« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月28日 (土)

映画・風に立つライオン

先日観た映画、感動ものでした!

映画館によってはネットで指定席を予約できるので、早めに出ていく必要が無くなり便利ですね。

Img006_566x800_2
前知識がないまま、観てしまい、後からHP(クリックしたら予告編も観られます。)などで少し知識を得ました。

1987年さだまさしが発表した名曲風に立つライオンクリックすれば歌を聴けます

ケニアで国際医療ボランティア活動に従事した実在の医師から聞いた話にインスパイアされ作詞、作曲されたこの曲は、海外への貢献活動を志す人々に多大な影響を与え、彼らの心の支えとなった。

そんな楽曲に惚れこんだ俳優・大沢たかおが、小説化・映画化を熱望したことで今回のプロジェクトが始動する。

2013年にさだまさしが同名小説を発表。監督・三池崇史も決まった。(パンフより)

大沢たかお扮する青年医師・島田航一郎がケニアに派遣される。 更にそこより過酷な場所へ1カ月の予定で移動を命じられた。その場所に担ぎ込まれる患者と云えば、内戦で受けた傷の為に手足を切断せざるを得ない重症の患者ばかり。少年兵も多くいる。傷が治れば退院だ。退院を前にした患者に問う。

「退院したら どうするんだ?」 「又、銃を持って戦うだけだ」・・・言葉が無い。

両親も兄弟も失くした少年兵は足に弾を受けていたが、幸い急所は外れていたので切断は免れた。 

その少年が云う「自分は銃の扱いが上手いんだ!」「外すことは無い!」と。

しかし、この少年は多くを語ろうとは、決してしない。

1カ月の任期を終え、元の場所(ケニアの)に戻るが、島田医師は再び過酷な先の場所へ行かせてほしいと希望する。

日本には結婚も考えていた同期の女医も居る。でも彼女は五島列島の小さな島で開業している父の医院を継ぐ使命が・・・

やがて島田医師はケニアの過酷な場所で働き続ける決心をした。無口だった少年にも希望の灯を灯させ・・・彼は後に医師となった。

大沢たかお扮する島田医師の目がキラキラと輝き…笑顔が印象的。

          ~~~~~~~~~~~~~~~

映画を見ながら、実話が土台になっているのかなあ~~ ? と感じていた。

長崎大学という字が出ていたので・・・もしか?  以前にブログに書いたことがある・・・あの方?  えぇ・と・お・・・ 川原医師?  そんなことも思ってみましたが、川原医師はさだまさしの歌に影響されて、勤めていた外務省を辞める決心をされたんだそうです。

さだまさしさんが、出合った医師の話に感動して歌を作った。その歌に感動して映画ができ、私達は映画に感動して・・・・?? 何ができるのかしら?

自分の人生だから、好きにすればよい。という考え方もあるけれど、好きにできないものがあるのも事実。

どんなに好きでも、諦めなきゃいけない場合もある。

昔、聞いたことがある。 進む道をどちらにしようかと迷った時には、より困難な道を選びなさいと。 この映画に出てくる人達はそれが出来た人ですね。

涙が流れて困りました・・・ でも感動するって素晴らしいことですよね!

私は父が、小さな町で外科医をしていました。外科医と云っても随分昔のことですから何でも診るような感じだったと思うのですが・・・

怪我人や急病人が、戸板に乗せられたり、荷車で運ばれてきたり。。。

そして治療室に小さい子供の私が入って見ていることもありました。

だからでしょうか?  こういう医療の現場が出て来るものには、一種の懐かしさが感じられたりします。

父も実によく働いた人生だったと思い出しています。

2015年3月26日 (木)

壁面飾り・桜をまつ頃

001_480x640 003_480x640

002_480x640_2
病院、緩和ケアのデイルームの壁面です。

スペースに、材料に、掛ける時間に・・・

制限の多い中、過去の物をベースにして、同じパーツを利用しながらも、その時々の気分で並べ方が変化したり、小物を足したり・・・

そんな事をしながら短時間に楽しんで仕上げます。

ボランティア3~4名での作業です。 

パッチワーク下部の緑や黄色は菜の花畑をイメージしたもので、花束を包み紙を利用しています。

因みに、私が所属するグループは絵手紙グループなので、先輩が描かれた花の絵を散らしてみました。

004_480x640_2 005_480x640 

2015年3月23日 (月)

ミモザと白木蓮の競演

花の命は短くて・・・・  

016_640x307
シンボルツリーのミモザはピークを過ぎ始めましたが、まだまだ見ごたえがあります。垂れさがった枝先は地面に届くほどで、春の風にゆさゆさと揺れています。

019_640x278
ミモザの背面には白木蓮が4日前ごろに咲いてきました。

花は小振りになったものの、ミモザと並べば互いが競い合い、引きたてあって我が家の庭が一番華やいで見える季節です。

しかし、春は風が案外強い上に雨もよく降ります。今年は雨にあたることは無かったものの、4日目の花は今朝から大きな花びらをハラッ ハラッと散らしています。 時の流れは無情です。

013_640x294
土曜日に兄夫婦が、お彼岸のお墓参りにきました。(実家のお墓が岡山にあるので)いつものことで、昼食を我が家で一緒にします。簡単なもの・・・でぇ~といつも考えるのですが、今回は八宝菜をメインとし、畑で収穫したワケギにわかめと蒸し蛸を添えたぬた。その朝届いた(頂いた)生湯葉のお刺身とおつゆで、簡単ランチとしました。

暫らくお喋りしたあと、車で25分位かかったでしょうか? 小磯良平の展覧会を一緒に観に行きました。 どれも素晴らしいものばかりで、又出掛けたいと思いました。近いので直ぐ行けますhappy01

2015年3月19日 (木)

3月のオープンデーで、

この前の日曜日、オープンデー(相変わらず気の利いたネーミングが思いつかないままです)でした。

先月より少し少ない参加者ですが、もうすっかり気心の知れた仲間です。

何を用意しようかな~?    前日が忙しかったので、悩みましたが

土曜日、午前中一杯かかって、桜風味のシフォンケーキを3台焼き、

001_640x473後は夕食の支度と並行で、豚まん30個と、スープの下準備。

豚まんは、初めてHBを使って発酵までしてみました。scissors

1回にかかる時間が1時間40分ほど。これを3回です。

スープは、この前ブログにUPしたエコな野菜屑からのスープを使って、春雨とレタスたっぷり。それに溶き卵を流してかき玉に。  これ、とても好評でした。

いや~~ 豚まん30個はちょっと、大分しんどかったです~~coldsweats02

仕上がる頃には、日付が変わってしまいました。

残ったものは、欲しい方にお分けし、更に残ったのは冷凍にもしました。

1年に1度くらい、作りたくなるんですよ。でも、二人だけの為には作るのが大儀。 オープンデーがあるから出来るのでしょうと、思います。

そうそう、他にはヨーグルトを1リッター作り、ひじきを炊いたりしました。

2015年3月10日 (火)

大山崎山荘美術館と志村ふくみ展

染織家で人間国宝の、志村ふくみさんの展示会、終了期日が迫り、急いで行ってきました。 丁度いいことに、行こう行こうと話していた場所であったんです。

008_640x463それは大山崎山荘美術館、アサヒビールが持っています。場所は大阪と京都の県境あたりでしょうか?  JR京都線だと「山崎駅」で、阪急だと「大山崎駅」下車。 そこから歩いて10分、シャトルバスも出ています。

以前にも行ったことのある建物で、すっかりフアンになり行きたいなあ~と思っていたので、良かったです。志村さんのお仕事にも関心があり、また尊敬もする方なので又とない機会でした。

残念なのは館内は撮影禁止となっていて、写真が撮れなかったことです。

久しぶりにデジブックにしてみましたので、ご覧いただければ嬉しく思います。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »