« 故郷をおもう・・・あれやこれや | トップページ | 音楽は慰みです »

2014年7月22日 (火)

初めて耳にした言葉

001_600x800梅雨明け宣言から3日かな?

暑くなりました~

湿度が高くて、嫌ですねぇ~

←は数日前に咲いた我が家の蓮です。 茶碗蓮って云うのでしょうか? はっきりは解りませんが、小振りで品の良い蓮です。

  ~~~~~~~~~~

今日は週1のボランティアの日。

1日の仕事を終え、そろそろ帰り支度を始める頃、看護師長さんがやってきました。

先ごろお父上が93歳とかで他界され、その事を少し話しというか、おしゃべりというか、そんな感じで話したんです。

  ~~~~~~~~~~~

「検査とか、色々されたんですか?」
「い~や、なんもせんかった。 歳が歳じゃからなあ、調べりゃあ何か出てくるよなあ~」

「それでも、年取ってても、手術とかする人もいるん?」

「中にはしてほしい! って希望される人には手術もすることあるんよ」

「年とっての癌は長寿癌(下記のように訂正)ともいうて、何もせんことが多いんよ」

「父は何もせず、1週間の入院で亡くなったわぁ~」

長寿癌(下記のように訂正)!?  初めて聞く言葉だけど・・・いい言葉ですねえ~

  ***訂正 長寿癌ではなく、天寿癌の間違いでした。

        ~~~~~~~~~~~~~~~

命に関る病気が見つかった時に私は??

延命治療は不要! という意思表示は文章にしたため、一応、隣りに住む息子夫婦には伝えてある。

・・・が、ごく近い将来にそういう事態になったら・・・

ちょっ・ちょっと待って! と言いたくなりそう

長寿癌(上記のように訂正)と呼べる時まで待ってもらいたいなあ~

« 故郷をおもう・・・あれやこれや | トップページ | 音楽は慰みです »

ボランティア」カテゴリの記事

コメント

お庭に蓮があるなんてさすがとですね。
とてもきれい、毎日見られるなんてうらやましいです。
岡山を含む中国地方が梅雨明けと聞いてから間もなく関東も梅雨明けとか、
残るは東北だけですが、今日はとても蒸し暑いです。
特に夜になって窓を全部閉めたら、蒸しぶろ状態、です、クーラーをつけました。


長寿癌、初めて聞く言葉ですが考えさせられる言葉ですね。

前のブログにコメントしたつもりでしたがたぶん送信ボタンを押さなかったのでしょう
ときどきあるのでsweat02 故郷、懐かしい言葉です。
でも、実家まで1時間、言葉も習慣も同じようなところで生活しているせいか、
とも子さんが感じているような懐かしさではないような思いがします。

この頃年齢を考えず頑張りすぎてるせいか、畑も含めて、日中の疲れが夕食後どっと来たり
昼寝が長すぎて、深夜に頑張っていたり、気候も不順で、体力、気力の衰えを感じています。
そのせいかブログもネタ切れもあり更新できません。
猛暑の中、どうか体調に留意され手お過ごしください。

sunさっこさん、おはようございます!
早朝から蝉の声が、それはそれはうるさいことです。
前回のにコメ書いて下さったそうで、残念でしたねcoldsweats01
私も時々、やるんですが、送信出来てないとわかって、2度目のコメは随分違ってしまいます。

さっこさん、地域のお役が大変なのでしょうか? 慣れないこともあるでしょうし、さっこさんの真面目な
性格が大変にさせているのかな?  
私は何もしていない日でも、眠い~ねむい~ って感じがsweat01 これは気が抜けている証拠でしょうね。
健康が一番ですから、お互い身体を気遣いながら夏を乗り切りたいわねscissors

昨日ブログにお邪魔したのに長寿癌という言葉
ネットで調べているうちに時間が過ぎてしまいました
結局はわからず、もしかしたら解釈の仕方が違ったのかな
色々考えてみて、一度は行く道
せめて与えられた時間は、精いっぱい生きよう
そんな風に思いました
延命措置の問題は難しい
手術することだって、その一つでしょう
先ずは健康で夫婦・家族が穏やかな時間を持つことが
出来ればそれが嬉しいわhappy01

sunおばさまへ
延命にも色々あるし、その時の状況も絡んでくるし・・・とても難しい問題ですね。
母が癌になった時に、手術をすれば短期間は良くなるだろうが、これも延命治療だから云々と兄(外科医)に教えられ、そういう範囲までひっくるめて延命治療と云うことを初めて知った私。
どのような最期を向かえるか、それこそ神様にしか解らないことですものね。
今を精一杯に生きるしかないですね。

長寿癌、 長寿と言えるくらいになって見つかった癌、って解釈したのですが?

わたし、73才。癌がしっかりあって・・・4つも・・・ね。切り取ってもらいました。手術の後は優等生で着々と元気になったのですが抗がん剤はしんどいものです。息子が言うには「お母さんはもう73才。細胞もそう盛んに増えるわけやないんやから、しんどかったら無理せんと、お医者さんに言うたらええねん」そういえば、お医者さんも「つらくて我慢できないようならいつでもやめます。」っておっしゃっています。でもねえ・・・いざそういわれると「やっぱりやって下さい」って答えてます。どうやら、相当生きたいらしい。もう、責任は終わった人生なのにねえ。

sun山口ももり様
ももり様のように悪い物を切除できて、元気が戻り、したい事が沢山ある方は抗癌剤治療結構だと思いますよ。
良くなる見込みが無いのに・・・って時には辛いばかりと・・・今の私には思えます。
・・・が、しかしこういうことは当事者になり、現実に向き合うと、自分の決心がぐらっと揺らいでしまう可能性大かもしれませんsweat01  やはり生きているってことは素晴らしいことなのでしょう!
73歳。まだまだ先が長いと思いますよ!

わ~、蓮の花が見事で素敵です。以前、蓮を見たくなったから探してみようとコメントし多のですが、結局出かけることはなかったので、こうしてここで見られてよかったです。ご自宅の花と言うことですが、大きな水盤か何かで?それとも池があるのでしょうか?
長寿癌、って私も初めて耳にしました。病院では敢えて手術は避けたいみたいですね。高齢者には!手術に耐えられる力も必要ですし、回復にも時間が相当かかるでしょうから・・・。

私も延命治療は遠慮します。その時が来たら、結構腹をくくるタイプですから。主人にもがん告知はちゃんとしてねと言ってあります。と言っても、私の方が長生きしたりして・・・(笑)

sunタム様
またお越しいただき有難うございます。我が家の蓮は多分”茶碗蓮”って云うのでしょうね、小振りです。
たまたま父の古い家にあった大きな甕に植えているんですよ。 植えっぱなしで、本当は植え替えも必要らしいですが、そんな世話もしないままですsweat01

今や3人に2人が癌に罹ると云われる時代。 癌になると思っていても・・・ですよね。
覚悟だけは必要かと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 故郷をおもう・・・あれやこれや | トップページ | 音楽は慰みです »