« ユウスゲ | トップページ | 8月のオープンデー »

2014年8月 6日 (水)

過去記事訂正・・・長寿癌

023_480x640   大変です!  

過去記事に間違いがありました!

昨日ボランティアに行って、仲間とおしゃべりしている時に間違いに気付きましたので、訂正しておきます。

過去記事「初めて耳にした言葉」で、

長寿癌と書きましたが、私の聞き間違いで、天寿癌でした。訂正いたします。

この言葉で検索すれば詳しい事が判ります。

                  rain      rain

今日は8月6日、広島に原爆が投下された日。

朝からテレビでその式典の様子を見ました。雨の中関係者の方々は大変だったことでしょう。 小学校6年生の男女二人が代表で言葉を述べました。全文暗記して自分の言葉として語りかけていたのが印象的でした。

8月15日までは戦争に関るニュースが多いことでしょう。

心して過ごさなきゃ! って思います。

« ユウスゲ | トップページ | 8月のオープンデー »

ボランティア」カテゴリの記事

コメント

tomoko様もNHKのニュースをご覧になったのね
8:15黙祷し平和を祈りました
戦後69年 被ばくした方々の年齢も高くなり
語りべも少なくなっていくのでしょうか

ご実家は雨大丈夫でしたか

rain平和式典も雨の中でしたね。 勿論、黙とうして平和をいのりましたよ。

実家のことを気遣っていただき有難うございます。 電話も入れていないのですが・・・
地理的に見て大丈夫だろうと・・・崩れて来る山もないし・・・
今週も次の台風がやってきそうですねぇ~~~

長寿癌では検索しても何も出ないはずでした! 私の早とちりで申し訳ありませんm(_ _)m
天寿癌で検索すると色々ありました。

ひまわりが夏らしいですね。
ひまわりを見て夏を感じている私たちは猛暑でうんざりしていても幸せかなと思っています。
豪雨の地でがけ崩れや洪水の不安におびえている方々にはひまわりが目に入らないでしょうね。被害がすくないことを祈るのみです。
雨の中の原爆記念日を見ていて69年続いた平和がこの先も続くことをただ祈るのみでした。
平和に慣れた息子たちが戦争に駆り出されても戦うことができないでしょう。(飛躍しすぎかもしれませんが)   戦地に出したくないです。

安らかに眠ってください、過ちは繰り返しませんからという言葉の重みをかみしめています。

こんにちは~
広島の原爆記念日は例年暑い日差しの中って記憶がありますが、今年は一転どしゃ降りのようでしたね
ご冥福をお祈りいたします・・・・・合唱
ところで、この年まで天寿癌なるものを知りませんでした
また一つ勉強しました・・・・・ありがとう
過日の大雨は被害にならなかったですか
また台風が接近しています
どうぞ、気を付けてください

typhoonさっこ様
暑くてもヒマワリを見られる時は幸せな時ですね!  このところ梅雨に逆戻りsたように毎日rainです。
大型台風も近付いて、色々行事も取りやめになったりしています。
大きな被害が出ないことを祈るばかりです。

69年続いた平和、、、当たり前と感じていた時もありましたが、ここに来て一挙に当たり前じゃなくていつの間にか
巻き込まれてしまうこともあるんじゃないかと、不安が過ぎるような思いがあります。
子供や孫の時代も平和であってほしいものですね!

typhoonOB神戸家様
訪問いただき有難うございます。
前回の大雨は大丈夫でした。 ご心配感謝です。
次の大型台風、すでに雨が降っています。 明日、明後日が気になるところです。

天寿癌、私も知らない言葉でした。  癌があっても天寿を全うしたといえるような死。
これっていいなあ~ って思いますが、選ぶことはできませんねsweat01

天寿癌ですか!間違いは誰にでもあります。私も「天寿癌」という言葉を頭に入れ替えておきます。

今、8月10日(日)お昼のニュースを見ておりますが、台風による連日の長雨や集中豪雨のため四国、紀伊半島らで水害が起こっているみたいです。本当にお気の毒です。命だけでも守られることを祈るしかありません。

昨日は長崎の原爆の日でした。広島よりも強い口調で「集団的自衛権」を批判している長崎の平和宣言、そして被爆者代表の「平和への誓い」も「集団的自衛権は憲法を踏みにじる暴挙です」と直接的に訴えていました。首相の挨拶は昨年の文章とほぼ半分が同じだったとか(広島でと変わらずpout) 首相自身が戦争体験がないため、被爆者たちの真の気持ちをわかっていない。心の無い挨拶となるわけです。ひどすぎる!!!

国民ももっと今の政府のやり方に多く声をあげるべきだと思います。

typhoonタム様
こんばんは!  台風は通り過ぎてしまうとあっけなかった! 気の抜ける感じであ~あッ良かった!
天寿癌、癌があっても天寿を全うしたと感じる、自然死のような最期をむかえられる癌。
そんな最期を迎えられられるのは幸せというべきでしょうね。

首相の挨拶、今回は聞く気持ちもありませんでした。
言葉の綾っていうのでしょうか?  上手く言いくるめられているのじゃないかと(政治には関心の薄い私)疑いの気持ちが湧いてくるこの頃なんです。 そうじゃないことを願っていますけれど。

長寿癌・・・そう・・・私も、もし、時代が今でなかったら、医学が今ほどでなかったら、間もなく死んでいたと思います。3倍ほどにもなっていた腸のポリープが腸をふさいだ時、癌より前に腸閉塞で死んだでしょうね。つまり、私の天寿は73才。これ以後は余生ですね。何年余生があるのか・・・何故生きたがるのか・・・考えますねえ。

spade山口ももり様
今や日本人女性の寿命は世界一の長さ、私が子供の頃、60歳の女性は相当のおばあさんに見えていました。
自分が6お歳を超え、70に手が届こうとする今、70歳でさえも、まだまだ・・・っと思えますよね。
天寿というにはまだず~っと早すぎる!  人生もっと楽しみたいと私も思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ユウスゲ | トップページ | 8月のオープンデー »