治療が上手くいって体の痛みはとれた。

 ⇒  すると 鬱 の症状が・・・ これは魂の痛みによるものです。

 ⇒ 25歳で・・・なんで? 死ななきゃならない? ・・・辛いよなあ・・涙

★45歳で3回離婚経験がある女性の患者さん・・・周りの悪口ばかりを云う・・・

 ⇒ 時間が経過し・・・ひょっとして、私が悪かったんだろうか? ・・・

 ⇒ バチが当ったんだろうか? と云うように変化した

   バチが当るということ、これはスピリチュアルペインとして感じる痛みです。

          ============

引っ張り症候群

 分子標的治療薬というのがあるそうです。かなりよく効く薬ではあるけれど、ガンを治す力はない(延命でしかない)

医師は、まだまだ治療効果があると、治療を引っ張り、患者もひょっとすると上手くいくかもしれない。と、引っ張られる。・・・が、結果的には死に対する準備、死の受容、別れの会話などがないまま死を迎えてしまうことになる

・・・ガン治療と緩和ケアを並行して最期まで行うのでなく、終末期には緩和ケアに専念し、死の受容への準備期間を持つことも重要な意味があるようです。

« 緩和ケア病棟・早春の壁面飾りほか | トップページ | さあ、お茶にしましょうか? »

学び」カテゴリの記事