« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月27日 (火)

病棟の壁面飾り・節分

001_480x6402週間ぶりにのボランティア。

私が休んだ先週、壁面飾りを、お正月向きから、節分用にと変えてあった。

ここ数年使用しているもので、あり合わせの紙を使って、各自が思い思いに作ったもの。

患者さんが出ていらして、暫らくお喋りをご一緒したなかに、この壁面飾りのことを褒めて下さった。

003_480x640002_480x640
004_480x640005_480x640006_480x640_2

ボランティアの今日の作業は3月のイベント・お雛まつり・の案内状作りで1日が忙しく過ぎた。

女性にとっては幾つになっても「お雛様」は心が華やぐ嬉しい行事。作業していても何となく楽しさがある。

今日8割方仕上がり、来週には仕上げができるはずだ。

しかし、ボランティア仲間にも色々な都合があり、先ず学生さんのボランティアが、ここ3月で終了となる。4月からの事はまだ解らないが・・・その方達が受け持ってしていた作業が、私達に回ってくるようで、忙しくなりそう。

                *コメント欄は閉じています。

2015年1月26日 (月)

偶然・・・新年のお茶会で

我が家で月1回開いている○○サロン、1月はお茶会と名付けて、今年が2度目のお茶会だった。 名前だけ聞けば ワァ~shine と、想像を膨らませる方が居るかもしれないが、いつも通り唱歌や季節の歌を歌ったり、鑑賞をした後に、お抹茶と和菓子をいただく 。それだけのことだから、私としてはケーキなどのお菓子を手作りしなくてよく、楽だとも言える。

20人余りの参加者で、2週間ほど前にそのお茶会も終ったのだが、不思議な偶然があった。      

Img004_640x588我が家のお抹茶茶碗を総動員し、息子の所からも幾つか借りて、やっと数が揃った。
皆さん、お茶をいただいて済んだかなあ~ っと思う頃に、Mさん(初めて参加された方)がご自分に届けられたお茶碗(飲んだあとの)を持って、私に尋ねるのだ。

「この茶碗は誰の作のものでしょう?」と。

いや~~sweat01  困ったあ~

実は2年ほど前に、箱に入れたままだと場所をとるし、いちいち面倒で、使う頻度が落ちるから・・・  木箱のほとんどを処分した。

このお茶碗は知人の快気祝いとして頂いたものだったが・・・・ 作者は良く解らなかったし(多分)・・・

Mさんの言葉が続いた。

「父の作ったものだと思うのです。サインが父のもののようで、、、」

Mさんの旧姓も教えて貰ったが、元々私はその方面の知識が足りないし、思い当たらない。

それにしても、お父様の作らしいお茶碗がMさんのお隣とか、向かいの人にいったのじゃなく、Mさんのところへ当ったというのが、凄い偶然。

Mさんにとっては鳥肌もののように感じられたのだと思う。

そんな偶然から2週間・・・

昨日のオープンデーにも来て下さった。

これは、やはりあのお茶碗の力だと思うし、Mさんにも知りたい!との気持ちがまだまだあって、

「箱に吉井川なんとか~とか、、、書いてませんでしたか? 」と問う。

あ~~あ・・・ そう書かれた木箱・・・ あったような気がする!

こんなことがあるなどと、思いもつかなかったから・・・

箱を捨ててしまってごめんなさい。 

でも、きっとこの茶碗はMさんのお父様の作ですね。

忘れないようにとスケッチブックへ残しておくことにした。

牛蒡のスープ

  Cocolog_oekaki_2015_01_26_08_23                         
昨日オープンデーの為に用意したスープです。

Img002_558x640数年前、自己流で作ったスープでしたが、その後出番のなかったものでした。

しかしこの寒い中を来て下さる方に、何か温かいものでお迎えできればと思って、一度試作をしてみました。

和風のお出汁に牛乳たっぷりの、何とも妙な取り合わせですが、和・洋・どちらにも合わせられるかと思います。

今回のレシピを載せておきますので、よろしければ一度どうぞ。

圧力鍋を使えばとても簡単です。

牛蒡をミキサーにかけるところまで(最小限の水分で)したものを冷凍するのも良いかもしれませんね。

オープンデーに新しい方が二人ありました。嬉しい出会いです。

  *写真がないので、お絵描きしてみました。

2015年1月24日 (土)

民芸展へ行って

大阪高島屋で、この日から始まったばかりの民芸展へ行きたいと、前日のツアーの後、大阪で1泊したのです。 民藝、大好きな私です。

岡山のデパートでも年に1回は開催されますが、せっかくのチャンスを逃しては後悔が残りそうで・・・coldsweats01

染色の芹沢銈介の作品と収集品の展示もあり、解説も聞けてラッキーでした。

Img001_640x610民藝といえば柳宗悦・・・とまるでセットになっているかのように、その名前が思い出されますが、民芸の盛んな鳥取県においてはもう一人、民藝運動に係わった大事な人物がありました。その人が左のパンフにある、吉田璋也という人です。

昭和6年に耳鼻咽喉科を開業した医学博士で、多忙な中、約40年間、新作民藝運動を展開した。

日本民芸運動の創始者、柳宗悦に師事し、鳥取の陶工、木工、家具、竹工、鉄工、漆工、紙工、織物、染め物など手仕事と云われる無名の職人にアイディアを提供し、自ら行ったデザインは鳥取民藝として今も多くの人を引き付けている。<写真のパンフより>

 

040_640x480_2 036_640x480  039_640x480
  

岡山人にとって鳥取はお隣の県と云うこともあり、とても身近に感じます。

我が家に鳥取民藝の品物って何がある?

取り出してみました。 上、真ん中の特色ある小皿は牛の戸焼の代表とも言えますが、我が家で、もう何十年も使っているはず。毎日出番があるほど使いやすい器です。これも吉田璋也さんのデザインだとか。

007_640x427あれも鳥取だわ!  そうそう、あれも! 

思い出せるものを集めて・・・みました。

ホントに10年以上前に買ったものと同じものに今回の展示場で出会う事が出来、嬉しく感じると同時に、大切に使わなきゃ! って思わせて貰いました。

暖かくなったら、行ってみたいところができました。

   鳥取駅からすぐ、という鳥取民藝美術館・たくみ工芸

   大阪千里?  日本民藝館

その前に、大山崎山荘美術館で開催中の志村ふくみさんの展示会です

2015年1月22日 (木)

ジパング、日帰りツアー

神戸ですから何もツアーじゃなくても? って思いますが・・・自分で予約や下調べを一切しないでも連れて行って貰えるのですから、私と夫のようにズボラ人間にはもってこいです。

①武庫川女子大学、甲子園会館(旧甲子園ホテル)

   *一度行ってみたいとずっと思っていた場所でした!

②神戸北野ホテルでランチ

③相楽園   *全く知らない場所でしたが広い庭園です

          ~~~~~~~~~~

旧甲子園ホテルは旧帝国ホテルを設計したフランク・ロイド・ライトの愛弟子、遠藤新(あらた)の設計です。 西の帝国ホテルとも呼ばれるだけあって、雰囲気がとても良く似ていると感じます(明治村に移築されたものしか知らないけれど)

ヨドコウの迎賓館や東京、目白にある明日館(みょうにちかん)など、、、雰囲気が似ています。

沢山、写真を撮りましたが、個人的に見るだけなら・・と云われたので、ここに載せることは出来ませんsweat01

個人的に見学希望される場合は、甲子園会館で検索の上、予約が必要です。

世界一の朝食。というキャッチフレーズがひと頃有名でしたが、今もそう云うのでしょうか? どうか分かりませんが、今回はその北野ホテルでのランチ。

030_640x480     031_640x480    032_640x480

前菜           パンプキンスープ     魚(鯛)料理

033_640x480    034_640x480 

肉(牛フィレ)料理     デザート     コーヒー     

優しい味と適当な量で満足出来るものでした。 

相楽園については省きます。  

日帰りツアーでしたが、翌日に見たいものがあり、大阪で1泊しました。

シーズンオフだからか? ホテルも安くて良かったですhappy01    

2015年1月17日 (土)

阪神大震災から20年

Img001_640x604
今日(2015年1月17日)は、あの阪神大震災から20年にあたる。

先日来より、色々報じられていたが、今日は特に20年前のあの日のことが改めて鮮やかに思い出される。

ここ岡山では震度3くらいのものだったのだが・・・・

それまで経験していた地震と云えば、あっ! と思っても次の瞬間には収まるという程度のものばかりだった。 だから、あの朝も

地震だ!  と目覚めたけれど、すぐ収まるだろうと布団の中でじっとしていたが、いつもとはチョッと違って揺れが長い・・・

夫に声をかけた・・・2階から娘がドタドタと駆け下りてきた。  

そうしている内に収まったが・・・

その後、テレビ画面に映し出されはじめた被害の大きさに、体が震えるような驚きを感じた。  ああ。 火の手が上がった。延焼してゆく。

燃え広がるに任せるしかない状況がもどかしかった。

あれから早、20年経ったのだなあ~

その後も東北の震災、毎年の自然災害に加え、このところは火山活動も活発になっている。  

今日は鎮魂の気持ちをこめて音楽を聴きながらブログを書いている。

20年前(1995年1月23日)サントリーホールで震災の犠牲者を追悼するコンサートが開かれた。

ロストロポーヴィッチ(親日家)を迎え、小澤の指揮、N響だったらしい。

J・Sバッハ「G線上のアリア」「無伴奏チェロ組曲5番」 と検索で解った。

私が今聴いているのは、上に載せた写真のCDで私の大好きなもの。

ロストロポーヴィッチさんのチェロ。指揮は懐かしいカラヤン。演奏はベルリンフィルというもの。 1968年という古い録音

ロストロポーヴィッチさんは大の日本贔屓で、来日するたびに筑地へ行き、マグロの解体を見学したり食したり・・・ここに真の芸術があると云ったか? どうか。それらしいことを云われたそうだ。

そして、震災のあの大変な状況下でも、暴動も起こらず粛々としている日本人に驚いた。と云うような言葉をおっしゃっていたと記憶している。

日本中どこに居ても、火山の噴火や地震、津波の被害に合う恐れがあると言えそうで、改めて身のまわりの事をはじめ、考えておく必要を感じる。

2015年1月14日 (水)

今日はワインを・・・

Img004_513x640
今日のスケッチはバランスがわる~い!

暮れに頂いたワインだが・・・いつ開けようか?

 ・・・元々、お酒はほとんど口にしなかったのだが、雰囲気的にはワインが好きだと思う私。

でも、頭痛の引き金になりやすいと知って・・・飲まなくなっている。

頭痛は、私の周りの方達は、歳を重ねていつのまにか、ほとんど起こらなくなったとおっしゃる。

でも私は歳を重ねて、ますます起こる回数が増えたと感じる。

  だ・か・ら・ お酒は飲まなくなってしまった。

せっかく頂いたワインだけど・・・

せめて、スケッチブックに残しておきましょう。

それにしてもバランスが悪いなあ~coldsweats02

2015年1月12日 (月)

カスタードプディングを手軽に

002_640x480久しぶりのカスタードプディング。

隣りに住む5歳の孫がインフルエンザに罹った。

そこで思い出したのがこれ。

我が家の3人の子供達が体調を崩したときに決まって登場したもの。 食欲が無い時に、熱のある時に、冷たくしたプディングは口当たりが良い。牛乳と卵と云うところも栄養的に良いように思えて、若い母はいそいそと作ったものだ(自分の事) 

今朝、食後に大急ぎで作って届けたところ。

一人ずつカップに入れるのは面倒だが、こんな風に大きい容器で作って取り分けるのはとっても簡単。 お客様の時にも喜んでもらえそう。

Img007_588x800_2     Img008_483x640 

キャラメルソースはお好みで加減して下さいね。

レシピの上でクリックして大きくしてご覧ください。

今朝のスケッチもついでにUPします。 スキャンで取り込みましたが、色が思うように出ませんsweat01  

白にほんのりとピンクがあるシクラメンです。

 


« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »