«  宮崎郁子の世界・奈義町現代美術館 | トップページ | クサギナ料理の検索 »

2014年6月15日 (日)

オープンデー 2年目に入りました

私のふっとした思いつきから始めたオープンデーが、今月(6月)で2年目に入りました。

002_640x480緊張感が緩んでいますsweat01

前日までの準備がギリギリまで手に付きませんでした。

お菓子を作らねば・・・

製菓材料を扱っているお店で見つけたのが、「若鮎」の袋。

これを見付けたお陰で、若鮎 を作る! とは決めてあったのですが、結局、前日のお昼頃になってやっと、作りはじめました。  先ずは中に入れるギュウヒ(漢字が直ぐに出ないので、カナで失礼)から。

材料はシンプルで白玉粉、砂糖、水に少量の醤油 と、これだけ。

電子レンジを使って作るので気は楽ですが、昔のレシピ通りだと水分が少な過ぎの気がして、途中で適当に水を加えたので最後まで心配でしたsweat01

この作業を2回して、、、

次は皮です。  

あぁ、、、中にはギュウヒとこしあんを入れますが、餡の方は既製品を買ってきてあり、これを絞り出し袋に入れて絞り出します。← これはとっても良い思いつきでした。

001_640x480003_640x480

皮は3回も材料合わせをして、結局全部で40個ほどの若鮎となり、袋詰めが終ったのは日付が変わった頃でしたsweat01

       今日が当日(6月15日です)。今日と決めたのは2か月前のことで、

まさか、W杯の日本の試合の日になろうとは!!

きっとお客さん、少ないだろうなあ~  despair

            *************

しかし、いつもお馴染みのお顔が見え、更に、初めての方をお誘いするのが上手なYさんのお声かけで、新しい方が一人加わり、嬉しいことです。

様々な取りとめもない雑談が飛び交いますが、『年を取ると、この雑談が大切なんよ!』 というわけで、水を得た魚の如くおしゃべりは尽きませんが、今日はそのW杯のおかげで、さっと切り上げとなりましたhappy01

«  宮崎郁子の世界・奈義町現代美術館 | トップページ | クサギナ料理の検索 »

オープンデー」カテゴリの記事

コメント

40個の若鮎作り~お疲れ様でした(*^_^*)
沢山の方たちが笑顔になられた事でしょう~!
ブログを読ませて頂いた私も笑顔になっていますから(^^♪

cafeトマト様
お越しいただき有難うございます。  
こう云うことでもなければ、お菓子を作ることが無くなりました。
昔はホントによく作っていたし、気軽にできたのに、
今は作らなければ! と思えば思うほど気が重くて、
取りかかるまでが大儀ですsweat01
でも「おいしい!」の一言をいただくと、又作ろう! って思ってしまうのです(笑

若鮎を40個、さすがとも子さんですね。
このようなお菓子を手作りで作るなんて私には考えられないことなので
ただ、ただ感心するだけです。

皆さんとのとりとめのないお話が活力の源なのでしょうか、
本当にご苦労様です。今晩はゆっくりお休みくださいね。

お菓子作りお疲れ様でしたhappy01
いつものことながら、tomoko様のパワーに
後押ししてもらい私もなんとか頑張ろうって
思います
この季節にピッタリの袋があって良かったですね
求肥は私の地ではスアマと呼んでいます
皆さん喜ばれたことでしょうね

cafeさっこ様
どうせ作るなら、5個や10個じゃなくどーんと、作りたいのが私の悪い癖。
この癖は学生時代のその教育の名残りかな?
何しろ500人の昼食作りが2週に1度だったか(?)お料理の勉強として
学年ごとにまわって来るわけ。  で、ご飯は大きな大きな釜二つで、
薪で炊き上げるのです。この係が一番嫌でした(笑)
そんなところに今の私の原点があるように思います。

睡眠が3時間。流石に疲れて昼間からウトウト夢心地でした。

cafeおばさまへ
救肥のことをスアマって云うの?  面白いわ! 
意味がある言葉なのでしょうが、さっぱり判らないsweat01
一瞬スハマかと。 
実家の家紋がミツスハマなので。 ハハハcoldsweats01

近頃は手作りでも、商品のように見せる仕掛けが用意されていますね。
そのお陰で「えっ! 手作りなの?」なんて言われましたcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

«  宮崎郁子の世界・奈義町現代美術館 | トップページ | クサギナ料理の検索 »