« 最近のボランティア活動より | トップページ | クリスマス会が終わりました »

2014年12月13日 (土)

寒波で青森を思う

変なタイトルでしょ?

強い寒波で各地に積雪の注意報が出ていますねぇ~

今年は四国にも思わぬ積雪がありましたし。。。   

10月に青森は八甲田山や弘前の岩木山へ兄夫婦と行ったことを記事にしましたが、それの後日談です。

その時の写真を兄夫婦へ送らなきゃ!  少々遅くなったけれどプリントし、添える手紙を書きながら・・・

そうだ! ちょっと恥かしいけれど、兄なんだから一緒に送ろうかな?

  ・・・そう思ったものがあったのです。それは母が亡くなった後に自分の気持ちに区切りをつけたかった? ・・・ か、どうか・・・ そういう意識はなかったけれど、母の看病にまつわるもろもろの事などを思い出すまま文章に書きはじめました。

あれはまだパソコンじゃなくてワープロだった頃のことです。

数枚書いて、その後が続かないまま・・・途中止め・・・4部くらいコピーし、

そのまま何処へしまったかも忘れていたんです。  それが出してきたお菓子の本に挟んでありました。  

母の看病は兄夫婦が主になってしてくれましたが、兄たちも知らない事もありそうだったので、「読んだら処分して!」っと書き添えて送りました。

数日して、兄から分厚い封書が届き・・・

「処分して。って書いたのに、送り返してきたのかしら?」

封を切って、中を見た私・・・・兄妹って、することが似てるなあ~ って

クスって笑えました。  出てきたのは、兄が綴った八甲田の旅行記 だったのです。

岩木山のロープウェイで分かれ、別行動をした時に兄夫婦が乗ったバス。

その中で、地元の人達が話す青森弁がまったく理解できないで、初めは唯うるさいとしか思えなかったのに・・・その内、訛りに慣れ所どころ話しの内容がが聞きとれるようになった。 すると、話しの内容に興味を魅かれるようになったのだそうです。

話題は、地元の雪かきについてで、町の除雪車の出動回数が少なすぎるとか、行政はどの地域にも公平に除雪車を出動させているというが、一週間に足首までしか積雪の無い処と自分の処のように脛まで積もる処とを一緒にしてもらっては困ると不平。選挙の前には事情に応じて公平になるようにすると約束したのに、当選したら知らん顔をしているなどと話していた。四国では考えられない話題そのものに新鮮さを感じ、おもわず聞き入ってしまった。

日記風に書かれた短い文でしたが、おしゃべりは得意でない兄も、自分を表現する手段として文を書くのだなあ~  ・・・ その点、私もとてもよく似ていると感じます。 おしゃべりは苦手だけれど、日々の暮らしの中で感じた事を何かの形で表したい!・・・私の手段はブログですが・・・

誰でも、手段は違っても自分を表現しようとするものなのだと改めて感じたのでした。

 ・・・それで・・・青森は雪の深い処だと私も聞きました。 今頃、行政は公平に除雪をしているだろうか?   ・・・ っと、他所の地域はさておいて、  青森が気になっているのです。

« 最近のボランティア活動より | トップページ | クリスマス会が終わりました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
記事を読んで改めてお兄さんご夫婦とご旅行できる幸せをうらやましく思いました。
青森の酸ヶ湯温泉はもう1メートル60センチを超える積雪だそうです。
同じ東北でもだいぶ違うと感心しています。たぶん青森でも場所によって違うのでしょうが、

ここ宮城も山間部と海沿いでは積雪に違いがあります。
私の住んでいる団地はうっすらと地面がかくれる程度です。
寒くて毎日震え上がっています。

snowさっこ様
体の芯から冷える寒さに、何枚も重ね着して、すっかりおばあさん気分ですcoldsweats02
青森の酢ケ湯温泉までは年中通行可能なんだと、教えて貰いました。
豪雪地の方々には、雪かき?雪下ろし? の苦労が早くやって来てしまいましたねぇ~
兄たちとの旅行は、いつも義姉が声をかけてくれて・・・感謝しています。

今朝はrainですが、ボランティア休めない仕事が待っているので出掛けます。

なんだかふんわり心があったまる記事ですね。兄は二人とももうなくなりました。わが家短命家系なんでしょう。八幡平へ行ってみたいなあ!!!蔵王も・・・蔵王は新婚旅行で行きました。当時、飛行機で東北へ。それもスキーになんて、結構、今なら外国へ行くくらいのものでしたがひどく風邪をひいて・・・・ほとんど滑らなかったなあ。相棒一人滑ってました。懐かしい!!!四国からも京都からも東北は遠いですねえ。

snowももり様
大寒波typhoonで寒さと強風が尋常じゃないですね!
青森へは、伊丹空港から飛びましたが、伊丹までも結構ありますねbullettrain
この寒波で雪での被害が少ない事を祈るばかりです。

心温まる兄と妹のお話ですね
八甲田の旅日記をtomoko様におくってくれるなんて
優しいお兄様ですねheart04

北国の方々はどんな思いで過ごしているのかしら
選挙に使う費用を被災地に回して欲しいわね

snowおばさまへ
私達、3人兄弟ですがそれぞれに中学から家を出ましたから、
多少、よそよそしい感じがあるのです。 一緒に旅行できるのは
兄嫁のお陰だと感謝しています。 兄も、決して美文じゃありませんけれど
書いた以上は、ちょっと読んでほしい気持ちがあったのでしょうねcoldsweats01
写真と一緒にしておくことで旅行の様子が良く解り、助かりました。
この大雪、どこも大変ですねぇ~  被害の少ない事を祈るばかりです。

今朝、東京の夫から℡あり。息子は秋田で雪に閉じ込められて東京hrかえれないんですって。東海道を歩きに行っている夫は今日は新橋から日本橋まで歩きますって。雪で、京都まで帰れるかなあ!!!

snowももり様
あららら・・・それは困ったことに・・・明日には少し改善されそうですけれどねえ~
開き直って、待つしかないでしょうかねえ~~
ご無事のお帰りをお祈りします。
温暖で雪には縁の無い土地に暮らしていると、雪の恐さも、大変さも想像だけの私です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近のボランティア活動より | トップページ | クリスマス会が終わりました »