« 眠り猫のように | トップページ |  宮崎郁子の世界・奈義町現代美術館 »

2014年6月10日 (火)

コンサートが目白押し?

Img002_605x800
何か好いこと(楽しいこと)ないかなあ~~

 

 神戸の方へ行きたいなあ~~

思いついて、西宮北口にあるホールのコンサートを検索。

生憎、其処では、これと言って目ぼしいコンサートは見付けられなかったが、

神戸と云うことで、検索を続けていたら他のホールでN響の演奏会があった。

「チェロ協奏曲」 曲も好きだし、チェロが 堤 剛氏なのが益々魅力的!

発売日開始に少し間があった。  

その発売日、私のした電話は既に繋がらない状態wobbly

それじゃあネットで! っと、なれないネットでの購入にトライするも、

クッキーがオフになってるとの表示にお手上げ。 何度も電話をしていると

昼過ぎにヒョイと繋がった。 やった~ チケットゲットできた!

そんな日の直ぐ後のことだが、岡山シンフォニーホールから郵便が届いた。

Img001_563x800
岡山フィルを育てる会の賛助会員となって、寄付をしたからだろう、このコンサートのチケット2枚が招待券として同封してあった。

何と云うことだ! N響の曲目と同じドヴォルザークの「チェロ協奏曲」。

こちらのチェロは日本を代表するチェリストとは言え若手の宮田 大氏。

このコンサートは1昨日既に終了したのだが、CDで聴くのとは凄く違う印象を受けた。 チェロの音が冴えていた。

後半の曲は同じくドヴォルザークの「交響曲第8番」以前はこの曲には「イギリス」という題が付いていたのだが、今はそれは付かないのだと云うことを初めて知った。 これも私の大好きな曲の一つ。幸せな時間だった。

そして、もう一つコンサートチケットが手元に届いた。

これは大坂フェスティバルホールで今月の終りにあるコンサート。

Img003_629x800
フェスティバルホールに行ってみたい気持ちと重なって、コバケンこと指揮者の小林研一郎さんに魅かれれる。コバケンさんが長年常任指揮者をしていたハンガリー国立フィルの演奏だから、きっと愉しませてもらえる。と今から期待が膨らむ。

こちらの方はチャイコフスキーのもの2曲。

神戸も、大阪も日帰りで行く予定。

« 眠り猫のように | トップページ |  宮崎郁子の世界・奈義町現代美術館 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんなに贅沢な「ご馳走」に羨ましい限りです!
CDでもよさそうなのに、なぜ人間は「生」に惹かれるのか・・・。
理屈ではありません。やっぱりコンサートは行くべし!

二人行くとなるとやっぱりお金がかかるし、ホントに贅沢な
コンサートですよね。私も行きたいな~!!!!!

notesちゃぐまま様
我ながら、こんなに次々コンサートの予定をいれて・・・と、
多少なりともチョイと贅沢過ぎはしませんか? と自問自答してみるんですが、
そこは何とかかんとか、理由をこじつけ・・・まあ良いでしょう!(笑
生の演奏会って、ほとんど行かない年もあるから、こういう年もありかな?
CDとは比べ物にならないですよね~ 雰囲気、演奏者の方達の姿、
そう云うもの全部がコンサートの雰囲気としてプラスされる訳だしねえ~
機会があれば積極的に行きたいなあ~と思います。
でも、すごく贅沢なことも承知のうえでcoldsweats01

楽しみが増えましたねnotes
少し贅沢なコンサート<<<<
いつも頑張っておられるtomoko様へのご褒美
贅沢と言ってもそれが全てtomoko様の血や肉に
なるんですもの
ご主人様と楽しんでくださいhappy01

notesおばさまへ
この年になると、時にはこういう贅沢も許されるかしら…
平凡な日々の暮らしの先に、お楽しみが待っている、それを励みにしているような?

偶然にも聴きたいコンサートが、私たちの動ける距離内である。
それだけの事かも知れませんが、ドヴォルザークのチェロ協奏曲は
私、だ~い好きな曲なんですよ! ちょっと贅沢をさせてもらいますcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 眠り猫のように | トップページ |  宮崎郁子の世界・奈義町現代美術館 »