« 壁面飾り・桜をまつ頃 | トップページ | 曹源寺の枝垂れ桜 »

2015年3月28日 (土)

映画・風に立つライオン

先日観た映画、感動ものでした!

映画館によってはネットで指定席を予約できるので、早めに出ていく必要が無くなり便利ですね。

Img006_566x800_2
前知識がないまま、観てしまい、後からHP(クリックしたら予告編も観られます。)などで少し知識を得ました。

1987年さだまさしが発表した名曲風に立つライオンクリックすれば歌を聴けます

ケニアで国際医療ボランティア活動に従事した実在の医師から聞いた話にインスパイアされ作詞、作曲されたこの曲は、海外への貢献活動を志す人々に多大な影響を与え、彼らの心の支えとなった。

そんな楽曲に惚れこんだ俳優・大沢たかおが、小説化・映画化を熱望したことで今回のプロジェクトが始動する。

2013年にさだまさしが同名小説を発表。監督・三池崇史も決まった。(パンフより)

大沢たかお扮する青年医師・島田航一郎がケニアに派遣される。 更にそこより過酷な場所へ1カ月の予定で移動を命じられた。その場所に担ぎ込まれる患者と云えば、内戦で受けた傷の為に手足を切断せざるを得ない重症の患者ばかり。少年兵も多くいる。傷が治れば退院だ。退院を前にした患者に問う。

「退院したら どうするんだ?」 「又、銃を持って戦うだけだ」・・・言葉が無い。

両親も兄弟も失くした少年兵は足に弾を受けていたが、幸い急所は外れていたので切断は免れた。 

その少年が云う「自分は銃の扱いが上手いんだ!」「外すことは無い!」と。

しかし、この少年は多くを語ろうとは、決してしない。

1カ月の任期を終え、元の場所(ケニアの)に戻るが、島田医師は再び過酷な先の場所へ行かせてほしいと希望する。

日本には結婚も考えていた同期の女医も居る。でも彼女は五島列島の小さな島で開業している父の医院を継ぐ使命が・・・

やがて島田医師はケニアの過酷な場所で働き続ける決心をした。無口だった少年にも希望の灯を灯させ・・・彼は後に医師となった。

大沢たかお扮する島田医師の目がキラキラと輝き…笑顔が印象的。

          ~~~~~~~~~~~~~~~

映画を見ながら、実話が土台になっているのかなあ~~ ? と感じていた。

長崎大学という字が出ていたので・・・もしか?  以前にブログに書いたことがある・・・あの方?  えぇ・と・お・・・ 川原医師?  そんなことも思ってみましたが、川原医師はさだまさしの歌に影響されて、勤めていた外務省を辞める決心をされたんだそうです。

さだまさしさんが、出合った医師の話に感動して歌を作った。その歌に感動して映画ができ、私達は映画に感動して・・・・?? 何ができるのかしら?

自分の人生だから、好きにすればよい。という考え方もあるけれど、好きにできないものがあるのも事実。

どんなに好きでも、諦めなきゃいけない場合もある。

昔、聞いたことがある。 進む道をどちらにしようかと迷った時には、より困難な道を選びなさいと。 この映画に出てくる人達はそれが出来た人ですね。

涙が流れて困りました・・・ でも感動するって素晴らしいことですよね!

私は父が、小さな町で外科医をしていました。外科医と云っても随分昔のことですから何でも診るような感じだったと思うのですが・・・

怪我人や急病人が、戸板に乗せられたり、荷車で運ばれてきたり。。。

そして治療室に小さい子供の私が入って見ていることもありました。

だからでしょうか?  こういう医療の現場が出て来るものには、一種の懐かしさが感じられたりします。

父も実によく働いた人生だったと思い出しています。

« 壁面飾り・桜をまつ頃 | トップページ | 曹源寺の枝垂れ桜 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

風に立つライオンの歌聞きました。
さだまさしさんの素敵な声がよく会っている歌だと思いました。
本当に良い歌ですね。中身もいいです。


映画、仙台に来たら絶対に見たいです。
大沢たかおさんは優しい目が印象的で私は以前からファンです。ぴったりの役ですね。

良いお話で涙なくして観られないような・・・・
河原医師の事は以前テレビで知りました
迷った時はより困難な道を選ぶ
人はややもすると楽な方に流れがちですが
教えられた思いです
映画のDrをとおして
tomoko様は亡きお父上様とだぶるものがあったんですね
これもまた良いお話だと感じましたhappy01

movieさっこ様
さだまさしさんの歌、「風に立つライオン」ですが、私は全く知りませんでした。
歌が他の人の人生を左右する力を持っているとは驚きでした。
そして大沢たかおさんの熱意が映画を作らせたことにも驚きです。
世界中の中には、人類愛に溢れた人達もいることが確認出来て
嬉しかったですよ。

movieおばさまへ
涙が止まらない映画でした。終って外へ出るのが少し恥かしかったです。

地球上に戦の止む時がありませんが、一方では
こんなに素晴らしい人間愛にあふれた方がいることに
一筋の希望を感じます。 
私の父のことなどは、ちっぽけな存在でしたけれど、
私にとっては誇りに感じる父でした。

「風にたつライオン」は見てみたいとは思っていますが、なかなか時間が取れなくて・・・。まだしばらくは大丈夫かしら?
さだまさしさんの楽曲は昔よく聞いていました。最近では日本百名山(NHK)のテーマ曲が気に入ってカラオケで歌ったりしてました。風に立つライオンも今度聞いてみましょう!

映画の主演をなさった大沢たかおさんはドラマ「仁」からのファンです。今は「花燃ゆ」の小田村役で陰から松陰や門下生を支えてくれる役で素敵です。演技も良いですね。

実直で優しい役はぴったり。きっとこの映画でも発揮されていると想像できます。時間を作って見に行きたいです。

movieタム様
時間がとれれば・・・まだ上映中なら・・・是非! っと、私は思います。
大沢たかおさん、花燃ゆでの存在で一気に私の意識するところとなりました。
とても好感のもてる俳優さんですね! <風に立つライオン>の歌で感動し、本にする事を希望したのが
彼だということも初めて知りました。 誠実な青年医師の役、打ってつけでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 壁面飾り・桜をまつ頃 | トップページ | 曹源寺の枝垂れ桜 »