« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月24日 (木)

クリスマスイヴ・・・今年も過ぎてゆきますね

二人っきりのイヴはチョッピリ淋しいなあ~

ケーキも無し、チキンもなし、

でも、二人居るから、それだけで十分かもねぇ~

013_600x800
12月はじめ、夫の希望で神戸のルミナリエを観に行きました

    「20年前が一番素晴らしかったのよ!」 って言われた方がありました。

私は娘と15年位前に一度だけ行ったことがあります。

大丸の建物をぐる~っと取り巻く人の帯が、ルミナリエの場所に移動するまでに1時間もかかったことが忘れられなくて

あまり気が進まなかったのですが、夫の希望をかなえてあげないと・・・と、出掛けて行きました。

あらら?? 時間が早かったからか・・・並んだ人の列が短い!

010_738x800
点灯するまでの30分余り、直ぐ前に並んでいる若いカップルの男性が人懐っこく周りの人に話しかけてくれました。

「おっちゃんや、おばちゃん、何処から来てんねん?」・・大阪弁変だったらごめん

「えっ! 石川?   石川県からこれみぃに来たん?」

もうすぐ点灯とのアナウンスがあり、その瞬間をカメラで捉えようと、スマホやら携帯やらカメラやらのスイッチを入れて手を伸ばしてスタンバイしています。

・・が、 なかなか点灯しないsweat01

「もう時間、過ぎてるでぇ~~」「おっちゃん、云うて~」「時間過ぎたでぇ~って。はよ 点けんかい!」

「あっ 電池が切れてしもたsweat01」  ・・・あっちでもこっちでも「電池がのうなりそうやわsweat01」 の声があがっている。

013_600x800_2
10分ほど遅れたが、やっと点灯

「ほな、おっちゃん、おばちゃんら、気いつけてな!  さいなら!」

このお兄ちゃんのお陰で退屈せずに済みました。

20年前の三分の一程の長さしかないようでした。

あっという間に終点。 

でも今年新しいのは、↑の写真のような天井が出来たことで、これを観に来たと云う方もありました。

020_600x800

今年も幾つかの思い出を残して暮れて行こうとしています。

拙いブログに訪問くださった方々、ありがとうございました。

来年はどんな年になるでしょう? 

元気でブログの更新が続けられることを祈りつつ、

皆様のご多幸を心からお祈りします。

どうぞ良い年をお迎え下さい。

今年はこれで終了します。

続きを読む "クリスマスイヴ・・・今年も過ぎてゆきますね" »

2015年12月20日 (日)

クリスマス会・終わりました

夫の元職場を改装したフリースペース

この場所を利用して月1回のサロンを開いている。

30人に足りない参加者の99%が、地域のシニア主婦。

いつもは、季節の唱歌を歌い、CDで音楽鑑賞のあと私が作るケーキでティータイム・・・勿論おしゃべりタイムでもある。

014_520x640
12月はクリスマス会xmas  特別の会だから準備から力が要る

指導下さる方(男性、クリスチャン)はとても繊細な感性の持ち主で、打ち合わせも細部に至るまでこだわりがある。

020_640x480
楽しむだけの会ではない。 セレモニーの雰囲気ではじまる。

教会の鐘の音(勿論CDだが)が流れるなか、開会の言葉があり、キャンドル点灯・・・

クリスマスの歌(讃美歌)を歌う

018_640x459
昨年は「賢者の贈り物」の朗読だったが、今年は朗読の方が欠席。

先生の3分講話となった「靴屋と3人の訪問者」

その後、ケーキタイム (写真は撮れなかったが、市販のロールケーキに果物添えて、 紅茶と)

ケーキの準備が整ったところで、チョッとしたプレゼントを・・・

021_640x480
ミニレター  可愛いクリスマス模様の便箋を使いたくて思いつき、

↑の写真のようにして、配るのではなく好きなのを取って貰う。

手書きで、内容が少しずつ違い、便箋の模様も違う。

すると、参加者の方から、「何人かに読んでもらったら?」 との声があり、5人に読んでもらった。 

022_640x505
ティータイムの後、じゃんけんゲームをしたり、プレゼント交換もあり、楽しい時間がながれた。

皆さんの笑顔が嬉しく感じた午後のひとときだった。

私は夕食を終えると、疲れがど~っと襲ってきて、早々にベッドへもぐり込んだのでした。

2015年12月17日 (木)

感動! 映画(海難)と第九の演奏会

観たいと思っていた映画をみてきた。

トルコと日本の友好関係の根底になった出来ごとかと思う。

チラシがないのでこちらでご覧ください

和歌山沖で台風の為遭難したトルコの船。500人を超える死者を出したが村人総出の救出活動で70人ほどが助かった。 そして、そのことが

95年後混乱のイランから、脱出の道を閉ざされた日本人の救出へ繋がって行った。

 この事実(和歌山沖のできごと)は今もトルコの人達の記憶に留まり、語り継がれている。 トルコ旅行の時に身をもって感じたことでした。

小学校の教科書に載っているから、みんなが学び、知っているのです。

それに比べ、日本では1985年にトルコが日本人救出のために飛行機を飛ばしてくれたことを覚えているでしょうか?

感謝を持って語り継がなければならない事実だと思うのですが・・・

映画を見ながら涙が後から後から溢れました。

          note   note   note   note   note

夜は、

Img001_450x640
佐渡裕さん指揮の「第九」を聴きに行きました。

満席の聴衆が大満足した夜でした。

この日(12月16日) は、ベートーベンの誕生日だと云うことも何かの因縁?よい記念でした。

演奏は兵庫芸術文化センター管弦楽団と、

ひょうごプロデュースオペラ合唱団 の皆様です。

ダブル感動の日。 

感動するって大切なことだと思います。

胸の奥のほうに、大切なものが塊りになって宿った感じ? happy01

クリスマス、年末と多忙になる時に パワーを貰えました。 感謝!

2015年12月11日 (金)

こんなの作りました ポマンダー&リース

慌ただしい日々の中にもぽっかりエアーポケットのような時間がある。つい先日ポマンダーを作りました。ポマンダーの説明はこちら

5.6年前に初めて作ったオレンジをつかったポマンダーが二つ、今も壁にかかっている。

004_500x640_2

今度のは、上手く出来るかどうか、?マークつき。

というのも、道の駅で見つけた獅子柚子、暫らく飾った後でママレードにしようかな、 って買ってきた。  

まず、水彩画のモデルとして使ったのだが、「来週もそれ描かせて」の要望があり飾ったままにしていると、何と! 私の思惑とは異なって早くも、過熟の様子。

つまり、ジュクジュクした感じになってしまった。 これではママレードは諦めざるを得ない。 捨てよう! と手に持ったときに、ハタと思いついたのがポマンダーだったのだ。 だ・か・ら・ … ちゃんとポマンダーとして役に立つかどうか(腐ってしまうのではないか)?という不安が残る。

簡単にいえば、魔よけ?  アロマ?  そんなものですが、↑をクリックしていただければ、説明も作り方もあります。

003_640x480
           これが今回作った獅子柚子のポマンダー

                  xmas        xmas   

          同じ日の午後はワークショップでリース作りを 

002_640x480
      生の数種のグリーンがよい香りで・・・嬉しい時間だった!

 

2015年12月 9日 (水)

6年前の記事にコメントが!

このところ慌ただしい事もあるけれど、記事にするようなネタが見つからないまま日が過ぎていた。 

ところが今日、初めての方からコメントが付いているではないか! 

それも、6年も前の記事に。

そのタイトルを見て、私の名前についてのことだと分かったが自分のそのブログを改めて読み直してみた。こちら

智子の字で届を出しに行ったら、この名前(漢字)は皇室の方のお名前にあるので使用できない。と言われ字を変更した・・・簡単に書けばこういうことです。

私の同級生にも同じようなことで変更した方があるのですが、、、

今日はコメントを付けて下さった方のお母上様が、そうだったのだが、どうして変えなければいけなかったのかという、疑問が、私のこの記事でやっと理由が分かった、有難うございましたと書いて下さっていました。

6年も前の記事に、どうやって辿りついたのか・・・?

特別な検索の仕方があるのかもしれませんが、PC知識の乏しい私には分かりません。 

時々ブログ管理画面から→アクセス解析→リアルタイム→現在見ているページへと入って行くと、どなたなのかは知る由もないけれど、私のブログのどのページを見て下さったのかが分かる。

そこで、自分も懐かしい記事だったりした場合、アクセスして読み直すことがあるのです。 今回もそうでした。

智子に対する使用禁止とかが、いつ頃まであったのか分かりませんが、現代は何でもあり・・・のような変わった名前が多くて戸惑いを覚えます。

私のブログ記事が、今回のようにお役にたったことがとても嬉しく感じた日でした。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »