« あさの出会いで、、 | トップページ | ミズアオイが咲きました »

2015年9月24日 (木)

高梁、総社市の観光ツアー

066_640x480何処へも行かず、家で静かに・・・

 

これが連休の過ごし方、と決めているのですが、ちょっと興味あるツアーを見付け申し込みました

 

日帰りできる距離ですから、何度か行ったことはありますが、何分知識の薄い二人なので、各所の説明文を斜め読みするばかりでは、ちっとも頭に残りません。 「あそこ、行ったわね!」 位のことですsweat01

「方谷と雪舟をつなぐ タイムスリップ・ぼんねっとバスと、長い名前で高梁市と総社市の連携事業と記してあります。

 

15名限定の募集に集まったのは7名。 お世話役の人数の方がずっと多数です。 集合場所の高梁駅では盛大な歓迎。2市の副市長さんからご挨拶あり、子供コーラス隊による歌あり、こちらが恥かしく感じるほどの歓迎を受けました。

022_640x480そして、お見送りも受けて、最初の観光は備中松山城です。ここはどうしても歩かないと駄目です。けっこうな登りでした。天守閣もありますが、写真は敢えて石垣にしておきます。 それは見事だと思うから。

053_640x480

午後、石火矢町ふるさと村(武家屋敷)散策、観光、次いで庭園で有名な頼久寺などの見学。
お世話役の観光課課長さん他の方々のお気遣いには恐縮の連続。冷たいおしぼりや飲み物、説明も行き届き、移動のバスの中での何気ないお話しもよかったんですよ!  頼久寺で、お庭を拝見しながら056_640x480

のことでした。  あらぁ~ お抹茶の接待かしら? って思いました。「どうぞお茶を!」と言って出して下さったのは、紅茶です!  高梁紅茶といって売り出していますが、お抹茶茶碗にたっぷり。 そして美味しいクッキー、この赤い方はベンガラをイメージした色にゴマが風味よく入っています。嬉しい接待でしたhappy01  067_640x480

次の 吹屋(ふきや)ふるさと村も暫らくぶりで嬉しい場所でした。  ベンガラを商っていた旧片山家住宅では2階まで入れてもらって詳しい説明、主人の寝室の隣には長男の部屋、その間にある障子窓は長男の教育の為にあったのだということでしたが・・・この家を盛りたてたのは・・・養子さんだったそうです。

昔、この通りを散策していた時に、農協? か何かの集荷場らしきところに、マツタケがいくつも山に積んであったのが忘れられず、訊いてみました。 「昔はようけ採れとったんだが、今は此処もさっぱり採れんようになってしまいました」 「それでも! 今夜の食事、期待しておいて下さい」ってhappy01

090_640x480期待した食事には!

 此処でも初物だと云う地のま・つ・た・け・

 お米もつい先日刈り取られたばかりの新米!

 他にもご馳走が一杯で、お腹一杯になりました。

 この宿は昔のお醤油屋さんで元仲田邸くらやしきと言います。→こちら

 食事をしながらフラダンスのアトラクション

097_640x480082_640x480101_640x480

食後には、先日終了したばかりの「吹屋ベンガラ灯り」をミニ再現し、吹屋小唄踊りを見せていただきました。 おわら風の盆を想わせるような踊りです。女性の浴衣はベンガラ染めです。

          簡単に記しました。総社のほうは…つづきます

« あさの出会いで、、 | トップページ | ミズアオイが咲きました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!
TVでちらっとこのツアーの様子を拝見して・・・いいな~と思ったのです
行かれたのですねgood
宝福寺だったのでしょうか?座禅をくんでいる様子が映し出されていて「参加者が少ないな~」と思ってみました。

いたれり尽くせりのおもてなしでよかったですね!
地元の松茸がいただけたなんて羨ましいかぎりです。
「元仲田邸くらやしき」も魅力的で、地元にも素敵なツアーがありましたね~happy01

rvcarとんちゃん様
さっそくのコメント、ありがとうございます。
地元のことも知らないことばかりなので、参加してみる気になったんですよ。
連休とはいえ高梁辺りならいいかな? っと思いまして。
至れり尽くせり・・・高めと思った料金でしたが、お釣りがきたような気分です。
普段入れない場所にも入れて頂いて、専門の方から説明を受けると
興味が湧いてくるから不思議ですね。

総社、高梁へのツアーに参加されたとのことで更新楽しみにしていました。

ふるさと村の武家屋敷の近くに息子の住んでいるアパートがあります。高梁駅から歩いて15分くらいの静かなところでした。松山城も吹き矢ふるさと村のベンガラの家々も懐かしく拝見しました。
もうマツタケご飯が食べられたのですね。
高梁駅に降りると正面に山が見える静かな街並みが思い出されました。

どこの地でも町おこし・村おこしに
役所が一役買っているんですね
この様な企画は良いですね
知っているようで知らない町散策

マツタケご飯にマツタケのお吸い物
秋を満喫したような数々の
おもてなし・・・・japanesetea
素晴らしいシルバーウイークの1日でしたね

rvcarさっこ様
お近くだったら是非お声をかけたかったです。 息子さんがいらっしゃるのだから、いつも気になるでしょう?
私達も行ったことは何度かあるというものの・・・ちゃんと説明をしてもらったことがなかったので、楽しみにしていましたら、期待以上のものがありました。
知れば知るほど歴史があって魅力に溢れる町、と云うことが分かりましたよ!
何度でも行ってみたくなった私です・・・でもチョッと距離もありますcoldsweats01

rvcarおばさまへ
町おこしにはどこも一生懸命ですね!
はっきり言ってこのツアー・・・赤字・・・と、云われました。そうだろうと納得。
おもてなしを受けるって、ホントに心が豊かに暖かくなりますね。
私もそういうもてなしが出来るよう心がけたいと反省したり、教えられたりしました。
最高のシルバーウイークでしたよscissors

いつも素敵なお話し楽しみに読ませて頂いています。

高梁・・10年ぐらい前かなあ・・小雪がちらつく頃友達とフラッと電車を
乗り継いで行きました。父から頼久寺の庭を見ておいで・・と聞いていたので寄って、あとはそぞろ歩き、川沿いの道まであるいたような覚えがあります。懐かしいです。
私,ベンガラ色が大好きなんですね、淡いやさしいピンクに惹かれて染めてみたりしました。

rvcarayako様
こんばんは! 
県内で泊りがけのツアーなんて! と思いましたが、とても満足でした。
ayakoさんにはシニアカレッジの楽しさみたい・・・と云えば一番良く分かっていただけるかと思います。
頼久寺のお庭は何度見ても心が洗われるような美しさですね。
マイカーで巡るにはちょっと遠いし、細道の運転に自信がありません。
機会があれば又参加したい! って感じました。
コメントありがとうございました。

tomo さん、おはようございます。
久しぶりに寄せて頂いたとは思っていたのですが、見てみると5.6月ごろにお寄りしてからずーっとご無沙汰しておりびっくりしています。
夏の甲子園や列車を追いかけて撮影していたのは覚えているのですが、父の病院への送り迎えとデジブック作り等変わらない日常に追われ、kdcさんのことはコメ頂いたりしていましたから、こんなにご無沙汰しているとは思ってもいませんでした。

今、ざーと拝見しました。サロベツにも行かれたのですね。ご近所のDB仲間も1月ほどサロベツ等に行っておられ、DB拝見し何もない草原湿原に北海道の広さを感じたものです。
高梁の観光旅行、良かったですね。こんな素敵なツアーなのに定員に満たないなんてもったいないですね。

ご旅行に絵画にボランティアと充実した時を過ごされており嬉しくブログ拝見しました。次回はあまり日をおかないで寄せて頂き、少しは気のきいたコメ出来るようにします。では、又。

mapleamj様

訪問いただき有難うございます。 地元にも素敵なツアーがありました。
遠くまで出掛けることに比べれば、気軽に楽しめ、次は個人で又・・・と思いますね。

北海道も良かったですが、DBを作る心の余裕がないまま、過ぎてゆきますcoldsweats02
DBを作るためにお出掛けになる方が多いのだとおもうのですが、私の場合、日記のような
自分の記録の為ですからねぇ~  でも時々のものを形に残せるのは素敵なことですね。
これからもご自愛なさって、お元気で活躍されますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/162646/61745057

この記事へのトラックバック一覧です: 高梁、総社市の観光ツアー:

« あさの出会いで、、 | トップページ | ミズアオイが咲きました »