« 感動の旅行から帰りました | トップページ | 続 台南・音楽と美食の旅  »

2014年11月27日 (木)

台南・音楽と美食の旅  

台湾出身のM氏のお誘いに二つ返事でOKした私達。

出発を数日後に控え、参加者名簿が届いた。

それを見た私、正直なところ  止めたい! とwobbly

錚錚たるお名前が連なっている・・・今更辞められるはずもなく、自分は自分! 背伸びする必要もないと、開き直るしかなかった。

この旅行、旅行社が募集するツアーではなく、M氏があらかたの企画をしたうえで地元の旅行社にお願いしたものだが、最終的には38名もの人数となった。

主なる目的は 台南の奇美(チーメイ)博物館の新館見学。

17年前にも連れて行って頂いたが、来年1月にオープンする新館を、先駆けて見せて頂ける上に、其処のホールでM氏のチェロとピアニスト弘中氏による演奏がある。 その上、その日の昼食、夕食を奇美グループが招待して下さるという。

一体どうして、このように特別なもてなしを享受できるのか?

それは、ひとえにM氏と奇美グループ会長との繋がりである。

Img002_1024x464←をクリックしてご覧ください。会長・許 文龍氏と彼の会社の事が少し解って頂けるでしょう。

次にM氏については私が説明するよりこちらをご覧いただければと思います。

少し加えるならば、M氏は台南の大地主(7~8割の土地を所有していた)劉家の出身ということでしょうか。

奇美博物館を訪れるにあたっては、場所的に近い「柳営」にある劉家の旧家跡を見たり、ダム建設をした八田與一(はったよいち)のお墓参りもコースに入っていました。

034_640x480030_1024x768劉家の旧家跡と、説明文。

現在は廃屋状態ですが、近じか修復が始まる予定とか。

041_640x480051_640x480044_640x480旧家の隣りには修復が済み、

一族が祀られるお寺がある。

劉家一族の家系図にはM氏ご兄弟の名前もあった。

八田與一について、どの程度の日本人がその業績と名前を理解しているか・・

?マークだが、彼が先頭に立って建設したアジア一のダム(当時)によって、 台Img001_1024x447南の地に豊かな恵みがもたらされ、一番の恩恵を被ったのは、大地主であった劉家だったようである。 八田與一の命日には大統領も出席して追悼式が行われているそうだ。

062_480x640063_480x640066_640x480055_640x480

八田與一の銅像には花が絶えることが無いそうで、私達はご夫婦が眠る墓地にもお参りさせて貰った。

烏山頭(うざんとう)ダム と、復元された八田の住居

彼は台湾人と日本人とを分けへだて無く大事にしたそうで、今も台湾の人々に慕われていることが感じられた。

067_640x480068_640x480昼食は台南の白河という地方で、蓮の産地。蓮や蓮の実を使った郷土料理が次々に並び、たいへん美味しかった。

台湾の魅力、それはお料理の美味しい事があげられると思う。台南は今でもサトウキビの畑があちこちで見られる、砂糖の産地。それで台湾の料理はすこし甘みがある。

                            つづく


« 感動の旅行から帰りました | トップページ | 続 台南・音楽と美食の旅  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

台湾への旅行は観光地を回る旅とは違いおもむきのある旅行のようで、、興味深く見させてもらっています。

台湾の人々は親日家とのこと、歓迎されたことでしょうね。次回も楽しみにしています。

台湾・・・行ったことはありません。お料理がとてもおいしいと聞いています。一度行ってみたいとは思いますが・・・・最近お料理がタップリって言うのがシンドイです。出されたらついつい食べすぎます。でも、ゆっくり故宮博物館に行きたいです。書道の名品がたくさんあるのです。尤も、蒋介石は、本当に価値のある宝物はほとんど持って台湾に逃げたと聞いています。日本の統治時代の方が中国の干渉下よりはるかに良かった、とはよく聞いています。台湾で、統治にあたった速水氏???お名前は知りませんが、その速水氏の孫のお嫁さんという人と知り合いです。行こうかなあ

airplaneさっこ様
海外とはいえ、2時間余りなので気軽にいけるところも魅力の一つでしょうか。
親日家が多くて皆様親切です。
食べ物の美味しさは最大の魅力かもしれませんcoldsweats01

airplaneももり様
お料理はホントに美味しいです!  次々出てきてどうしようかと思うほどだったのに
体重は全然増えていませんでしたscissors
薬膳のような、体に良いものって感覚でした・・勿論、美味!
一度、是非是非!!!  お出掛けくださ~い  漢字の国ですしね!

お帰りなさいairplane
楽しくも意義深い旅の様子 私もワクワク
しながら拝見しました
日本の統治国時代があった台湾ですね
日本語を流暢に話すお年寄りを観たとき
何故か胸が熱くなったこと思い出しました

M氏とは以前ブログで拝見したあの方ですね
tomoko様
素晴らしい出会いにも感謝の旅でしたね
続きを楽しみにheart04

airplaneおばさまへ
M氏は、そう! あの方です。  M氏のお陰ですっかり台湾が好きになりました。
日本語の通じる方が多いのも嬉しいですね。 
同行した人達のなかにも数年ぶりにお会いできた人が数人おられましたし、
人の出会いって嬉しいものだなあ~ と感じています。
感謝の旅でした。

お久しぶりです。
前回の同窓会のブログも興味深く拝見しました。
多分、私の大学時代の友人がそこで教授をしていました。

台湾旅行記、実に実に奇蹟の塊みたいな旅行記を
こんなことがあるのかしらと感動して読みました。
素晴らしいコンサートが岡山で行われたのですね。
誠意と誠意のつながりが広がったのですね。

八田氏のこと、私も聞いています。
今度、「KANOー海の向こうの甲子園」というタイトルで
映画が上映されます。来年早々に。八田氏の役は確か
大沢たかおさんですよ。
http://eiga.com/movie/80143/

とにかく台湾は私も4度行きましたが、とっても心を許せる国で
大好きな国です。

記事は後でゆっくり読みます。

airplaneちゃぐまま様
お忙しいのでしょうねえ~ お孫ちゃんお元気になられましたか?
台湾、私も4度目でしたが益々好きって感じが深まりましたscissors
台南の奇美博物館、多くの方に見て貰いたいと願います・・・が、予約制とのことで
入館料は500円とか耳にしました。1月1日にオープンだそうです。
八田氏の映画のことは知らなかったわ!  教えて頂いてありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 感動の旅行から帰りました | トップページ | 続 台南・音楽と美食の旅  »