« お祝いの会に | トップページ | 緩和病棟の壁面飾り 6月 »

2014年6月 2日 (月)

麦秋から麦刈りへと

008_800x600
私の住む地域には麦畑が案外たくさんあり、真っ青な麦に朝露が光り、

風にうねる様子などを見るにつけ・・・あ~ぁ~ 好いなあ~ shineshine と見る度に思うのでした。  真っ青な緑から、やがて色の変化。絵具でいえば、緑の絵の具にほんの少しだけ黄土色を混ぜたような色。 そんな色に見え始めると、それは早くも麦の穂が伸びてきた証拠。  その意外な早さに驚きを覚えました。

それがこのところ、見る度に薄茶色から色を濃くさせながら、、これを小麦色と呼ばないで何と言いましょう!  

写真は今朝の様子です。 1枚目、麦畑の向こうに芥子山が見えています。

001_800x600002_800x600 

上の2枚は同じ畑の麦(クリックして大きな画面でご覧ください)

下の2枚とは畑の様子も違うことが一目で分かりますね。

穂を比べれば全く異なる種類だと、納得です。

003_800x600_2005_800x600

006_800x600007_800x600

すぐ側の畑はもう刈り取りが終っています。

そして、麦を植えずに米を作る畑?、田?は今、こんな状態です。

稲の芽が出揃っているのが確認できますが、右の写真のは緑が多すぎますね、草が生えているようです。

田圃に水が入るのも、もう間近のようです。

2週間~3週間前の日曜日には何処の地区でも、地区の清掃を行っていました。

昔から、田圃に水を入れる前には用水の掃除とともに、地区の清掃を住民(各家から一人参加)ですることが慣例となっています。 その後に、用水は水かさを増し、田圃に引き入れる準備が整うわけです。

そうなると農家の方は日々、水の管理が大変なことでしょう。

私などはそんな苦労をよそに、水面に移り込む青空や白い雲、そして芥子山の姿などを早く見たいものだと待っているところです。

小麦粉も、ビールも、そしてお米も・・・豊かな実りが迎えられますように!

« お祝いの会に | トップページ | 緩和病棟の壁面飾り 6月 »

植物」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
麦秋とはこのような風景をいうのですね~
私の散歩コースもこのように長閑ですが・・・そろそろ田植えの準備でトラクターが走ってアマサギがまつわりついています。
苗代のカバーもとれて、緑の苗が元気です。
今、地区のお宮の氏子総代をしているのですが・・・麦秋が終わると、麦初穂を集めてお宮へ納めなければなりません。
お初穂・麦初穂なんて農耕民族のいい言葉だな~なんて思ったりするのですcoldsweats01

住宅地のそばの麦畑、新鮮な風景です。絵になりますね。
麦秋という名前で呼ばれる風景なのですね。

麦には子供のころの懐かしい思い出があります。麦畑でかくれんぼをしたり,、穂をひきぬいて草笛のようにして音を出して遊んだり、母と麦踏をした思いでもその時は嫌で仕方がなかったのに、いまはただなつかしいですね。

岡山の田植えはこれからなのですね。こちらは5月の末には田植えが終わり、田圃はまだ苗が小さいので水の張った田んぼが青々としてきれいです。

shineとんちゃん様
そろそろ梅雨入りの様子となってきましたね。
麦の取り入れも急がれることでしょうねえ~
私の住む地域は、これと言って特別な魅力はありませんが、
芥子山、百間川と長閑な田園風景がまだ残っていることくらいですが、
私はそう云う自然の中に居ることが大好きです。

お宮の氏子総代とは、気を遣うしお世話が大変でしょう~?
ごくろうさまですね!   昔から伝わっているものは大事にしたいですね。

shineさっこ様
急激な暑さに身体がついて行きませんsweat01
麦畑の風景って好いものですよ~happy01  麦秋ですscissors
さっこさんには、お母様との大切な思い出があるのですね。いいですねheart01
この辺り、田植えというより水のない時に直播きしてあります。
早苗が伸びてきたので、そろそろ水が引き込まれる頃だろうと思うのですが。
麦刈した後の田圃は、苗代で育てた苗で田植えとなりますね。

おはようございます
稲と違って、麦の穂が風で波打つ風景はまた格別です
                   
珍しいですね~ 田植えしないで麦を刈り取った株に種をまいているのですね
関東では見かけませんね

shineOB神戸家様
違いますよ~!   麦の後に種を蒔くんじゃありません。
麦を作らない田には種を直播きします。 水の入ってない状態でね。
麦を収穫してからだと時期が遅れるので、苗代で苗をそだてた後、田植えとなります。
これが普通みんなが良く知っている田植えですね。

それでは ごきげんよう~ さようなら happy01

麦秋の候になりましたね
わが家でも今 畑が小麦色一色ですが
間もなく刈り入れします
静岡では田んぼではなく畑に植えます
二毛作をやる農家は見かけなくなりました
小麦粉にした時の香りは格別で~すhappy01

shineおばさまへ
いよいよ梅雨空の様子になってきました。
これもまた、大事なものですがジメジメと熱いのが苦手です。
そちらでは、麦は畑に・・・ですか?  
狭い日本ではありますけれど、所違えば少しずつやり方も違いますね。
惹きたての小麦粉、さぞや! と想像を巡らせます。
実のりの色は幸せ色ですね!

こんにちわ
直播をされるとこともあるのですね。
奈良も麦が小麦色に色づいています。これから刈り取りです。
麦の後には大豆が蒔かれます。

来週頃からは田植えが始まり、農家の人は忙しくしておられます。
麦刈りにはお天気がよいですし田植えにはお水が必要です。
私の所では反別に応じて水代がかかります。
水番と言う当番もあります。

shineスヌーピー様
そちらにも麦畑が広がっているのですね! 
この景色ってとっても素敵ですねえ~happy01 
田園風景を身近に見られない方はお気の毒だなぁ~なんて思ってしまうほどです。

水代が掛かったりするのですか? ちっとも知らないことでしたsweat01
もっとも、水を回してもらうために、上流の地域へお願いにあがるということは、聞いたことがあります。
水番も、責任重大そうですね~

麦畑が増えているんですねえ。日本の自然は本当に色彩豊かですね。ありがたいことです。

shineももり様
ご訪問いただきありがとうございます。
麦畑の広がる風景はとても心豊かでよいものですよ!
雲雀も嬉しそうにさえずっていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お祝いの会に | トップページ | 緩和病棟の壁面飾り 6月 »