« クサギナ料理の検索 | トップページ | 九州の旅2日目 »

2014年6月20日 (金)

ジャカランダの咲く小浜

 

024_1024x768_3
 九州、長崎の小浜温泉です。

ジャカランダという紫色の花を観て、隠れ家のような温泉宿に泊る。

夫の「行こう!」の一声でツアーに参加しました。A旅行社のツアーは少人数なのと、美味しい物が食べられるのが魅力です。

国内旅行で私たち年代の者に的を絞ったツアーはどうしても温泉が売り物のようになってしまいます。 私は実は温泉が苦手sweat01

温泉に入ってリラックスすることが良い! これは理解できますけれど、私はどうしてもリラックスどころか逆に緊張してしまうからかもしれません。

この日のお宿には内湯はなかったのですが、家族風呂があったので、その点助かりました。

デジブックにまとめましたので、ご覧いただければ嬉しいです。

>

« クサギナ料理の検索 | トップページ | 九州の旅2日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ジャカラダ、素敵な花ですね。
創めて聞く花です。もちろん見るのも初めてです、
温暖な土地で咲く花なんでしょうね。

デジブック、とも子さんの写真も入りません。パソコンのご機嫌が悪くて残念です。

パソコンがいつ動かなくなるかとひやひやcoldsweats01です。

sprinkleさっこ様
おはようございます。 早速に見て頂き、こめんとも、、、
いつもホントに有り難く感謝です。
DBが見られないとちょっと残念でしたが、ジャカランダの写真は見て頂けたのね?
紫の花が木全体を覆うように咲いてるって、他に見たことがない。藤や桐の花はみますけれど、
それとは感じが違って、とても不思議な思いでしたよ。

旅館「國崎」さんは9室しかない小さなお宿。 家族的な感じの温もりでいて、出しゃばらないところが
ゆっくり寛げた原因かしら、と思いました。 地元の食材でのお料理もとてもご馳走でした。

日本の上質の旅、おもてなしの旅、いいですね~。
ジャカランタの名はよく聞きますが、こんな花とは想像も
しませんでした。品のいい花ですね。
もっと熱帯色をしているのかと想像していました。

デジブックは、グーグルクロームでアドレスを張り付けて
見ました。たくさんの写真が楽しいです。
雨の写真もありましたが、それはそれで風情があります
お料理、フランス人に食べさせたいくらいの料理です。
きっと驚くでしょうね。日本料理はやっぱり繊細でセンスがいい!

bullettrainちゃぐまま様
ジャカランダの花、初めてでしたか、見ていただけて良かったです!
雨の中だったので香りがあったのかどうか?? 判りませんが、、、
魅力的で神秘的な花ですね。
九州はJRの列車も色々でこちらも魅力です。
和食ばかり頂きました。 どちらのも、とっても良かったhappy01

ジャカランダのお花に誘われての旅素敵でしたね。
私は初めて聞くお花の名前でした
なんとも言えない紫色。
ゆったりした旅が熟年にはピッタリ合いますよね。
九州に列車旅が色々あるのでいつか行ってみたいです。
ななつぼしにも乗りたいです。
デジブックを見せていただきながら、自分の旅をした気分にさせていただきました。

sprinkleスヌーピー様
ジャガランダの花さく・・・海外旅行のどこだったか? 地中海の方だったかしら?
目にしたことはありましたが、九州でねえ? って感じでした。 でも国内でも少しずつ増えているそうです。
藤や桐の花は確かに薄紫ですが、ジャカランダの木は独特で異国の雰囲気でしたよ~
数年前なら、もっと歩く旅に魅かれていたと思いますが、すっかり・・・体力に自信がなくなって、
ゆっくりした旅が一番! と思えるようになってしまいましたsweat01
それも、ここ暫らくの間かもしれませんね。

こんばんは!私のブログに来ていただき、書き込みまでしてくださってありがとうございます。
「ジャカランダ」の花もその名も初めて聞きましたが、写真を観た時「あれ?この花、桐の花みたい!」と思いました。色も花の形もよく似ていますから。でも、葉の形は全く違います(葉はアカシア、ねむの木に近いかな?)。そこで今ネットで調べたら、この花、ノウゼンカツラ科キリモドキ属とあり納得しました。別名も「キリモドキ」だそうです。

桐の花の時期は5月のはじめくらいまでだから違いますが、ノゼンカツラは今咲いてますものね~。

ご主人の一声で、仲よく旅に出られたのですね~。景色も旅館も食事も素晴らしいです。

私もこちらへ時々訪問させていただきます。よろしくお願いしま~す!

sprinkleタム様
ようこそhappy01 お出でいただきとても嬉しいですhappy01
桐の花に似てる! 確かに私もそう感じました。 桐の花の1/3ほどの大きさで、房のように咲いています。
「キリモドキ」との別名に納得! でもどこかこの命名は安直過ぎない?(笑)

いつも夫と一緒の旅になってしまいますcoldsweats01 どちらも自立できない夫婦ですdown
これからも覗いていただけると嬉しいです。
コメントありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クサギナ料理の検索 | トップページ | 九州の旅2日目 »