« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月12日 (木)

ようこそ ようこそ・・・鳥取で

建国記念日の休みに、鉄道で鳥取まで日帰り旅行。

開通して20年という智頭線を利用し、岡山から特急で1時間50分。

たった2両しかない電車、1両は指定席で既に満席。自由席の1両に乗る人の長い列。 立つ人が出そうだな! って、心配したが全員、席があった。

011_640x480013_640x480車窓から、雪景色を楽しめるかと・・・期待していたが、県境をすぎる辺りか、トンネルを抜けると其処は・・・って感じで、雪が見えてきた。  が、期待したほどのものではなかった。

豪雪地帯の方には申し訳ないが、積雪の未だ一度も無いこの冬だから、雪景色を見たいとの思いがあって、鳥取行きを決めたのと、 もう一つの目的に、鳥取民藝館が、駅のすぐ近くにあることを知って、其処へ行ってみたいと思ったことだった。

032_640x480_2民藝館のまん前が、吉田璋也の医院だった建物。

現在は3年に1度ほど見学出来る日があるとか。

民藝館の隣りが、「たくみ」工芸。

またその隣が、「たくみ割烹」

民藝館は鳥取工藝の牽引役でもあった吉田氏のコレクションや氏の身近に有った物達を展示してある。

034_640x480023_640x480「たくみ」工芸館は、現在の「民藝」と呼ばれる物を販売する店で、鳥取の物に限らず、各地の物があった。

「たくみ割烹」は、たくみ工芸館で扱っている類の器を使って、料理を出している食事処。

これらが並んでいるこの通りを美術館通りと呼ぶらしい。素敵!

             ~~~~~~~~~~

割烹で出された箸袋に「ようこそ ようこそ」と書いてあった。これって、私が訪れるONOさんのブログでよく見かける言葉? ・・・雰囲気が似てる ・・・

箸袋を裏返してみて・・・ あ~~  やっぱり~ 繋がりが~~ っと、納得。

そこには、こう書かれていました。

「ようこそ ようこそ」について

 「ようこそ ようこそ」は、因幡の源左さんが、口ぐせに申されたことばです。

その「ようこそ ようこそ」を、採集して下さったのは 柳宗悦師で、師は

「妙好人因幡の源左」という本を残されました。 「妙好人」とは

「人中の白連華」と、たたえられる信仰の厚い方を、そう申すのです。

ONOさんは岡山の方で、考古美術品っていうのかしら・・・

正確なことは言えない(はっきり知らない)ですが、紀元前とか云うような出土品や、オリエントの絨毯(ガベと云う絨毯)だとか・・・ そう云うものを商っていらっしゃる方です。 時にお会いすることもあります。清々しくて笑顔の素敵な紳士です。 ブログはほぼ毎日更新があり、簡潔で元気や優しさをいただける雰囲気ですよ。 一度訪問してご覧ください。 最初のページは季節ごとに替わる写真と展示会などのお知らせがあり、グ~っとスクロールすると、最新のブログページとなります。 

・・・ やっぱり民藝との繋がりが太い方なのでしょうと思います。

2015年2月 9日 (月)

絵日記より・・・蒸し菓子

Img005_640x424_2先日の土曜は、サロンの日だった。

手作りのお菓子を用意するのだが・・・

  何を作ろうか? 

  あれも良いなぁ~

  これも、良い!

  いやいや、  こっちも今の季節にぴったり!

洋菓子、和菓子のあれやこれやが頭に浮かび、決められないまま。

そうして迷いながら、最後は一番簡単そうな物に落ち着くのが私coldsweats01

今回は、以前にも作った「抹茶の浮島」のアレンジでオレンジピールを入れ、より簡単な蒸し菓子に落ち着いた。

簡単なのだが、容器と蒸し器の関係上、何回も蒸すことになり、時間はかかった。  日の出の遅い季節は起きだすのが遅い私だが、この日は5時前から仕事。

写真がないので、夜スケッチ(今年の努力目標でもあるし)してみたが、器の色と同じようでパッとしないなあ~ ・・・ 好きな器も描いていきたいと思ってのことだけど。

「おいしい!」  「レシピ、教えて!」  ・・・ と、嬉しい声。  よかったhappy01

2015年2月 5日 (木)

百合根の和菓子・・思いつきで

003_640x480百合根が残っていました。

芽が出ないうちに! 

思いついて即実行!  

お饅頭にしてみました。

レシピはありませんが・・・・・

きれいに洗った百合根を鍋に入れ、少量の水を加えて、蒸し煮に

火が通れば、マッシュしながら少量の砂糖も加えました。

このまま丸めてお団子にしたものは、喉に詰まりそうで駄目down

和菓子の本をパラパラ、参考にしたところ・・・

練り切りには白玉粉で求肥を作り、これと白あんを混ぜてあることが解る。

買い置きの白玉粉に・・・ごく少量の水を加えながら適度な柔らかさにし、砂糖も加える。
耐熱容器で電子レンジに・・・少しずつ加熱しては混ぜる・・・を数回くりかえす。

透明感が出てくれば、しっかりこねると・・・求肥の出来あがり。

求肥と先のマッシュした百合根を合わせてこねる・・・少し粘っこい感あり。

002_640x480
片栗粉を手粉にし、ラップで茶きん絞りにするが、市販のこしあんがあったので、これを真に包みこんだ。

餡玉にしておけばベストかもしれないが・・・

こんないい加減なお菓子は手間がかからないところが良い。

スイカなどを丸くくり抜く物ですくった餡を

広げた百合根の中央に置き、ラップで絞っただけ。

最後に食紅ですこ~しお化粧してみた。

ボランティアの時に持って行き、仲間と食べた。

みんな、喜んでくれた。

   よかった!

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »