« 雨の利尻島より | トップページ | いよいよ礼文島へ入ります »

2015年7月10日 (金)

利尻島で・・・

姫沼を一周している様子です。

096_800x600

084_800x600
小雨が降っています。 傘をさしている方もありますが、前後の人には迷惑です。

077_800x600
これ、木こりさんじゃありません!  同じツァーの方です。

近い場所で2本の倒木・・・まだ緑の葉も付けていて、痛々しく感じます。

078_800x600

利尻島の地図↓をご覧ください。 ほぼ円形をしています。

Img009_745x800
海底火山の大爆発によって出来た島なんです。 溶岩の上、僅かな部分しか土はなさそうです。 

大木も根を深く張ることが出来ないで、強風には弱いのですね。

089_800x600こちらの植物には、エゾ とか、チシマ と付く名前が大半です。

私の家の周りでも同じような花がありますが、何か違いがあるのでしょうね。  今回は観察会ではないので、歩きながらガイドさんが名前を云ってくださるのを聞き流すだけ・・・ちょっと残念

             ☆

ちょっと、上の地図を見て頂けますか?

ちょうど真上辺りにフェリーターミナルがあり、その右下(4キロほど離れて)、ラナルド・マクドナルド上陸記念碑ってあります・・・探せましたか?

ラナルド・マクドナルドさん、1848年に密入国したのが利尻島だったようです。

初めての外人さんに、さぞ驚いたことでしょうね。 話しを大幅に端折りますが、松前藩によって長崎へ送られました。  囚われの身ではありましたが、彼の人柄と、教養の高さ・・・そして奉行所の肝いりで、日本初の英語教師として、14人に英語を教えたんですね。 その中にペリー来航の折に主席通訳をした山本栄之助が居たのだと・・・ガイドさんがそんな話を聞かせて下さいました。

マクドナルドさん、英語を教えたのはたった、半年!! 

個人旅行では決して知りえなかった、こんな話、あんな話しを聞かせて貰えるところが楽しいです。

利尻は昆布ですよね!  利尻島だけに限らず、礼文や稚内辺りで採った昆布も利尻昆布と呼ぶそうです。 これからが漁の季節本番らしいです。 

 

« 雨の利尻島より | トップページ | いよいよ礼文島へ入ります »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

個人旅行も束縛されない良さがありますが、ツアーで行くとラナルドマクドナルドさんのように歴史的な人物やその土地の歴史、地理的な特徴がガイドさんに教えてもらえるのでいいですね。

黄色い花かわいいですね。利尻島だけの山野草なのでしょうかね。

いいなあ!!!!当分旅行には行けそうもありません。思いで葉あまりにも美しい!!!楽しい!!!です。

rainさっこ様
本当は自分でプランを立て、ゆっくり観たい所、興味のない所はスルー・・・などなど
そう云う旅行がしたいのですが、私達は調べることも計画することも面倒になってしまいましたsweat01
だ・か・ら・ ツアーの良い点を敢えて強調したくなるのでしょうねcoldsweats01
ツアーも熟年向きのゆったりツアーです。

もう若く見せる必要もなくなりましたから・・・
黄色い花は何処にでもある キンポウゲ の仲間だと思いますよ。

rainももり様
暫らく、旅行はお・あ・ず・け・・・でしょうかしら?  過去には誰にも負けないくらい
世界あちこちといらしたのでしょう?  思い出は人一倍おありかと思います。
時には過去の旅を振り返ったり・・・これからいけそうな所の夢を描くのも宜しいかとhappy01

自分が行った場所の写真などに出合った時に、思い出が溢れますね~

北海道旅行だったんですね。
素晴らしい風景もさることながら、蝦夷といったころの歴史的事実を
たいへん興味深く拝見しました。
半年のレッスンでペリー来航の折に主席通訳とは!私は何年英語を
学んだのかしら ァァァ・・(´゚Д゚`;)

rainちゃぐまま様
北海道遠し・・・と云えども飛行機で簡単に行ける時代ですね。
しかし、歴史、文化・・・随分違いを感じます。 知らないことの多いことcoldsweats02
ガイドさんが、溝を埋めるような話を上手に話して下さることが、
とても興味深いものでした。

北海道にご旅行されていたのですか。
私のDB仲間のお一人も北海度にかなり長い期間ご旅行されやっとお帰りで、数日中にお逢いすることになっています。霧がかかった幻想的な池良い感じですね。是非、DBアップして下さい。
利尻富士、良くカレンダーで見ました。青い空に白い雲、紺碧の海に残雪が残る利尻富士、若い時分凄く憧れていました。
当時は飛行機なんて考えられないですから、東京に行き、夜行で青森、青函連絡船に乗って北海道に、それから先も遠いところ、船に乗って渡るのですから・・・北海道・札幌・十勝までがやっとでした。
行けなかったこともあるのでしょうか、クラブの雑誌に今まで旅行してきたことや淡い思い出を載せて利尻富士をイメージして憧れを綴ったことがあります。
真っ青な空の下白い雪が残る利尻富士の麓、蝦夷カンゾーの明るく元気な花が咲くお花畑を、ワーワーと言いながら駆け巡る・・・。そんな感じの文章でした。でも、もう忘れました。しかし、利尻富士を見ると行ったこともないところですが、今もってそんなことが浮かんできます。
母を亡くなって10年が経ちます。この間、2.3度東京へ出張があり帰り信州の方に寄って帰ったこともありますが、
旅行らしい旅行はしたことないです。父の透析の送り迎えがありますし,かなり痴呆も進んできているみたいで、これからは一層たいへんです。
貴女が今出来ることをされ楽しんでおられるのを見ていると本当に羨ましです。
私は海外に行ったこともないですので今更海外にとは思いませんが、国内旅行に行けるのも後10年ぐらいでしょうから時期が来れば出かけることでしょう。でも、カメラのことは忘れ自然・風物・その地の人情に浸かって旅情を味わうのでしょうが、多分淋しくなってしまうでしょうね。
貴女はさっと神戸まで来られたり、又、このような楽しいご旅行できて本当に幸せものですよ。
大切な時間、これからも有効に活用しよい人生を過ごし下さい。
又、こちらに寄せていただきます。では、又。

rainamj様
長~いコメントにびっくりしています! こちらへも来て下さってありがとうございます。
礼文島は日本の最北端ですものね、 飛行機を使えば案外近いとも云えますが、
やはり空気が違うって云うのか、風景もちがうし・・・人々の暮らしぶりも自ずと違います。
憧れの地であったことは間違いないのですが、此処で暮らせるかと云えば「ノー」ですよね。
日々の暮らしは住み慣れた地が一番だと思います。 amjさんも、夢は捨てないで、でも
今、必要とされている立場で精一杯に暮らして頂きたいと思います。
amjさんにしか出来ない素敵なDBが作れる方なのですもの、又作品が出来ましたら
見せて頂きます。  私は、なかなかDBをつくれないのです。時間がかかってしまうんですよcoldsweats02
また、PC上でお会いいたしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の利尻島より | トップページ | いよいよ礼文島へ入ります »