« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月25日 (日)

佐藤太清展へ

生誕100年 佐藤太清展を観に新見(にいみ)まで行ってきました。

Img001_566x800

恥ずかしながら、この画家のことは全く知らなかったのですが、新見美術館から、時折展示会のお知らせなどが送られてくるのです。

それでも、フ~ン。。。 って、

そんな反応でしたが、次にテレビで、説明付きで数点の画も見せてもらって・・・

これは是非観に行かなきゃ!ってなりました。

6月始めまでだから 「まだまだ」と思っていた会期の終了日が迫って、今日を逃すと、もう行けないかも! 

そんな訳で今日、行ってきました。

電車で往復し、美術館に行っただけでしたが、新緑に包まれた車窓からの風景に心が洗われるようで、良い手段だったと思います。

自然がみせる一瞬のきらめき。

その一期一会の出会いを、詩情溢れる解釈で絵画に映し、受け止めた心象を永遠のものにしました。 パンフより

大きな感動をもらいました。 図録も買いましたが、

実物から受けた感動は、他のどんな物をもってしても、大きく劣ってしまいます。だからこそ、本物を見ることが大切ですね。

新見市は岡山のImg002_572x640北部、鳥取県に近いところです。こんな辺ぴな(失礼!)所なのですが、質の高い展示をするので、年に2回くらい出掛けて行きます。

道中の自然豊かな風景がごちそうです。

            

004_800x600 016_800x600

028_800x600 035_800x600 

2014年5月24日 (土)

バナナの木

001_600x800

次々咲いてくる花。 写真を撮るのが追いつかないほど。

このバナナの木の花も、花が無くならないうちに写せたのに、UPが追いつかないで・・・1週間近く経ってしまった。

花は小さくて、直径が3cmほど。 木も地味で、印象に残りにくい。

我が家のものは、私がご近所さんから枝をもらって挿し木をしたもので、

まだ植木鉢に植えっぱなしの高さが1メートルあるかないか。

挿し木をしてまで・・・それにはこの木のというより、この花の魅力があります。

写真で見ただけでは分からないが、香りがバナナそっくり。

香りの成分がバナナのそれと非常に近いということなのだが、午後によく香る。

002_600x800

ご近所のそのお家では、これを生垣にしてあって、先日、夫と散歩しながらそこのお家の前を通ったとき、ちょうど下校中の小学生が数人いたので、夫が子供たちにこの花の名前を教え、「匂ってごらん!」と言ったら、子供達の反応が・・・

 このオジサン(お爺さんかもね?)何いってんの? みたいで、

全く興味ないけど。。。一応(匂いを)かいでやるか~~

・・・と、こんな感じだった。

小学生に木や花の事を云っても、興味がないのだなあと思った次第。

  *そうそう! 肝心なことを忘れるところだったが、

   本当の名前は オガタマノキ と云うらしい。

原産地は 中国で、東アジアで45種ほどあるが、日本ではこのオガタマノキ1種だけが、暖地にあるとのこと(耐寒性に欠ける)

2014年5月23日 (金)

ウォーキングで出会った花 ・ ハニーサックル

3日前になります.朝のウォーキングで近くの芥子山へ行ってみました。

わぁ~~ heart02  野ばらが白いかたまりになって・・・あっちにもこっちにも。

写真のハニーサックルは珍しい! って思わず駆け寄ったのですが、

これも意外にあちこちで花を咲かせていました。 とっても良い匂いがします。

咲いたばかりの時は白く、次第に黄色へと変化して、それが並んで咲いているから金銀草とも云うのだと聞いた覚えがあります。

帰り道にはセンニンソウの蔓が伸びてきているのも確認できました。

教会のお庭には アンネのバラも見頃。

一人だったので、あちこち気になって、足を止めてしまいました。

カメラを持っていなかったのが残念!

ハニーサックルは携帯で写したものです。

自然の中で伸び伸びと咲いている姿がいいでしょ~~ heart04

2014年5月18日 (日)

5月のオープンデー

今日(5月18日)、5月のオープンデーでした。

001_600x800

今までと少し趣向を替えて、コーヒーとワンプレートの朝食、それにスイーツです。

中華風のシンプルな蒸しパン(豚の角煮を挟んだものがありますね)と、それに挟むものとして、紅茶豚とスペイン風オムレツ、サラダ菜を一皿に。

食べるときには、二つ折りになった蒸しパンを開いて、市販のテンメンジャン(中華甘みそ)を塗り、其処へ好きに挟んでかぶりつきますhappy01

美味しいと云って貰えて、この3日間、格闘した甲斐がありましたcoldsweats01

この蒸しパン「割包」と書いてカーポーと発音するらしいのですが、パン教室で教えてもらったのが10年前。家で一度復習しだけなので10年ぶりでした。

沢山作ったので、残りは冷凍します。

003_600x800_480x640

スイーツの写真がこんなのしか無くてsweat02

マルグリット(マーガレット)の花の形をしたケーキです。

専用の型を使用しています。

ローマジパンという材料を使っている為に単価が高くなりました。

真ん中にある丸いものは花の蕊を表したもので、シュガーペーストで作ってあります。  食べられなくはないのですが、はっきり言って飾りですね!

002_480x640

ラップしたままで御免なさい。

焼き上がりはこのような形。

テーブルに出す前に、粉糖をふります。出来れば溶けないタイプのものが適しています。

今日は参加者が少なくて、沢山残りが出てしまいました。  

何とか工夫して片付けないといけません。

      cafe           

オープンデーなるものを始めたのが、昨年の6月でした。丸1年経ちました。

細々ではありますが、続けて参加して下さる方達に力を頂きながら、やってきました。

 すっかり顔なじみとなった皆さん、お互いに励まされることが沢山あります。

もう少し続けねばと思います。

2014年5月17日 (土)

テイカカズラ 

001_480x640 002_480x640

003_480x640

庭のテイカカズラが咲きはじめました。

直径 2cmあまりでスクリューのような形が独特です。

何年も前に、あるギャラリーでテーブル花として活けてあったのが初めての出会いでした。

かすかな香りと、白い可愛い花に魅かれました。

それからずっと気になっていた私。

出合ったのは白花ではなく、サーモンピンクに近い色でした。

今も白花に魅かれていますが、これも出合いだからと思うことにしています。

           ***************

「ラジオ深夜便」で今朝4時から岡山市にある禅寺「曹源寺」の原田正道住職のお話しを聴きました。  曹源寺は岡山藩主、池田家の菩提寺です。

世界中からの修行僧の姿をよく見かけます。 20年もの長い年月、此処で修業し、そして海外の道場で指導者となる方達のようです。

修行に入って、戸惑うっていうか、大変なのが、自分を捨てる。無になると云う事らしいです。 日本人にとってはそれほど難しいことでもないが、外国の人達は、いかに自己アピールをするか・・・小さい時からそういう社会で育って来ているのですから、それを捨てて無になることは成るほど難しいでしょう。

仏教はアジアで起こり広まった教えで、農耕民族を相手にしたものでした。

農耕民族は争っていては作物が育ちません。 誰かが発案したら、「うん うん」と同意するのが当たり前のような暮らし。

ですから、自分を無にすることはお手の物? そういう民族だったのでしょう。

自分の事を此処でとりだしては恐縮ですが、私は団体生活(学生時代の寮生活)が長かったためか、性格かもしれませんが、自分を主張することは大の苦手で、自分を殺す(言葉が適切じゃないかも?)ことは案外何とも思わないのです。 農耕民族の日本人のDNAが強いのかしら??

ベッドの中で聴いたお話しなので正確には書けないのですが、禅寺での大事な修業は坐禅→坐る ことのようです。

 すわる を漢字にする時 → 座る ⇒ 名詞(座布団とか)

                 → 坐る ⇒ 動詞 (土の上に人が二人)

    えっ!  私、知りませんでしたsweat01    おぉ~恥かしぃ~coldsweats01

そして、囚われから抜け出すことが大事

囚われていることは、過去の事に対してなので、そこから抜け出さないと、未来が開けない。

  死を間近にした方の話をされました。 

過去の大きな肩書きを捨て去って、自由の身になった時(囚われがなくなった時)、素晴らしい人生が開ける(開けた。と書くべきかな?)

そういう事の為に、外国にホスピスを作ったそうです。

上手くまとまりませんが、興味のある方は 曹源寺 とか 岡田正道 とかで検索してみてください。

 ラジオを聴いていた時には、これ、ブログに書こう! って思ったんですが、いざ書きはじめて見ると・・・ 何か肝心なことが頭から抜け落ちたみたいで・・・ 中途半端。 一体何が言いたかったのか伝わらないですねcoldsweats02

2014年5月15日 (木)

ユキノシタ と ヒューケラ

001_480x640 002_480x640

ユキノシタが物かげでひっそり咲いています。

003_496x640 004_480x640

そして、同じような姿のヒューケラ(ツボサンゴ)も可愛い花をつけています。

005_480x640

花の形はまったく違いますが、

雰囲気が良く似ています。

今年は、このヒューケラを5株程

買い足し

あちら、こちらへ植えこみました。

沢山の種類があり、

銅葉色や、緑色・・・葉の色も違い、

花の色や雰囲気にも違いがあります。

     ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

           ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

昨日、振り込みをしに銀行へ行きました。 

振込先がそれぞれ違い、その内2件は ゆうちょ銀行の口座でした。

ATMなら簡単で手数料も安いのですが、流れの記録を残す意味で、

振込用紙に書き込んでの振込。

閑にしていた夫も誘い出し・・・

窓口で教えてもらいながら・・・

二人で分担して記入・・・

ゆうちょ銀行の支店名が判らず、銀行員の方に調べてもらって・・・

    支店名が、漢数字で3文字なんですね。

振り仮名(カタカナ)を書くマスが足りなくて、又これも尋ねたり・・・

訂正印を幾つも・・・ coldsweats02  coldsweats02 

       冷や汗 sweat01sweat01

   いや~~  緊張するし・・・

 つくづく、年齢を感じました~~

老いの坂道、順調に登って? いや、下ってかしら? いる二人でした。

2014年5月12日 (月)

キンレンカが爽やかです

011_800x600

金蓮花(キンレンカ)が爽やかな花をみせています。

  別名、ナスタチューム とも云います。

黄色の他にオレンジ色の株も一緒に植えこんでいます。

丸い葉はサラダなどに入れピリッとした味を食するそうですが、私はサラダにして食べたことはありません。鑑賞するだけ。 毎年植えたい花で、植えそこなった年は忘れ物をしたような淋しさを感じてしまいます。

   ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

展示会(喜寿ふたり展)が大盛況の内に昨日終了しました。

毎日お手伝い(主に受付)をしながら、見る度に再発見があったり、人間ウォッチィングも楽しませてもらいながら 6日間を過ごしました。お茶の接待もあったので、中には画廊喫茶と間違えた(?)のか、「コーヒー ひとつ!」と云われた方もあったり、大変な中にも(疲れ)楽しい話題に溢れました。

今朝は少し気が抜けたのでしょうか、気だるい朝です。

そんな私を元気づけてくれるように大好きなバラが咲きはじめました。

012_800x600

013_800x600

                ピエール・ド・ロンサール

2014年5月 9日 (金)

なんじゃもんじゃ・・・見頃です

006_1024x724

なんじゃもんじゃの花が満開です!

003_1024x768  004_800x600

007_768x1024  005_1024x768

ヒトツバタゴと云うのが正式の名前? らしいのですが、その名前では

ちっとも魅力を感じません。 なんじゃもんじゃの方が気を惹きます。

緑の葉の上に薄雪が積もったかのように、白い涼やかな花。

この辺りで花を目にする事はまだ珍しいようで、展示会にいらっしゃった方々が喜んで下さっています。

この木も喜んでいることでしょう!

今開催中の、展示会が、ふたり展なので、この花も好いかなと・・・

008_800x600

フタリシズカ

2014年5月 7日 (水)

喜寿ふたり展

昨日から我が家のフリースペースで展示会を開催中。

サロンやオープンデーの様子はブログにも度々登場済みですが、貸しギャラリーになることも年に1回くらい?・・・あるかなあ~

001_1024x768  012_1024x768

013_768x1024 004_1024x768

007_1024x768  008_1024x768

010_1024x768

そろって喜寿を迎えられたご夫婦。

ご主人さまが、書と表装と刻字(刻字というもの初めての出会いかな?)

奥さまは、日本画。することは異なっていますが、方向としては同じです。

奥様の詠まれた俳句をご主人様が書にしたためた作品。古典の臨書等々。夫々のイメージに合った布で表装。

何と素敵なことでしょう!

日本画はどなたも観る機会の多いものです。でも、絵の具やニカワの実物を見せて頂き、同じ色でも番号によって粒子の細かさが違うことなど、知らない事でした。見せて頂いた中には珊瑚のパウダーもあって、30gが7千円以上の値段に驚きもしました。

日本画って手間も大変ですが、材料費も掛かるのですね!

我が家のフリースペースで、こんなに質の高い作品を見せて頂けるなんてheart01

嬉しくて、うれしくて、昨日も今日もお手伝いしながら幸せ感に包まれています。

日曜日(5月11日)まで開催中   10:00~18:00時

チューリップの種!

014_580x800

2週間ほどにもなるでしょうか?  知人から、お庭に咲いていたチューリップを5本、頂きました。初めて見る色、白の花びらで、薄緑色が中心部にあり、爽やかな印象の花でした。

花瓶に生けていたら、その内の何本かが、まるでダンスを踊るようにカーブし、お辞儀をしたり、楽しく様子を見ていたのです。

ハラッと花びらが落下しても絵になるような気がして、捨てられません。

暫らく留守をしている間に、全部の花びらが散ってしまったのですが、雌蕊の下部がしっかりしていたので・・・

この部分をカッタ―ナイフで裂いてみるとどうなってるんだろう? 

そんな事を考えながら、まだ捨てられないで、そのままにしておいたのです。

すると、どうでしょう!

明らかに枯れ始めて黄色くなってしまったのもありますが、少し膨らんで見えるのもあり・・・

その内の1本が、ついに弾けました!

チューリップの種ですよね!!016_599x800

植物なのだから、種ができるのは当たり前かもしれませんが、

初めて目にしたチューリップの種に、驚いたり、感心したり、やったね! とご満悦の私です。

もう暫く観察を続けるつもりです。

* 花の茎が垂れ下っているので上下が逆の状態です。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »