« 残された貴重な時間を輝いて・・・ | トップページ | 南九州の旅より »

2015年5月25日 (月)

瀬戸内のアートな島・犬島

私の住んでいる場所から意外と近い。 かねてより行きたい! っと思っていたのにずっと行く機会がなく、やっと願いが実現したのが約1か月前でした。

イベントも何もない平日でしたが、小さな渡船に乗り込んで来たのは揃いの赤いスカーフをした団体さん。思わず見つめてしまいました!  言葉や様子で、韓国からの団体さんだと感じましたが・・・・

Img001_444x640島には精錬所跡を整備してアート感覚で楽しめるようにしてある場所や、元々あった住宅を改築してアート作品の展示場としてある場所が、島のあちらこちらに点在しています。そこに入場するためのチケット代が2500円程だったか?必要ですが、別に入場しないでも精錬所跡や海岸などは自由に楽しむことができます。

島の住民が肩寄せ合っている地域で、家の解体が進んでいるようで、建物を取り壊したと思われる空き地にはブルーシートで覆いをして石を重石としてあるところがあちこちで目に付きます。

たまたま出会った男性と少しお話しをしました。『家を取り壊しても、廃材を全部島から外へださなきゃならんから・・・それが費用もかさむし大変なんじゃ!』 と云われました。本土に幾ら近いと云ってもそれは大変なことだと想像できます。

犬島ってホントに小さな島で渡船で10分という距離なのですが、大阪城の石垣に使った石はこの島から切り出されたと聞いています。 石の島と云うだけあって、立派な井戸の石組がやたら目に付きました。 

   ・・・・ そんなことがあって・・・約1月後、5歳男子と3歳女子の孫を朝から1日預かることになり、さてどうやって1日を過ごしたものかと、考えた末、犬島に連れて行こう! と云う事に決定。 幸い天気もよく、二人とも船に乗ったことがないと云うことも幸いしました。

081_800x600070_640x480海辺で食べるお弁当は、ご馳走がなくてもおいしいねっ!
074_640x480

お兄ちゃんが持っているビニール袋にはクラゲ、カニなどが入っています

072_640x480

『たのしかった!』 の言葉に 良かった~happy01 とジイジ、バアバも満足。

             ~~~~~~~~~~

前回出合った韓国からの団体さんは、どういうツアーなのか知る由もありませんでしたが、同じ日、食事をした場所で一緒になった方は日本人の奥さまとフランス人の御主人、可愛い小さな女の子のファミリー。 フランスからの観光客と聞き、びっくりです!  結構、人気の島だと教えて貰いました。その方達は直島に宿をとって(こちらもアートの島として売り出していますが)やって来たと云う事でした。

知らぬは地元の者ばかり・・・ ・・・

« 残された貴重な時間を輝いて・・・ | トップページ | 南九州の旅より »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

久しぶりの訪問ですhappy01
元気になりましたのでご安心くださいネ
お孫さんたちと一緒にお出かけとは
良かったですね
犬島
小さな島のようですが住民の方々のご苦労も
それなりにあり生活の一端を垣間見ることも出来
また外国の方に日本の良さを知らされたりと
実り多い時間でしたねhappy01

shipおばさまへ
良くなられたと云え、しゃんと力が入るまでには時間が薬だろうと思います。
早速のコメント、ありがとうございますhappy01
孫達と1日を過ごせば、普段見えないものも見え、可愛さもより強く感じる半面、
叱ることもありました。 親とは違う役割があるのかもしれませんね。
朝8時から夕方7時まで、楽しくも長い一日でしたよcoldsweats01
今回は関西からの若い方が多かったようでした。 若い方は色々下調べしているようで、
私達のような行き当たりばったりとは違いますね。

アートな島でお孫さんたちとの楽しいひと時を過ごされてよかったですね。
写真で楽しかったことが私にも伝わってきました。
この間生まれたと思っていたお孫さんがもう3歳ですか、
時間の流れは本当に早いですね。

精錬所の後でしょうか、雰囲気がよく出ていて、スケッチ素敵です。

すっかりご無沙汰してしまいました。こちらのブログ、充実が続いていますねえ。私も一度訪れたと思っています。いまは、相棒の病気で出られそうもありません。皆さまのページやご報告を楽しみにしています。可愛いお孫ちゃんですねえ。わが家、孫ナシ・・・シュン。犬島って・・・今も人が住んでらっしゃるのですねえ。そんあなことも初めて知った私です。

shipさっこ様
孫たちとは海岸で楽しい時間を過ごしました。 本土の海水浴場には、昆布の切れはしと小さな貝殻の他な~んにも見つけられないですが、此処の海岸はとも白かったです。クラゲ・・・生きてました。 小さな石の下には小さなカニがいたり、案外私も楽しんでしまったかな?
こういう自然が一杯のところでの遊びを沢山させてやりたいと思いましたよ。

shipももり様
犬島、ごく近いのですが、最近になって初めて行きました。 とても雰囲気があって
好きになりました。 絵を描きに行きたいなあ~っと思いました。
直島、豊島もアートの島として売り出していますし、小さな船が此処からも出ていました。
犬島ね、住んでいらっしゃるのですよ。 でも大変かな? って感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 残された貴重な時間を輝いて・・・ | トップページ | 南九州の旅より »