« いよいよ礼文島へ入ります | トップページ | サロベツ湿原 、 稚内にて »

2015年7月16日 (木)

礼文島で出会った花 

時間が遠のいて行くのに比例して、私の記憶も薄れて行ってますsweat01

急がないと!!

別名「花の浮島」と呼ばれる所以は、海抜0mから高山植物が咲く希少な島だからです。 その訳をガイドさんが教えてくれました。

先に行った利尻島には1700mを越す利尻山があるので、上昇気流が起こります。だから、高山植物を観ようと思うと、かなり上の方まで行かなければならない。   一方の礼文島には高山がなく、礼文岳は500m弱しかありませんから、上昇気流は起こらない。したがって、海岸からすぐの場所から高山植物が見られるのだそうですよ。

142_800x600     147_800x600     149_800x600    154_800x600

イブキトラノオ /ヤマブキショウマ?/ レブンシオガマ?/ウツボグサ?

160_800x600     162_800x600     165_600x800    168_800x600

レブンキンバイソウ/チシマフウロ /  レブンソウ? /  忘れましたsweat01

 雨? って思えたんですけれど、ネイチャーガイドさんによれば「これは霧です」って云われました。 眼鏡をかけている私は、時々メガネを拭わないと見えなくなってしまうほどです。 そんな気候なのに、「ここでは紫外線が強いので、サングラスのある人はかけて下さい。手袋もして下さい」と云われました。私はこういう時にはメガネの上からかけられるオーバーサングラスを使います。

今回歩いたのは細長い島の下のトン先(南の端)、桃岩展望台コースでした。

ずっとアスファルトの道で、車も数台通りました。ゆるい坂道ですが、私にも苦なく行けましたよ!

            ~~~~~~~~~~~~

今回はバスの一回の乗車時間が短くて、例えば初日だと、フェリーで利尻港に着いたところから、その日の宿までの15分程。バスガイドさんもその間だけで、翌日のガイドさんは別の方・・・って云うように何人かのガイドさんにお世話になりました。 ベテランのガイドさん達、添乗員の方も含めて、とても細やかな心遣いに関心しました。 そう云う方達にお世話になっての旅はとても心地よいものです。

最後にお世話になったガイドさんはお若い方らしく、お話の仕方も活発な方。

添乗員さんにそう云う印象などおしゃべりしていると、「今回のガイドさん、ドライバーさんも多分沖縄の方みたいですよ」っておっしゃるんです。

「えっ!  沖縄って??」 どう云う事なのか直ぐには理解できない私でした。

「沖縄は季節的に観光シーズンオフなので、こちらの方を手伝いに来られるんです」

へえぇ!  そんなこと・・・ちっとも知りませんでした

その業界の方達も大変なのですねぇ~

              ~~~~~~~~~~~~~~

礼文島の花のシーズンは2週間単位で咲き移ると聞き、出来ることなら時期をずらして何度も来てみたいなあ~ っと、叶わぬ夢を思いました。わ・た・し・

ところが、ご一緒した佐賀県からのご夫妻さん、昨年2度お越しになり、更に今年で・・・3度目だとおっしゃったのにはびっくりしましたよ!

この先いつまで行けるか分からないので・・・行ける時にと・・・3年前から山にも行きはじめたんです。 って、  

私達よりはお若いけれど・・・10歳も?  それはどうかな? 6,7歳若いかな?  そういう方もいらっしゃいました。

今回の旅行社は、初めて利用した○んきゅうのクリス○ルハートです。

人数が32人というのが、多目ではありましたが、、、まずまずだったかな?

                もう少し続きます。 引っ張ってしまいますねぇ~

« いよいよ礼文島へ入ります | トップページ | サロベツ湿原 、 稚内にて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

まとめて拝見させていただきました
以前 礼文島のパンフレット見たとき
数々のお花に驚きました
チャンスがあれば行ってみたい地ですね
tomoko様はとても良い季節に行かれ
綺麗なお花を観察でき良かったですね
お花の名前をよく御存じでびっくりsign01
尊敬しちゃいますheart04

「レブン」と頭についている植物、その違いが私にはわからないから、ただただ
もう感服しています。
紫外線の事、ネイチャーガイドさんの事、リピーターの方の事など、しみじみと
拝見しました。
霧の中だからスケッチは難しかったかしら?

yachtおばさまへ
お忙しかったのですね!  やっと一服されましたか?
早速のお立ち寄りと、コメント・・・やはり嬉しいですhappy01

花の名前はガイドさんが教えて下さったもので、私などはとてもとても・・・coldsweats02
その場では濡れながらですからメモもとれずsweat01頭に入れたつもりでも
新たに一つ教えられると、前のものは抜けてしまってsweat01 ホントに
どうしようもなく、悲しい状態でしたsweat02
パンフをみたり、、、、しながらの状態で違っているかもしれません。悪しからず!

yachtちゃぐまま様
レブンとかエゾとかチシマとか・・・付くのですが、
実際のところ私にはよく分かりません。  今回は観察会でもなければ
勉強会でも無いので、、唯ガイドさんが名前を教えてくれるだけ!
これって、一つ聞けば、一つ忘れるンですねえ~wobbly
どうしようもないです!  そんな自分が嫌になりましたdown

私が感じた限りでは、どれも見慣れたものより大きいことでした。
季節が短いだけに、エネルギーを一気に??  

スケッチブックはまっさらのまま持ち帰りましたcoldsweats01

花々の写真きれいに撮れていますね、
礼文ならではのレブンキンバイソウ、にチシマフロウ、レブンソウ たぶん見ていない花でしょう。
いつか見てみたいです。イブキトラノヲの群生も見事ですね。
本当にいいところに行かれましたね。

yachtさっこ様
最近はスマホのカメラの性能がとても良いそうですね。
スマホに切り替えが躊躇われて、未だにガラ系の携帯電話の私です。
カメラは別にもたないといけないので、一番小型と思うデジカメです。
もっと綺麗な写真が撮りたいですが、私の腕とこのカメラではねぇ~coldsweats01

イブキトラノオが沢山咲いていたのが嬉しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いよいよ礼文島へ入ります | トップページ | サロベツ湿原 、 稚内にて »